慧喜~Trip of the art

展示作品11

ご訪問頂き、有り難うございます

来年の展示に出す作品をアップさせて頂きます。
以前に描いた「旅する天使」の連作になります慧喜の作品~Eki works~に作品を掲載しています)
使うのは、しっかり下地を作ったパネル板(試行錯誤し、いつのまにか分厚くなってしまったもの汗)と、
新しく買ったWinsor&Newton(ウインザー&ニュートン)の油絵具
画材屋さんでは、色々なメーカーの絵具があるので迷いますが、気になるものを少しずつ試し買いしてます

旅する天使Ⅲ 製作1旅する天使Ⅲ 製作2

鉛筆で下書きをして、油絵具で塗っていきます。W&Nの油絵具、なかなか良い感じ・・・
そもそも、油絵具をそんなに持っていないので比較のしようがないのだけど、色合いがシックで柔らかいような。
しかし、圧倒的に色味が足らず、途中から手持ちのホルベイン油絵具ばかり使うように

旅する天使Ⅲ 製作3旅する天使Ⅲ 製作4

この絵の女性、通販カタログの日本人モデルさんの写真を使わせて頂いてるのだけど、
外国人よりに寄せていきながら描いていきました  帽子も勝手に付け加えてるし

旅する天使Ⅲ 製作5旅する天使Ⅲ 製作6

黒髪も、茶髪にチェンジ。
元々はアジアンビューティなモデルさんで、漆黒の髪も美しかったのだけど、
自分が好きなのは、クシャっとなったゆるふわウェ~ブ。髪の毛には、W&Nの油絵具を使用しました
柔らかい髪の質感を出すのに、ぴったりの絵具かもあと、ちょっとくすんだ色味も素敵です
もっと色々な色を買い揃えねば・・・。

旅する天使Ⅲ 製作7旅する天使Ⅲ 製作8

「旅する天使Ⅲ」完成しました
この作品には、「目に見えるもの、耳に聞こえるもの全て」というサブタイトルもつけています。
綺麗な世界や汚い世界、あらゆるものが自分の前を通り過ぎていく・・・
その移ろいゆく世界に思う、「もののあはれ」みたいな感情を絵にしたかったのです

旅する天使Ⅲ
≪旅する天使Ⅲ≫2017/パネル(F3)/油彩


そしてそして・・・
来年の展示用に、今はとにかく数を上げねばと、作品作りに専念しているわけですが、
この「旅する天使Ⅲ」、知り合いの方にお譲りさせて頂くことになりました
有り難いことと受け止め、引き続き、製作頑張ります


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります 宜しくお願い致します


web拍手 by FC2

古典からのインスピレーション展を終えて。ありがとうございました!

ご訪問ありがとうございます
早稲田のドラードギャラリーさんにて開催された「古典からのインスピレーション展」、無事に終了しました
私は、今回は行くことができなかったんですが、足を運んで下さった知り合いやブロガーの方々、
遠くから応援して下さった方々、本当に有り難うございました

その中で、
FC2ブログ「オムライスのある風景」の管理人、
Omunaoさんにも来廊して頂き、
ギャラリーさん近くにある洋食屋さんレポも含め、
後日、ブログの記事にして下さったので、
ぜひ、そちらもご覧になって頂ければと思います
「オムライスのある風景」はコチラ

今回の記事は、そのOmunaoさんにお借りした画像を使わせてもらってます
右画像は、ドラードギャラリーさんの外観です→ →
(1Fが、ギャラリーさん)
自分が撮った写真よりも、はるかに鮮明でキレイです・

20170903ドラードギャラリー2
20170903ドラードギャラリー1

展示室の横にあるお部屋です。色々な作家さんの作品がひしめきあうように展示されています

20170903ドラードギャラリー320170903ドラードギャラリー4

そして、「古典からのインスピレーション展」の
展示風景です。
画像からすでにクオリティの高さが伝わってくるよう
憧れの画家・榎俊幸先生の作品、
そして、榎塾生の方々(自分も含め)の作品も
展示されてます
私のは、端っこにあるチマッとしたやつ・・・w

古典からのインスピレーション展1
古典からのインスピレーション展2
古典からのインスピレーション展DM

有り難いことに、Omunaoさんが私の作品画像を撮って下さってたのでアップ
今回、榎俊幸先生の「永猿図」という作品の模写をさせて頂きました
そして、右画像の女性・・・実は従姉妹なんです笑  
会期最終日に来廊して頂き、そして何と!絵をお買い上げくださったのでした 本当に感謝・・・

榎先生 永猿図の模写1榎先生 永猿図の模写2

今回の展示に至るまでの製作活動、榎先生の画塾で学ばせて頂いたこと、本当に勉強になりました
一つ一つの経験を大事に、そして色々な方との出会いも大事にしながら、更に製作に励んでいきたいと思います
いつも訪問して下さる皆様、新規に訪問して下さった方々、本当に有り難うございます
これからもよろしくお願いします

そして、今回、展示に行かれずとも記事を作れたのは、Omunaoさんのおかげです
Omunaoさんのブログでも、展示のことを記事にして下さってるので、
ご興味のある方はオムライスのある風景
ギャラリー近くの洋食屋「3つのオレンジへの恋」さんの食レポも面白いですよ
画像見たら、オムライスが食べたくなりますゾ・・・


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります 宜しくお願い致します


web拍手 by FC2

古典からのインスピレーション展

ご訪問ありがとうございます!展示のお知らせです

「古典からのインスピレーション展」
【場所】早稲田のドラードギャラリーさん、
【会期】8/31(木)~9/4(月)
12:00~20:00(最終日は18時まで)

ドラードギャラリーMAP
古典からのインスピレーション展DM

今回の展示で出させて頂く作品の製作画像、アップします
左画像、第10回榎塾(画家・榎俊幸先生が講師をされている画塾)、
「フレスコ画風に描く」という授業での製作風景で、フレスコ画風に描くためのザラッとした下地を作っています。
が、私のは上手くいかずツルツルスベスベになってしまったんです・・・
そして右画像、以前から描いてみたかった、榎先生のお作品「永猿図」の模写に挑戦
榎先生の「せっかくだからこの下地を生かそう」というご指導のもと、
モチーフのお猿さんだけでも何とかフレスコ画風に

20170720榎塾120170722模写1

使った絵具は、クサカベさんのアキーラです。
初めて使ってみたけど、細かいところまでよく伸びて?描きやすかったです。
マットな質感もよいし、しっかり描けてしっかり色が入る・・・という感じ
私は、以前からホタテの殻をモチーフに描いてるのだけど、
貝殻のパキッとした感じを出すには、アキーラの方が向いてるかもしれない・・・と思いました

20170722模写2
20170723模写3

今回は、同じ模写を二点描かせて頂きました。
右画像、榎先生のご指導のもと、背景の花を描いていってるところです。これがちょっと手こずってしまい
榎先生のお作品ってテクニカルな要素が色々と入っているので、今回模写させて頂いて(下地作り込みで)、
本当に勉強になりました

20170726模写320170729模写5

そして、完成~ 榎先生の「永猿図」と比較すると、技量の差がありすぎるのが一瞬で分かります(当然w)
(榎俊幸先生の本物の「永猿図」が掲載されている記事はコチラ
しかし、私の記念すべき模写・・・ということで、完成した時は嬉しかったぁ

榎先生 永猿図 模写3

この二点のうち、どちらかを今回の展示で出させて頂きます
もう一点は・・・私の一生の宝物にします笑
どこにいても、絵だけは一生続けていきたい、でも絶対に心が折れそうになることもたくさんあると思うから、
その都度、自分の励みにしたいんです

展示が始まる直前の告知になってしまいスイマセン お近くの方、お時間のある方、ぜひお立ち寄りください

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

また、作品購入の件について。
(前回のマチエール展でお問い合わせを頂いたので、この機会にと書かせて頂きます)、
ドラードギャラリーさんの展示では、会期中、遠方にお住まいの方でも作品を購入することができます。
詳細をお知りになりたい方は、ブログコメント欄やブログ内設置メールなどでお問い合わせ頂ければ、
すぐに返信させて頂きます。万が一、作品が売約済になってしまってたら申し訳ありません・・・
また、「購入は考えてないけど、参考に金額だけ知りたい・どんな風に購入するのか知りたい」と
いったようなお問い合わせでも大丈夫です
気軽にお声がけ頂ければ嬉しいです、よろしくお願いします。



 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります 宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

展示作品10

ご訪問有り難うございます 更新がまたまた止まっててスイマセン
ブログにアップしたいことはたくさんあるのだけど、時間がなく追いついていってない状態です・・・
なるべく、順を追ってアップしていきます。

まずは、先月終わった第9回榎塾
(画家・榎俊幸先生が講師をされている画塾。開催場所は、早稲田のドラードギャラリーさん)
「アクリルなどで作った下地に、鉛筆や木炭で絵を描く」という内容の授業でした。
その製作画像をアップしていきます。絵のモデルは、以前にも描いたハリウッド女優のケイティ・ロッツさん

第9回榎塾課題2第9回榎塾課題3

今回は、鉛筆・木炭・コンテペンシルなどで描いてみました。
画像で分かりづらいかもですが、授業中作ったこの下地、いい感じでクラック(ヒビ)が入ってるんです。
狙って作ったものじゃなく、全くの偶然で
画材との組み合わせや色々な要因でヒビができると思うのだけど、このヒビを出したくて、目下研究中・・・笑

第9回榎塾課題5
第9回榎塾課題4

そして、完成・・・! 色々なご意見があると思うのだけど、私はこの絵がすごく気に入ってます

第9回榎塾課題作品
≪Caity-LotzⅡ≫2017/パネル(F3)/鉛筆・木炭・コンテペンシル


今月の初めにドラードギャラリーさんで開催されたマチエール展(マチエール展の記事はコチラ)、

本来ならこの絵を出品するのがベスト?だったのだけど、
(他の画塾生さんは皆そうされていたし)
私はそうせず、別の絵を描いて出品しました

何故なら、授業の最後に榎先生に講評して頂いたから、
自分の宝物としてとっておきたかったのです
(講評自体が初めての経験でしたし・・・汗)
自分で持っておいて、これからの製作の励みに
していきたいと思ったんでした

右画像は、以前に描いた初代ケイティ・ロッツさん →
会社の元同僚に頼まれて描いたのだけど、
その方が、現在の姿を撮って送ってくれたのでアップ
(初代製作時についての記事はコチラ

第9回榎塾課題作品1
初代ケイティ・ロッツさん


そして、第9回目の画塾で、榎先生にお願いして教えて頂いた箔押し
ちゃんとした金箔を使ったの初めてで(つか買ったのも初めて、それに使う道具なども含め)、
あまりの繊細な作業に汗だくになりましたが、またひとつ学べたという達成感の方が大きかったです
画像は、初めての作業だったので、ちょっと見た目がアレですが・・・笑

第9回榎塾課題6第9回榎塾課題7

そして、ここからは新しい情報なのだけど・・・先週から、第10回榎塾に再び参加させて頂いてます
今回の授業内容は、「アクリルによるフレスコ画風講座」となっています。
左画像が、画塾での私の製作風景。
右画像は、花山ダンゴさんという造形作家さんの作品「タウセ・メレク」。 
少し前にドラードギャラリーさんで開催されていた「夏の厳選20作家 新作展」で、購入させて頂きました
ダンゴ様曰く、タウセ・メレクとは「クルドの守護天使の化身」なのだそう・・・丁重に額装して飾らなければ・・・
(花山ダンゴさんについての前記事はコチラ、フェイスブックのアーティストページはコチラ

20170720フレスコ画 榎塾1ダンゴ様ポストカード作品《タウセ・メレク》

・・・と、長くなってしまいました。
今、画塾でご指導を頂きながら描いてる作品は、ドラードギャラリーさんにて、
「古典からのインスピレーション展」(2017年8月31日~9月4日)で展示させて頂く予定です
会期前にまたブログでご案内させて頂きますね。 よろしくお願いします

それと、もうひとつ。
笹本正明 先生の個展「Junk Children」が、
ドラードギャラリーさんで開催されます。
(ペン画の展覧会なのだそう!)
【会期】2017年7/30[日] 〜 8/6 [日] 
水曜定休(12:00〜20:00)

笹本正明先生は、現代日本画界を代表する画家の方で、
神秘的で耽美な世界に魅了されるファンが
たくさんいらっしゃいます
右画像は、ドラードさんで購入した笹本先生の画集です
私はまだ笹本先生の実物の絵を拝見したことがないので
すごく楽しみです
榎先生ともとても親しくされているのだそう
笹本先生といい、榎先生といい
一流の画家の方が集まるドラードさんはやっぱりスゴい笑
笹本先生BOOK



 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります 宜しくお願い致します


web拍手 by FC2

マチエール展を終えて。ありがとうございました!

ご訪問頂き、有り難うございます
7/6~10日まで、早稲田のドラードギャラリーさんで
開催されていた「マチエール展」
私も一点だけ出させて頂いていた、
右画像の「冬将軍の娘Ⅱ」という作品が、
無事にお客様のもとに嫁いでいってくれました
お買い上げ頂いた方、心から御礼申し上げます。
本当に本当に有り難うございました
(もっと大きい作品画像はコチラ

マチエール展DM-1
マチエール展8
冬将軍の娘Ⅱ≫2017/パネル(S-SM)/DUO


初日に行けれることになり、夕方ではありましたが早速お邪魔させて頂きました
マチエールを魅せる展示ということなので、一目で層の厚さが分かるような作品がズラリ

20170706ドラードギャラリーマチエール展1

左画像は、画家・榎俊幸先生の画塾「榎塾」の皆さんの作品です
なので、今回の展示は、「マチエール展」と「榎塾展」が合体したような内容だったのかも・・・?
右画像は、ドラードギャラリーのオーナーさん&画家の小原聖史先生の作品です

他にも、色々な作家さんの作品が展示されてたのだけど、バタバタしてて写真を撮るのを忘れていました、スイマセン

マチエール展4
マチエール展5

最後に、憧れの画家、榎俊幸先生のお作品2点、「茄子」と「永猿図」です
前回の榎塾で、榎先生が「永猿図」の下書きを描かれていたので、お願いして写真を撮らせて頂いたのだけど、
下書きから先生の絵は凄かったです。完成した絵を見ることができて感動・・・
(榎俊幸先生の作品を掲載したサイトはコチラ、全体のサイトはコチラ
そしてそして・・・同じ並びに私の作品がっっ 
思わずテンションが上がって、記念に写真を撮りまくりました笑

マチエール展6

マチエール展7
榎俊幸先生 永猿図
榎俊幸先生の「永猿図」 S3号 アクリル

まさか、先生の横に展示して頂けるなんて・・・見た時どんなに嬉しかったか・・・一生忘れられないと思う
数年前、地元の会社でデスクワークしてた時は、まさかこんな時がこようとは夢にも思ってなかったです

最後に・・・ブロガーの皆様、ブログやフェイスブック、そして展示を通して知り合った方々、
暑い中、ご来廊ご観覧頂いて本当に有り難うございましたまた今後もどうぞ宜しくお願い致します


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります 宜しくお願い致します


web拍手 by FC2

マチエール展(DORADO GALLERY)

ご訪問有り難うございます 展示のお知らせです

冬将軍の娘Ⅱ
冬将軍の娘Ⅱ≫2017/パネル(S-SM)/DUO

今回の展示に出す絵が完成しました
「冬将軍の娘Ⅱ」です
かなりギリギリでの仕上がりになりましたが、
最後まで粘って、じっくりねっとりと
仕上げていった感じです
一番初めに描いた「冬将軍の娘」よりも、
今回の方が、自分のイメージしてる世界に
より近づけてる・・・かな??
まだまだ、連作として描いていくつもりだけど、
これはこれで私はとても好きな作品です。
何といっても、マチエール展ということなので、
下地に力を入れてるし
たくさんの方に見て頂ければ嬉しいです
詳細は、下記になります↓ ↓ ↓
冬将軍の娘Ⅱ-1


マチエール展DM

早稲田のドラード・ギャラリーさんで開催される
「マチエール展」にて、
私も一点出させて頂くことになりました

マチエールとは。。。
材料や材質のことを意味し、それらによって、
絵肌に作られる美術的効果のことをいいます。
ちょうど、自分が模索してるのがマチエール作りなので、
良い機会を与えて頂いたと思い、制作頑張ります

【会期】7/6(木)~7/10(月)まで。
【時間】12:00~20:00
(最終日のみ18時まで)

ドラード・ギャラリーさんのmapです → → →
お時間のある方、お近くの方、
お立ち寄り頂ければ嬉しいです
ドラードギャラリーさんアクセスmap

今回の展示に合わせて作った下地です
少し前に仕上げた「冬将軍の娘」の連作として、制作していきたいと思います。「冬将軍の娘」についてはコチラ
下書きを描いたら、アクアオイルカラーのDUOで着彩していきます。

マチエール展用下地マチエール展 冬将軍の娘Ⅱ着彩


ちょうど今、この記事作りと並行しながら制作してます。
ガシガシに塗り進めてるもんだから、
マチエール感じが消えていってるような・・・
どんな風になるのか、分からなくなってきました汗
でも、前回の「冬将軍の娘」より激しく凍てつかせたい笑

頑張って近日中には完成させたいと思います
完成したら、トップにアップさせて頂きますね。
またご覧頂ければ嬉しいです
よろしくお願いします
マチエール展 冬将軍の娘Ⅱ-1


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります 宜しくお願い致します


web拍手 by FC2

展示用作品9

ご訪問有り難うございます
展示作品をどんどんアップしていきます。
以前描いたこの絵、タイトルは「冬のなごり」 → →
元々の画像は、とても美しい北欧の少女です
鉛筆・色鉛筆などを使い、練習用に描いたものですが、
覚えてる方いらっしゃるかな?
(その時の記事はコチラ

最近、支持体の下地作りに凝ってる私は、
独特なマチエールを生かしつつ(自己流だけどw)
この少女を更に美しく描いてみたい・・・と思い、
もう一度描いてみることにしました
冬の名残り 練習用


使うのは、一年以上かけて下地を作ってきたパネル板
(作業を施しては寝かして・・・を繰り返し、いつの間にか一年以上たってしまってたというw)
試行錯誤を繰り返し、時間をかけた分だけ、層がブ厚く堅牢な仕上がりになっています。持つとズシリとくるし

20170423がっつり下地パネル20170423がっつり下地パネル下書き1

その画面に、鉛筆でカキカキ。
不思議なことに、紙に描くよりも手に反発を感じる凸凹下地の方が描きやすいし、とても楽しく感じます
下書きが終わったら、ホルベインのアクアオイルカラー「DUO」で着彩していきます。

20170429下書き320170430下書き5

着彩前にスキャンしてみました。。画像処理はしていないので、ゴリゴリ絵肌の剥き出し感が凄いです笑

20170501下書き

ゆっくりじっくり着彩していきます。「DUO」は、薄付きで透明感が出るっぽいから好き

20170501着彩120170502途中画像

半分くらい塗り終わったところ。
どうしても自分の好きな色(ブルー、白、黒、茶など)ばかり使ってしまうみたい・・・

冬将軍の娘 着彩1

更に、手を加えて完成! タイトルは「冬将軍の娘」です
凍てつくような冬の訪れを擬人化した・・・といえばそれまでなんだけども、
幻想的な要素も入れたくて、少女は白い狼のイメージで描きました。
多分だけど、北限に生きる強く美しい生命・・・みたいなものを描きたかったんだと思う

冬将軍の娘2017-1
冬将軍の娘≫2017/パネル(210×297mm)/DUO


この「冬将軍の娘」は、来年の2月に
小山のギャラリーさんで展示させて頂く予定です。
詳細が決まり次第、お知らせさせて頂きます

そして「冬将軍の娘」もこれから何作か描いていきます。
てか、ものすっごく描きたいんです
自分の思いや好きな世界、夢・憧れといったものを
もっと突き詰めて更に強くのせていきたいんです。
自分にとって連作を作るってそういうことなのかも
割と我侭でシンプルな動機かもしれません
20170503着彩3

また完成したら、ブログでお披露目させて頂きますね 
今回の作品「冬将軍の娘」は、「慧喜の作品~Eki works~」にアップしました。
たくさんの方々にご覧頂ければ嬉しいです よろしくお願いします



 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります 宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

展示用作品8

ご訪問ありがとうございます
久しぶりに、自分の作品をアップさせて頂きます
昨年から、連作として描いている「人魚の忘れ物」。そもそもは、おつまみ用に買ったホタテの殻模様が美しく、
何とかその美しさを絵にしたい・・・と描き始めたのが始まりでした (しかし、やはり難しい!)

20170415人魚の忘れ物~innocence~制作1
20170416人魚の忘れ物Ⅲ~innocence~制作2

完成しました → → →
今回は、前作とは違い、可愛いいホタテに仕上げました。
前回よりも、更にファンタジックに
自分の好きな世界を構築していこうという試みです笑

この殻を落としてしまったのは、どんな人魚姫・・・
と想像した時、浮かんできたのは幼い子供の人魚姫。
産まれたてのような、柔らかで無垢なイメージ・・・
そのイメージから、タイトルも導かれていきました。
使用した画材は、ホルベインのDUOです。
この作品は、来年2月に小山(栃木県)のギャラリーにて
展示させて頂きます
詳細は決まり次第、またお伝えさせて頂きます

人魚の忘れ物Ⅲ~innocence~2
人魚の忘れ物Ⅲ~innocence~
人魚の忘れ物~innocence~》2017
キャンバス(F0)/DUO


ところで、これまでの作品をひとまとめにして、web上で展示したいな・・・と常々思ってました。
以前、フリッカーにアップしてたのだけど、使い勝手が多分自分に合ってなくて、結果ずっと放置した状態に
どこか、外部のサイトやインスタにまとめようか・・・と考えてたのだけど、
何のことはない、普通にFC2ブログでの記事として作ればいいじゃないか・・・と思い、普通に作ってみました笑
とりあえず、これから、こういう形で自分の作品をアップしていきたいと思います
↓ ↓ ↓
慧喜の作品~Eki works~

まだ全ての作品をアップできてるわけじゃなく、直近の作品ばかりで、見慣れた方もいらっしゃると思いますが
ちょこちょこアップしていきますので、たまに覗いて頂ければ嬉しいです
よろしくお願いします


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります 宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

デッサン絵画展を終えて。ありがとうございました!

ご訪問頂き、有り難うございます
先週、早稲田のドラードギャラリーさんで
開催されていた「デッサン絵画展」
私も一点だけ出させて頂いていた、
右画像の「Rainy dayⅢ」という作品が、
無事に?お客様のもとに嫁いでいってくれました
お買い上げ頂いた方、本当に有り難うございました

絵が売れる・・・というのは、すごく嬉しいことです
買ってくれた方が、
私の絵に価値を与えてくれるのだと思うし、
自分が「こういうことをやりたい」と追求していることを
受け取ってくれる側の方がいる・・・ということが、
本当に有り難いなと、今回しみじみ思ったんでした

デッサン絵画展DM1
Rainy dayⅢ
≪Rainy dayⅢ≫ パネル(F0)/鉛筆>ミクストメディア

そもそも、何故、今回の「デッサン絵画展」というものに参加させて頂くことになったのか・・・というと、
憧れの画家、榎俊幸先生が講師をされている画塾がきっかけでした
先月から、この「榎塾」を受講させて頂いているのだけど、
その画塾を開いてるのがドラードギャラリーさん、その時受講させて頂いてた内容がデッサンの講義だったので、
その関連で企画・開催された「デッサン絵画展」に、私も参加させて頂いたのです

榎塾前半の授業では、持参した好きなモチーフをデッサン。私は、ホタテの殻を持っていきました
描いている間、榎俊幸先生にちょくちょくご指導を頂き、
自宅に持ち帰った後も、その内容を反芻しながららじっくりと取り掛かりました

20170302榎塾デッサン120170304 ホタテデッサン練習1

描いたのは、ホタテの殻の裏側だったんですけど、まぁるく凹んだ部分を表現するのが難しかったです
(ちょっとは、凹んでるように見えますか??・・・汗)

20170305 ホタテデッサン練習220170306 ホタテデッサン練習3

榎塾後半は、一箇所に置いた花瓶や瓶などのモチーフを、塾生の皆さんで描く・・・という内容でした
こういったことに慣れてない自分なので、もたつきながらスタートしたのだけど、
描いてる間、榎先生から頂くアドバイスが超分かりやすく、ピンポイント的に会得できたことがたくさんありました。
横で、先生も同じように描いていらしてたのだけど、そのスピードにビックリ・・・
(つか、そもそも横で先生が絵を描いてるというシチュエーションが凄くて、途中から手を止めてガン見・・・笑)

20170309榎塾デッサン絵画講座二回目120170309榎塾デッサン絵画講座二回目2

時間内に描ききれなかった部分は、自宅で仕上げることになりました
私は、鉛筆で描いた上からアクリルプライムで着彩。久々に使ったプライム、何かシブぃ感じになったかもっ
(この絵は、額装して自分の部屋に飾ってます、記念に・・・w)

20170404榎塾デッサン着彩120170405榎塾デッサン着彩2

実は、今回の「デッサン絵画展」、どうしても時間の都合がつかず、見にいくことができなかったのです
榎先生の完成した絵(上記の瓶など)も展示されているということでしたし、
他の塾生さんの絵も拝見したかったんですけど・・・
なので、今回は非常に残念だったのですが、今後、こういう機会がまたあれば是非ともお邪魔させて頂きたいです
私の代わり?に、足を運んで下さったブロガーの方々、ほんとに有り難うございます!感謝感謝です

そして最後に、新しく描いた「Rainy dayⅣ」。ホルベインのアクアオイルカラー「DUO」で描いてみました
上記の鉛筆画と同様、「Rainy day」の連作になります

先月、個人的に絵をご依頼頂いたのですが、
これから、DUOで描き進めていこうと思っています
その前に、試しに練習の意味で描いてみたのだけど、
・・・結構いいかも笑 
頼りなげでか細いイメージがちゃんと出てると思う

なので、自分の作品として加えることにしました
この「Rainy dayⅣ」は、
来年の2月に小山(栃木)のギャラリーさんで、
展示させて頂く予定です
というか、今年描く絵はほとんど小山向けです・・・
詳細が決定しだい、またブログで告知させて頂きます。
よろしくお願いします

RainydayⅣ-1
RainydayⅣ
≪Rainy dayⅢ≫ パネル(F0)/DUO


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります 宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

デッサン絵画展(DORADO GALLERY )

ご訪問ありがとうございます いきなり、DM画像でスミマセン 展示のご案内をさせて頂きます
「デッサン絵画展」4月2日(日)~9日(日)、場所は、早稲田大学近くのドラードギャラリーさんです
(ドラードギャラリーさんについての以前の記事は、コチラコチラ

デッサン絵画展DM1

私自身も1点だけですが、出させて頂きます 
たくさんの方にお越し頂ければ嬉しいです。よろしくお願い致します

デッサン絵画展DM2

そして、今回の展示作品の画像をアップさせて頂きます下画像は、パネル板に下地を作ったものです

この絵を描くにあたった事の発端としては、
先月の国立での展示のこと(展示の記事はコチラ)、
Rainy dayⅡ」という作品について、あるお客様が、
「鉛筆では描かないのですか?」と仰ったことが
始まりでした
雨の中、路地裏でひっそりと佇む子猫の姿・・・。
確かに、震えるような心細い気持ちを表すには、
モノトーンの方がいいような気がする・・・と思い、
展示会期が終わって一段落ついた後、
鉛筆で描き始めたのでした
Rainyday用下地

描く前から完成図が強くイメージできてたのと、三作目だという余裕もあり、描き始めはスムーズ・・・

Rainyday鉛筆1Rainyday鉛筆2

だのに!途中からジワジワ苦戦し始めることに・・・
鉛筆だけでは薄い印象なので、木炭やコンテも使い始めると、画面が暗く沈むような感じになっていくのです
暗くなるばかりで、決して深くはならないというか。
その上、凸凹下地なので消しゴムも使えず(溝に色が入り込んで消せないという・・・笑)
何とかイメージ通りに仕上げるべく、徹夜作業を入れて仕上げました

Rainyday鉛筆3
Rainyday鉛筆4

Rainy dayⅢ
≪rainy dayⅢ≫ パネル(F0)/鉛筆>ミクストメディア
← ← ← 完成です
なかなかよくならず、鉛筆、木炭、コンテの他、
ドローイング用色鉛筆やペンやパステルも使いました。
でもって、最終的にビシッと締めてくれたのは
アクリル絵具なので、
「鉛筆よりのミクストメディア」ということで
FOサイズの小さな号ではあるけども、
今回も、私に色々な経験を積ませてくれました笑

「Rainy day」も、また連作で描いていこうかな
描くたびに、あれもしたいこれもしたいと
色々な欲が出てくる感じです汗

Rainy dayⅢ-1


というか、デッサン画・・・?になってないかもですが
「ほぼ鉛筆で」「ほぼモノトーンで」という点で、デッサン画として自分の中では認識させて頂きました(←ムリヤリw)
4月2日から会期が始まりますが、たくさんの方々にお越し頂ければ嬉しいです よろしくお願い致します


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります 宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

国立での展示を終えて。有難うございました!

ご訪問頂き、有難うございます
ずっと記事が更新できず、本当にスミマセンでした
2月23日~28日まで開催してた国立での展示は、
無事に終了しました
グループ展とはいえ、自分にとっては初展示。
勝手が分からず、どうなることかと思ったのだけど、
たくさんの方々にお越し頂き、
良い出会いもあったり、色々と得られるものもあり、
貴重な経験をさせて頂くことができました。
本当に有難うございました
20170223アートスペース88

国立(くにたち)は、ギャラリーさんが多い街なので、
それだけ描く人もたくさんお住まいなのだとか
会期中はそういった方々がたくさんお越しになり、
作品についてのアドバイスなども頂いたりしました。
あとは、地元の方々が買い物がてら、袋をぶらさげ、
「絵は分からないけど、見るのは好きだから」と、
ブラっと寄って下さったり
皆さん、ギャラリー巡りが普段の生活の中に定着してるというか・・・とにかく慣れていらっしゃるというか。
そういう環境って、凄くいいな~と思ったんでした
2017アートスペース88展示1


今回、開催した「ミクストメディア(平面)とステンドグラス小品展」・・・の展示風景です。
(増山芳弘さん、高崎洋子さん、私の3人のグループ展)
展示場所は、国立駅近くにあるギャラリー「アートスペース88」さんです。

2017アートスペース88展示22017アートスペース88展示3

特に、増山芳弘さんの作品には、たくさんの方が足をとめてジックリと見入っておられました
中でも、左画像「少女図」は、たくさんのお客様から「・・・いいなぁ、この絵」と声が上がっていた作品です

2017アートスペース88増山芳弘さん作品12017アートスペース88増山芳弘さん作品2

洋ナシ・・・ただそれだけの絵なのだけども、外観では分からない作りこんだ下地の効果と配色のセンスなど・・・
それらが渾然一体となって増山さんの独自な世界を作り上げてると思います 絵と額もマッチしてて素敵です

2017アートスペース88増山芳弘さん作品32017アートスペース88増山芳弘さん作品4

そして、高崎洋子さんのステンドグラス作品も素敵です・・・
特に左画像のランプ、トランプ柄が可愛いし、ガラスの色もグラデーションになっててキレイです・・・

2017アートスペース88高崎洋子さん作品12017アートスペース88高崎洋子さん作品2

アートスペース88さんでは、1Fだけじゃなく、
2Fも展示用に使うことができます
今回は、2Fを慧喜用に使わせて頂きました・・・が、
作品数が少ないので、増山芳弘さんの作品も一緒に
展示してもらいました笑

2017アートスペース88展示4
2017アートスペース88風恋
風恋≫2017年

左画像から「旅する天使Ⅰ」「旅する天使Ⅱ
「旅する天使Ⅰ」は、今回の展示作品の中で、一番初めにお買い上げ頂いた絵です
DMに掲載した絵ということがあってか、後々、この絵をわざわざ買い求めに来廊された方々もいてビックリ
丁重に謝りお帰り頂いたのだけど、このことは自分にとって本当に励みになる嬉しい出来事でした

2017アートスペース88旅する天使Ⅰ
≪旅する天使Ⅰ≫2017年
2017アートスペース88旅する天使Ⅱ
≪旅する天使Ⅱ≫2017年

そして、猫ちゃんの鉛筆画 
左から「ちっちゃな春」「ちっちゃな秋」。
両方とも、嫁いでいってくれて嬉しかったです

2017アートスペース88ちっちゃな春
≪ちっちゃな春≫2016年
2017アートスペース88ちっちゃな秋
≪ちっちゃな秋≫2017年

そして、会期中、地元で制作をされている画家の方々や美術家の方がお越し下さったのも有り難いことでした
そういった方々に、褒めて頂いたのが左画像の「人魚の忘れ物Ⅱ」。(画像はないのだけど「人魚の忘れ物Ⅰ」も)
モチーフとマチエールのマッチング、内容とタイトルのマッチング、詩的な世界、鮮烈な印象・・・等々、
高く評価して下さったことが、本当に嬉しかったです 何故なら、実は私も作品として一番好きだから
この「人魚の忘れ物」、もっと深めて広げて、連作としてずっと描いていきたいな

右画像の「Rainy dayⅡ」と、画像はないのだけど「Rainy dayⅠ」は、
それぞれ油彩とアクリルガッシュで仕上げた絵です。
私の中では特にそれ以上膨らませることもなく、この2点で終わりにしようと思ってたのだけど、
お客様とのお話の中、インスピレーションを頂いて笑、もう1点を鉛筆で描いてみようと思っています

2017アートスペース88人魚の忘れ物Ⅱ
≪人魚の忘れ物Ⅱ≫2016年
2017アートスペース88Rainy dayⅡ
≪Rainy dayⅡ≫2016年

そして、今回は、色々な方から電報やプレゼントなどを頂き、本当に有難かったです
お気遣い頂いて申し訳なかった・・・と思いつつも、めっちゃ嬉しかった・・・
会期中、机に置いておいたメッセージ帳にお名前やメッセージを残してくれた方々、有難うございます

2017アートスペース88special thanks12017アートスペース88special thanks2

お買い上げ頂いた絵は、梱包してお客様のもとに送らせて頂きました。
作品の裏には、サイン・メッセージ・落書きなどを描いて賑わせたりとか・・・笑
パネル板を使ったとき限定なのだけど、これも、慧喜スタイルとして取り入れていきたいなと思います
絵を通して、相手と通じ合うものがあれば・・・

my作品裏の落書きメッセージ2017アートスペース88展示作品梱包


そして、今回、WEB上でいつもお世話になっているブロガーさんたちが来廊して下さいました
初対面の方ばかりだったのだけど、ずっとコメントなどでやりとりさせてもらってたから、初めての感じがせず、
楽しい時間を過ごすことができました 本当に有難うございます

そのブロガーさんたちが、今回の展示のことを記事にして下さいました
すごく丁寧で分かりやすくまとめて下さってて、私の方が逆に参考にさせて頂いたくらいです
ご興味のある方は、良かったらご覧になってくださいな。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ボチボチいきますわ絵日記
『道』を歩けば
猫とデニムとハイヒール
オムライスのある風景

展示会期中、出会った作家さんの作品など、これからの記事でご紹介させて頂こうと思ってます・・・が、
必要に応じて、優先したい記事を先にアップするかもしれません、スミマセン
なかなか時系列通りにはいかない当ブログですが笑、どの記事も内容はしっかりと作らせて頂きたいと思います
よろしくお願いいたします

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

展示用作品7

ご訪問頂き、有難うございます
今週23日に、東京・国立(くにたち)で開催するグループ展にて展示させて頂く作品をアップさせて頂きます。
(会期や場所はコチラ
たくさんの方にお越し頂ければ嬉しいです(といっても、私の作品は少ないんですけどネ・・・笑)

まず・・・恒例の製作風景画像です
まず、ひとつめの作品は、ホルベインのアクアオイルカラー「DUO」(デュオ)を使って描きました。
水でも溶けるという油絵具・・・ということで、アレルギーの人にも優しく、
環境にも配慮した次世代の油絵具だといえそうです
しかし今回は、下地を施したパネルなどに描きたいので、溶き油(DUO用のもの)を使いました。

20170107Duo絵具20170107Duo1

完成です DUOをまともに使うの初めてだったもんで汗、色々と試行錯誤しながら描いてみました
使ってみて思ったのだけど、やっぱ油絵具とはちょっと違うなって笑  でもすごく使いやすい感じはします
まだ初めだから何ともいえないケド・・・もっと使ってみないとまだ分からない・・・カナ 

旅する天使Ⅰ
≪旅する天使Ⅰ≫キャンバス(FO)/DUO

20170109 Duo3

そして、次は同じモデルさんを油彩で描きました
ふたつめの下地がちょっとゴテゴテになっちゃったので、油絵具だったらしっかり描けるかな?と思い
オイルアレルギー?かもしれない私なので、買ってきたばかりのフレッシュな溶き油を努めて使用し、自己防衛笑

20170117油彩120170124油彩2

「旅する天使Ⅱ」完成~
スキャンしたらドギツイ画像になってしまいましたが汗、実際にはもうちょっとライトな感じなのですょ
この油彩画の方には金箔もちょこっとだけ使ってるせいか、遠目から見ても見栄えがするような感じ・・・

旅する天使Ⅱ
≪旅する天使Ⅱ≫パネル(FO)/油彩
20170206 油彩3
20170208油彩4


とりあえず二つ揃った「旅する天使」さん
他にも、色々とやってみたいことが
尽きないのだけど、あまり時間もないので、
今回は、こんな感じで完成させました

「自分の描きたいもの、表現したい世界を、
魅力的に演出したい」
そのための効果的な下地作りや画材選び、
そこに力を入れてやっていきたいな・・・
と思います

まだまだ始まったばかり、頑張るゾ
旅する天使2


そして最後に・・・鉛筆画です
しばらくプライベートなことで帰省してたのだけど、下地を施したパネルと鉛筆数本を持って帰っていたので、
空き時間などに少しずつ描き進めることができました。サイズが小さいので、バッグにしのばせ、どこででも・・・

自分の心の中にある、一番魅力的なステージの1シーンを、鮮烈な印象のまま一瞬で描き留めたい・・・
それには、やっぱ手軽な鉛筆が一番いいなと思ったりするのでした

風恋
≪風恋≫パネル(FO)/鉛筆
20170129鉛筆
20170210鉛筆


以上の作品を会期中に展示させて頂きます
お時間のある方、お近くの方、
是非ご観覧下さい。よろしくお願い致します

【会期】2017年 2/23(木)~2/28(火)
【時間】AM11:00~PM6:00
(最終日はPM4:00迄)
【場所】アートスペース88
(中央線・国立駅・徒歩2分)

(もちょっと詳しい記事はコチラ

会期中、なるべく在廊できるように頑張りますたくさんの方にお越し頂ければ嬉しいです

癒しの扉展DM2

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

~癒しの扉展~

【この記事は、2月28日までトップに置かせて頂きます。新しい記事は、下からになります】

ご訪問有難うございます!今月に開催される展示会のDMができましたので、ご案内させて頂きます
増山芳弘さん、高崎洋子さん、そして私・・・のグループ展になります

癒しの扉展DM1

私自身は、ペイペイなので展示作品も少ないのですが汗、
増山さんと高崎さんは、長年に渡り制作活動に打ち込んでこられている作家さんですので、
とてもクオリティの高い展示内容になっていると思います(特に、高崎さんのステンドグラス作品は素敵です
お近くの方や、お時間のある方、是非ご観覧下さい。よろしくお願い致します

【会期】2017年 2/23(木)~2/28(火)
【時間】AM11:00~PM6:00
(最終日はPM4:00迄)
【場所】アートスペース88
(中央線・国立駅・徒歩2分)

MAPがちょっと見えづらいかもですが、
国立駅(南口)からすぐ近くのマックを
目印にすると、分かりやすいかと思います

遠方からいらっしゃる方々、
どうかお気をつけてお越し下さい
万が一、悪天候に見舞われたり、
ご体調が悪くなられた時は、
どうかご無理をなさいませぬよう・・・
よろしくお願い致します
癒しの扉展DM2

会期中は、できるだけ在廊できるように頑張ります たくさんの方々にお越し頂ければ嬉しいです

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

展示用作品6

ご訪問頂き、有難うございます またまたすっかりご無沙汰しちゃっててスイマセン
今回は、昨年にすでに完成させていた絵をアップさせて頂きます。
できてからすぐにアップしようと思ってたのだけど、PCの不具合やら何やらあってすっかり放置してました 
鉛筆で描いた子猫ちゃんです

ちっちゃい秋1ちっちゃい秋2

額装に使うマット紙に描いてます。
イラストボードみたいに固いので描きやすく、表面がザラっとしてるのもいい感じです

ちっちゃい秋3ちっちゃい秋4


スマホ画像ですが・・・完成しました → → →
↓↓↓下画像は、フレームに入れた状態です。
タイトルは、「ちっちゃな秋」
フレームは、イタリアのnatalini(ナタリーニ)社、
というところで、作られた綺麗な額です

この絵は、来月2月に東京・国立(くにたち)の
ギャラリーさんで展示させて頂きたいと思います。
DMが出来しだい、詳細をアップさせて頂く予定ですが、
先に会期と場所だけ簡単にご案内させて頂きます

【会期】2017年 2/23(木)~2/28(火)
【時間】AM11:00~PM6:00
(最終日はPM4:00迄)
【場所】アートスペース88
(中央線・国立駅・徒歩2分)

詳しい地図や、展示内容は後日アップさせて頂きますね
たくさんの方にお越し頂けると嬉しいです。
宜しくお願い致します

ちっちゃい秋 完成 額3
ちっちゃい秋 完成3
≪ちっちゃな秋≫(Little Autumn) マット紙(15×10cm.)/鉛筆

以前、描いたこちらの絵「ちっちゃな春」も併せて展示させて頂きます
こちらは、DMにもちっちゃく登場します
・・・というか、鉛筆だけでなく、これからまだまだ描いていきます  が、頑張らねば~~

ちっちゃな春 FB用
≪ちっちゃな春≫(Little Spring) マット紙(10×15cm.)/鉛筆

ちょっと今、すっごくバタバタしてまして
訪問返しがロクにできてなくてスミマセン いつも訪問して下さる方々、本当に有難うございます

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

展示用作品5

ご訪問、有難うございます
展示作品5作目が完成したのでアップさせて頂きます
今回の作品は、以前購入したフレームに入れてみました。
イタリアのnatalini(ナタリーニ)社で作られた綺麗な額です
象眼細工(はめ木細工)という技法を用いて、
一つ一つ手作りされたものらしいです。
象眼細工(はめ木細工)のことを調べてみると、
さまざまな材木を使用し、パズルのように組み合わせて、
美しいデザインを作り上げていくという伝統工芸なのだそう。
ナタリーニ社では、ポプラ、メイプル、マガホ二ー、
チューリップウッド等の材木を使っているのだとか
natalini 額1

そして、今回使うのは額装用のマット。
ケント紙に描く予定だったのだけど、マットの方が厚手でしっかりしてるし、表面がザラッとしてるのもいい感じだと思い
使う画材は、前回記事でアップしたダーウェントのグラフィックペンシルです。モデルはまたもや子猫ちゃん

20161015額マット紙
ちっちゃな春 制作1

今回使ったこの鉛筆、9Bから9Hまでと幅があるので(全部で20本!)、一本一本感触を確かめながら描いていきました
でも、描いてて分かったのだけど、全部使わないな・・・って笑   よく使う太さって自然と限られてくるような・・・
個人的には、7~9Hあたりが私は描きやすくて好きだな~と思いました(・・・て分かりづらいんだけど)
ダーウェント以外の鉛筆をほとんど使ったことがないので、比較のしようがないのだけど、私には描きやすい鉛筆・・・かなぁ

ちっちゃな春 制作3ちっちゃな春 制作2

↓↓↓完成しました↓↓↓ 今回、うまくスキャンができなくて、スマホ画像になってしまいましたタイトルは「ちっちゃな春」。
初めは、「春の先っぽ」というタイトルにしてて、何人かの人に問うてみたところ、「分かりづらい」と言われたので変更しました

ちっちゃな春 完成2
≪ちっちゃな春≫(Little Spring) マット紙(cm.10×15)/鉛筆

↓↓↓こちらは、フレームに入れた状態です↓↓↓額が華やかだから、シンプルな鉛筆画をひきたててくれる感じがします

ちっちゃな春 FB用

↓↓↓全体はこんな感じです。フレームの裏は、ソフトベルベットで仕上げられていて何ともシックで素敵・・・

ちっちゃな春 額1ちっちゃな春 額2


引き続き、制作がんばります
やってみたいこと、試してみたい画材とかあるのだけど、あまり時間がないので、鉛筆でどんどん描いていこうと思ってます
追われながらの制作なのだけど、いつの間にか上達していた・・・って感じになれればいいなあ笑


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

 | HOME |  次へ»

AUTHOR

慧喜

Author:慧喜
広島県出身 関東住みです。
アートに関すること
アーティスティックな世界に触れて
自分が感じたことを
アップしていきます。
些細な足跡ですが
関わった全ての皆さんの
お役にたてますように 
(*≧∀≦*)

【PCでの閲覧を激しく推奨します】

ランキングに参加中です☆


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
どちらかをポチって頂けると、嬉しいです!┏(<:)

COUNT

TRANSLATION

CATEGORYS

TRACKBACKS

画家 榎俊幸さんのHPサイト

画家 安冨 洋貴さんのブログ

Pencil artist Ayumiさんのブログ

LINK


一年以上、アクセスを頂いてない場合は、外させていただくこともあります。ご了承下さい。

MAIL

SEARCH FORM

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 慧喜~Trip of the art All Rights Reserved.