慧喜~Trip of the art

最勇記-TheMostBraveDiary-

最勇記3最勇記1-1
最勇記2
TheFunkyPirates快賊船さんの
最勇記-TheMostBraveDiary-」というお芝居を観に、
築地本願寺内にあるブディストホールに行ってきました。

孫悟空をはじめとした三蔵法師一行が仏教の経典を求めて、天竺を目指していく伝記小説「西遊記」
を題材とした、海賊船さんオリジナルの「最勇記

とても面白かったです
六道輪廻の世界の如く、凡夫・妖怪・天上人それぞれが、時空を超えてなおも、
同じ苦しみや悲しみを背負い続け、彷徨いながら戦いながら乗り越えていく・・・
出逢いがあり、迷いがあり、抗争があり、和解があり・・・・
「西遊記」という冒険記を超えた、見応えある壮大な物語

殺陣が入り乱れる、怒涛アクションも見ものです!
剣を構えたり収めたりする、役者さんの立ち振る舞いや足さばきも美しい
激しい剣技の中、美しい所作を保ち、役柄の感情を表現しながら、
難しいであろう古典的な台詞を淀みなくしゃべる・・・・・凄いです

私は運動神経ゼロで、滑舌が悪く、物覚えも悪いので、羨ましい・・・

なんて・・・簡単に言っちゃだめですね。相当な訓練を積んでらっしゃるのだと思います。
物語の面白さもさることながら、役者さんたちの絶え間ない努力情熱に感動です
でも、仲間と共に一つの作品を創り上げ、感動を共有できるのは、やっぱり羨ましいですね

終演後、孫悟空役の座長さんのお写真を撮らせていただきました。

グレートな声をお持ちの座長さんです

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します


web拍手 by FC2

日光 一筆龍 高瀬

一筆龍正面2一筆龍正面1
高瀬文子さん2高瀬文子さん1
一筆龍14一筆龍9

日光街道を日光駅に向かって下山?途中、一筆龍「高瀬」さんを訪ねました。

一筆で見事に龍画を画きあげる店主の方が
日光一筆龍 三代目 「龍正」 高瀬文子さんです

昭和29年に初代の龍祥さん(父親)が、
日光東照宮前、表参道にて墨を使い、一筆で龍を描きあげたのが始まりで、
その流派を三代目の龍正さんが忠実に継承されています。
三代目の龍正さんは、快活で爽やか、凛とした印象の女性です
ちょうど製作中にお邪魔したのですが、気さくにお話をしていただきました
店内には、お土産に最適なカードサイズの一筆龍もたくさん

一筆龍10
一筆龍13
一筆龍5
一筆龍6
一筆龍12
一筆龍11
一筆龍3
一筆龍1
一筆龍2一筆龍4         
    日光 一筆龍 高瀬 
          
      三代目 龍正 
          高瀬 文子 
  
  〒321-1404 日光市御幸町595-5
  携帯 090-7221-1540
  営業時間 AM10:00~PM6:00
  実演中は電話に出られません
  お手数ですが、再度おかけ直しして下さい
  とのことです

店内は、一筆龍で溢れています 壮観です
龍の姿を書いた龍画は、家門繁栄、招福、除災、法楽を図るとされています。

一筆龍 「高瀬」さんの龍画には、流派を汲む印が入っています。
この印が入るからこそ、魂を吹き込まれ、神龍の守護を仰ぎ、恩恵を受けられる・・・
龍画を通して、救いの力に浴することができるのでしょう・・・

アートとして素晴らしいだけでなく、神龍の守護を伝承してくれている
三代目 龍正さん

凄いです

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

空の風景と人物画展 &ステンドグラス・アンティーク版画  増山芳弘さんの世界

ギャラリー全体2ギャラリー全体4
ギャラリー全体5ギャラリー全体3

花山椒」さんの2Fで開催されている
「空の風景と人物画展&ステンドグラス・アンティーク版画」を鑑賞
宇都宮市にある「アトリエテン」のオーナー兼グラフィックデザイナーである
増山芳弘さんのお作品が展示されています
この今回の展示会は、5月31日まででしたが、今後も色々な個展が開催されていくと思います

コレクション2コレクション4
コレクション3           ↑ ↑ ↑ 
   これらの作品は、増山芳弘さんの
←  コレクションである銅版画や絵画を
← ご自身の手掛けられたオリジナルの額
← でもって、額装されたものです

  絵画を美しく魅せつつ、共に一体となって
  溶け込んでいるような額装ですね

ステンドグラス2アート雑貨1
     油絵1油絵7油絵3
油絵6アート作品4
アート作品7アート作品3
油絵4アート作品1
アート作品2アート作品3
アート作品12アート作品11
アート作品8アート作品5
アート作品9

展示されているのは
全て、増山芳弘さんの手によって生み出された数々のアート作品です。

外国の古い童話を紐解いてみたかのような幻想的な世界・・・
止まった時間の中で、穏やかに佇んでいるかのような・・・・・
アンティーク調、それでいて色褪せることのない、
そんな増山さんの世界を
異国の旅先をゆっくりと歩くような風情で、楽しみました
ステンドグラスの技術も素晴らしいですね

これらのお作品は、デザインから製作まで全て
宇都宮市にある「アトリエテン」さんで手掛けていらっしゃいます

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します


web拍手 by FC2

日光 カフェ&ギャラリー 花山椒

日光にやってきました!日光駅2

日光駅にやってきました
JR日光線が、西洋風レトロな外観でとても素敵だったのですが、この駅舎も趣きありますね
大勢の外国人観光客が写真撮影してる中、私もまぎれてパチリ

日光駅から東照宮に向かう日光街道の途中にある、カフェ&ギャラリー「花山椒」というお店に
お邪魔しました              ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
花山椒6花山椒1
花山椒2花山椒5
花山椒3花山椒4
 ボタニカル葉書1
オーナーさんが長年に渡り
集められてきた銅版画や、
美しいボタニカルアート(植物画)等が
たくさんディスプレイされてます

天井が吹き抜けになっているので、
ゆったりと広い空間の中に
身を置きながら、
美味しいコーヒーとケーキ等を頂けます
      
ボタニカル葉書2

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

オランダ・ハーグ派展

ハーグ派展2「オランダ・ハーグ派展」を鑑賞しに、
損保ジャパン東郷青児美術館に行ってきました。
19世紀にオランダのハーグという都市を中心に、
自然の風景や日々の暮らしをありのままに
描いた”ハーグ派”の絵画を紹介する展覧会です

田園風景、風車、運河、船、農民や漁民、家畜など
身近な光景を、透明感のある繊細な光と共に
描かれた清新な絵画たち・・・
この地で絵画を学んだ若き日のゴッホも、
ハーグ派から強い影響を受けたのだとか
損保ジャパン東郷青児薄暗い館内で展示された絵画を鑑賞しながら、
まるで遠い昔に、自分がその風景に馴染んでいたかのような
ノスタルジックな気持ちになりました

風と共に木立が響きあう音・・・
急に雷が鳴り響き、夕立に見舞われるかのような空模様・・・
雨が上がり、空が明けていくにつれ、虹がかかりそうな予感・・・
籠もった湿原から立ちのぼる、むせ返るような緑のにおい・・・
やわらかな自然光が降り注ぐ室内で、交わされる日々の会話・・・

一つ一つの絵画を視覚ではなく、五感識で感じることのできた
そんなオランダ・ハーグ派展でした

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

 | HOME | 

AUTHOR

慧喜

Author:慧喜
広島県出身 関東住みです。
アートに関すること
アーティスティックな世界に触れて
自分が感じたことを
アップしていきます。
些細な足跡ですが
関わった全ての皆さんの
お役にたてますように 
(*≧∀≦*)

【PCでの閲覧を激しく推奨します】

ランキングに参加中です☆


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
どちらかをポチって頂けると、嬉しいです!┏(<:)

COUNT

TRANSLATION

CATEGORYS

TRACKBACKS

画家 榎俊幸さんのHPサイト

画家 安冨 洋貴さんのブログ

Pencil artist Ayumiさんのブログ

LINK


一年以上、アクセスを頂いてない場合は、外させていただくこともあります。ご了承下さい。

MAIL

SEARCH FORM

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 慧喜~Trip of the art All Rights Reserved.