慧喜~Trip of the art

加藤ミリヤさん×清水翔太さん

通称“ミリショー”としてのユニット活動を続けてきた、実力派シンガーの加藤ミリヤさんと清水翔太さん。

二人がユニットを組んだきっかけは、
まだメジャーデビューしていなかった時の清水翔太さん
の歌を、加藤ミリヤさんが聴いてファンになり、
一緒にコラボしたいとオファーを出したことがきっかけなんだそう。コラボした最初の曲「Love Forever」
(2009年)は、当時280万ダウンロードを記録。
以降も、コンスタントにコラボレーションを重ねながら
通算800万ダウンロードを記録。若手最強ユニット
として、配信時代のアイコンともなった二人
ミリショー3

清水翔太さんの歌唱力は素晴らしく、18歳の時、NYにある音楽の殿堂アポロ・シアターにて
「アマチュアナイト」というイベントにゲスト出演し、ベン・E・キングの「スタンド・バイ・ミー」を
ソウルフルに熱唱。音にうるさい観客から総立ちの拍手を受け、「100万人に一人の逸材」と
地元紙に絶賛されたこともあるのだとか。
彼の歌声を聞いて、胸が熱くなってしまうのは私だけではないと思います
→ → → → →清水翔太さんの歌う「スタンド・バイ・ミー」(ちょっと立ち上がりが遅いかも)

加藤ミリヤさんは、女子目線の恋愛バラード曲で特に人気を博してるイメージがあります。
個人的には初期頃の、HIPHOPのようなR&Bのような独特のリズム感や雰囲気がとても好きでした。
恋愛バラードでは、恋に縋り付くような歌詞の曲が多くなり、その路線で固定されてしまいがちなのですが、表現者にしろ聴き手にしろジャンルの裾野が広がることは悪いことではないとも思いますし、
ミリヤさんが情感込めて歌い上げるラブ・ソングは、普遍的に胸を打つものが多いような気がします

そして“ミリショー”として活動5年目を迎えた今年、最初で最後のベストアルバム『THE BEST』
(2014年4月発売)をもって、“ミリショー”の活動に終止符が打たれました。
『THE BEST』のリード曲「Sakura Melody」が、卒業する二人を見送るに相応しい、素敵な曲です。
マッキーこと槇原敬之さんがプロデュースされ、自らもコーラスとして参加されたのだとか

Sakura Melody
 ← ← ← 「Sakura Melody」 
PVで、二人の完結と旅立ちのために
選ばれたロケ地は、
カリフォルニア州の砂漠地帯に突如浮かぶ
色鮮やかでアーティスティックな場所、 
サルベーション・マウンテン

加藤ミリヤさん曰く
「ここは一人の男性が30年かけて砂漠につくりあげた愛の場所。私たち二人にも“LOVE”が伝えたい
メッセージの根底にあるから、ここに来たらミリショーが本当の意味で完結するような気がした」
「GOD IS LOVE」という愛と信仰のアートメッセージで埋め尽くされた場所。
そこを目指し、二人が旅をするロードムービー的な作品です

私は、“ミリショー”がとても好きだったので、多くのファン同様、解散には寂しい気持ちになりました。
でも、完結と共に、新しいステージへの扉を開こうとされてる時なのかもしれない。
二人とも、R&B系シンガーなのにも関わらず、音楽的なジャンルやスタイルにとらわれてなく
「自分の思いや伝えたいこと」を起点にして、繊細に、そして、J-POPとして普遍的にも
表現していくことのできるアーティストだと思っています。
そんな加藤ミリヤさんと清水翔太さんを描いてみました
(ちょっとデッサンが狂っちゃった感ありなのが、残念・・・ごめんなさい)

加藤ミリヤさん文字入り

カタチにとらわれない
自由な感性の二人を表現してみました。
“ミリショー”でなくなった二人が、
これからどんな音楽を作っていくのか
楽しみでもあります
また、二人の感性が交わることがあれば
いいなとも思いますけど
ちなみに、使用したのはダイソーで買った
キャンバスボードにアクリル絵の具です。
ボードは描きやすく、FSMサイズが108円で
2枚入りとお得。練習用にぴったりです
清水翔太さん文字入り3


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

原点を、永遠に。

恵比寿ガーデンプレイス内にある
東京都写真美術館に行ってきました。
鑑賞したのは、清里フォトアートミュージアム(K*Mopa)開館20周年記念「原点を、永遠に」
1995年の開館以来、
世界の若い写真家の情熱を未来に伝える
”ヤング・ポートフォリオ”20年の軌跡を
辿っていく展示会です
東京都写真美術館

清里フォトミュージアムパンフ
”ヤング・ポートフォリオ”とは、
「生命あるものへの共感」「永遠のプラチナプリント」
という理念のもと、清里フォトアートミュージアム(K*Mopa)さんが
行われている、写真を通して世界の青年を育てていく
文化貢献活動です
35歳までの若手写真家を支援するため、毎年、世界中から
公募を行い、厳正な選考ののち、作品を購入・展示、更に
パーマネントコレクションとして収蔵されているのだそうです。
報道・芸術写真等、特定のジャンルやスタイルに限定せず、
作家一人ひとりの個性を表現するポートフォリオ(作品集)
となるように毎回、複数の写真を選考しているのだとか。
若者のひたむきな力作を、何度でも継続して公募・購入、支援。
美術館の収蔵作品として、写真家の原点を後世に伝えていく
世界で唯一の企画であり、写真コンテストとは異なるものです。

そのように20年間にわたって集められ、収蔵されてきた作品から更に選りすぐったものと
歴代選考委員を務めた、日本を代表する写真家の青年期の作品35点を加えた約500点の作品が
展示されていました
選考委員の荒木経惟さんや篠山紀信さんが撮られた(50年くらい前かな?)、お若い時の
出発点ともいえるような写真があり、もうこの頃から、すでに「自分」が力強く溢れ出てるのが
凄い!と思いました
報道写真家の中では、長野重一さんが、60年以上前の広島で撮られた一枚からは、
色んな背景が見えてきます。
あと、桑原史成さんの、報道写真家としての道を確立するに至った「水俣」の写真など
写真は、時代の影も色濃く写しとるメディアだということがよく分かります。

若者たちの公募作品は、被写体にデジタル加工を施し、自分の世界を創りあげたアート写真が
たくさん展示されており、フォトグラファーの意図や内面が伝わってきて面白かったです
創作されていても、一瞬の真実が写りこんでしまったような不思議な鋭さがあるように思いました。

その中で私が一番印象深かったのが、殺処分された犬達がゴミのように積み上げられている写真です。
(アート写真が多い中で目立っていました。撮影者の名前をメモるのを忘れてしまったのが残念)
より伝わりやすいように修正とかされているんだろうけども、生々しい「事実」を突きつけてくれる
写真のチカラはやはり大きいと思いました。
表現方法は千差万別で、こうじゃないといけないという基準はないと思いますが、
私は、撮影者が、一瞬一瞬被写体に深く入り込む執念みたいなもの、
それが感じられる写真に惹きつけられてしまいます

そして今、どんな作品に惹きつけられるかで、自分の内面の境涯が分かるような気がしました。
おそらく数年前の自分だったら、死体と化した犬たちを見ても、素通りしていたんじゃないかと思う。
自分以外の世界に視点を向けられている。自分自身が変化している。
それを認識できたことは、自分にとっては嬉しいことです

美術館の1Fには、ミュージアムショップがあり、
アートグッズ、カメラ関連のグッズや
20~70年代の古書の写真集などが
置いてあります
もちろん、写真のポストカードも種類が豊富
奥にはショップと一体型のカフェもあります。
写真に写ってるのは、カフェのカウンターです。
この雑多な感じ、好きです
東京都写真美術館カフェ


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します


web拍手 by FC2

アート雑記①

いつも訪問して下さる皆様、
新たに訪問して下さった方々、
有難うございます
夏休みに入られた方も多いと思います
帰省される方も多いかな?
台風は大丈夫なんだろうか?
私は、知り合いからお子さんの似顔絵を頼まれて
ちょっとずつ描き進めていってる状態です
田中姉妹途中1
田中姉妹途中2
なかなか思うように進みません・・・
ちょっとキレイめのコミック風?に
あっさりと仕上げるのが目標なんですが・・・
自分の思うように表現するのって難しい
今回もアクリル絵の具で描いてます。
アクリル絵の具で描き始めて、ちょうど一ヶ月くらい。
非常に使いやすい絵の具だな~と思います
水での薄め方で、使い勝手が変わるのが面白い

最近になって、アクリル絵の具を色んな素材やアイテムとコラージュして、
自分の思うがまま、遊ぶように作品を作っていきたいっという思いがフツフツと沸いてきてます
もっともっと色んなワザ?を覚えて、自分の世界の中で、とことん楽しめるようになりたい
つか、そもそも自分の世界というのが、何なのか漠然としてるのがツラいんだけど・・・
もがきながらでも挑戦していったり、描き進めていくうちに確立されていくんだろうか?
表現したいものはある、覚えたいこともある・・・やってみたいこともいっぱいある・・・・・
行きたいとこ、観たいものもいっぱいある・・・・

・・・・・・とりあえず、絵を仕上げて~

~~~~~~~8月17日(日)~~~~~~~
一応、完成しました
写真をLINEで送られてきた時は、あまりに小さくて
どうなることかと思ったんだけど
今回は背景に、マスキング液を初めて使って
みました・・・が、どこをどう白抜きしてあるのか
分かりづらいですね  あまり必要なかった汗
要は、一回使ってみたかったんでした
三姉妹1

三姉妹5
      <イラストボード /アクリル、水彩絵の具>
左から・・・三女(クールなブルー)
      次女(賑やかなイエロー)
      長女(お姉さんなピンク)
というイメージで描いてみました。
あと、やってしまったのが
イラストボードがペコペコに波打って
しまったことです・・・・・ショックです
ボードでも、水張りが必要なのかな
次回、やってみようと思います


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します


【追記】 ブログ拍手からFC2拍手に変え、イラストをアルバム風に見て頂けるように
     拍手お礼画像に設定しました。これまでの記事に頂いた拍手を消してしまうことになり、
     本当に申し訳ありません
     まだまだ作品数が少ないのですが、頑張ってアップしていきますので、
     皆様、これからも宜しくお願い致します
web拍手 by FC2

 | HOME | 

AUTHOR

慧喜

Author:慧喜
広島県出身 関東住みです。
アートに関すること
アーティスティックな世界に触れて
自分が感じたことを
アップしていきます。
些細な足跡ですが
関わった全ての皆さんの
お役にたてますように 
(*≧∀≦*)

【PCでの閲覧を激しく推奨します】

ランキングに参加中です☆


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
どちらかをポチって頂けると、嬉しいです!┏(<:)

COUNT

TRANSLATION

CATEGORYS

TRACKBACKS

画家 榎俊幸さんのHPサイト

画家 安冨 洋貴さんのブログ

Pencil artist Ayumiさんのブログ

LINK


一年以上、アクセスを頂いてない場合は、外させていただくこともあります。ご了承下さい。

MAIL

SEARCH FORM

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 慧喜~Trip of the art All Rights Reserved.