慧喜~Trip of the art

アトリエ テン

宇都宮駅
スタミナ健太くん
← ←宇都宮市に行ってきました!
餃子の街だけに、餃子店がいっぱい
某餃子店のキャラクター、スタミナ健太くんが
宇都宮餃子を元気にアピールしてます

駅西口2階のペデストリアンデッキ上にも
餃子の像がひっそりと立っていました。→ →
餃子の皮で包まれたビーナスを象っており、「餃子のビーナス」という通称で
呼ばれているのだとか
柔らかく包まれてるようなフォルムには、
女性らしい包容力を感じますね。
ボテっとして可愛らしいです
「JR宇都宮駅」をバックに、撮影しやすい場所に立っているので、いいフォトスポットですね!
餃子の像

駅からバスで移動、
東武百貨店近くにある
「アトリエ テン」さんに
お邪魔しました。
主に、グラフィックデザインや
アンティーク版画、額装、
ステンドグラス製作等を
請け負っているお店です。
アトリエテン入り口1アトリエテン入り口3

アトリエテン店内1
アトリエテン店内2
店内は、こんな感じです。雑貨で溢れてます!
このオシャレなガヤガヤ感、雑貨好き女子にはたまりませんね
隙間なく、無造作に雑貨が置かれているふう
なのに、この落ち着いた全体の統一感・・・
お店のオーナーさんの並々ならぬセンスの良さが伺えます
アトリエテン店内7
アトリエテン店内5

そんな「アトリエ テン」さんのオーナーが、増山芳弘さんです
まるで、老舗バーの名物バーテンダーのような風情の方なのですが・・・ 実は、私の絵の先生なのです ↓ ↓
(なので、このブログの記事では、普段通り、増山先生、と便宜上呼ばせて頂きます)
この日は、一緒に先生の授業を受けている生徒さんたちと
お店に遊びに来たのでした
店内に置かれている雑貨や絵画、額装などは、増山先生の手に
よって創り出された作品です。アンティークの風合いを大事に
しながら、ひとつひとつ丁寧に作られた作品は、どれも完成度が高く洗練されており、繊細な美術品のようです
もはや、「アンティーク調」とか「ハンドメイド」などといった言葉が
そぐわないほどに・・・。
増山先生2
私が、増山先生から学んでいることはたくさんあるのですが、
絵の描き方などといった、技術的なことよりもむしろ、
「何かをカタチにして表現していく時に、制約をつけないこと」
「様々な表現方法がある中、他に対して批判を持たないことで、
自分が自由になっていくこと」
「自由な視点を持つことで、あらゆるものに付加価値を生み出していくことができるということ」
といった、リベラルアーツ的なことを、
いつも分かりやすく教えて頂いてるように思います
増山先生1

店内には、増山先生が集められた、本物のアンティーク品も置かれていました。写真で分かりづらいですが、大きな衝立です。
デコパージュアートといって、紙に描かれた模様や絵の切り抜きを貼って仕上げ液を重ね、更に版画で刷るといった技法が
施されています。180~190年前のものなのだとか ↓ ↓ ↓                                  
アンティーク419世紀、ヴィクトリア朝時代、産業革命による経済の発展が、英国に繁栄の時代をもたらしました。
世界で一番国力があった当時、様々な美術品が作られ、
英国は芸術時代の開花を見ることになったのです。
その中で、デコパージュアートは、裕福層の人々が楽しむ趣味、として広まったのだとか。他にも、刺繍や押し花等も人気があり、”趣味”という概念が確立されていったのは、この頃からだったそうです。
アンティーク3
アンティーク1

そして、増山先生といえば
額装作りのエキスパート

写真は、ボタニカルアートの額装ですが
シンプルな植物画の魅力が、存分に引き出されてるように思います
個性を放ちつつ、
絵と溶け込んでいる感じ。
マットも、凝ってて素敵
だと思います
ボタニカルアート額装1ボタニカルアート額装2ボタニカルアート額装3

       増山先生のお作品(アンティーク版画・絵画・額装・雑貨など) の一部をご紹介させて頂きます
増山先生絵画1増山先生絵画2増山先生絵画3増山先生絵画4
増山先生絵画6増山先生絵画11
増山先生絵画10
増山先生絵画5
    増山先生絵画13増山先生絵画9
    増山先生絵画12増山先生絵画15
    増山先生絵画16増山先生絵画14
    増山先生絵画17アトリエテン雑貨1
    アトリエテン雑貨2アトリエテン雑貨3
    アトリエテン雑貨5アトリエテン雑貨4
    アトリエテン雑貨6アトリエテン雑貨7

      そして、「アトリエ テン」さんといえば、ステンドグラスです!店内を装飾するかの如く、美しい逸品の数々
    ステンドグラス1ステンドグラス2
    ステンドグラス3ステンドグラス4
    ステンドグラス6ステンドグラス5
    ステンドグラス7ステンドグラス8
    ステンドグラス9  ステンドグラスのランプシェード、綺麗ですね
  ← ← ← この鏡もとてもステキです
  ステンドグラスが、家の中にある風景って
  かなり憧れてしまいます。

  作業場も見せて頂きました。↓ ↓ ↓
  こんな風にして作られていくんですね・・・
  ガラスのカットも難しそうだけど、
  配色や、デザイン等のセンスが問われそう
    ステンドガラス作業場1 ステンドガラス作業場2
そして、お店で売ってた、宇都宮”黄ぶな”グッズを購入
宇都宮市には「昔天然痘が流行った時に、黄色いフナが
市中心部の田川で釣れ、病人がその身を食べたところ治癒した」
という伝説があり、そのフナを模した縁起物なんだそうです。
今では、宇都宮の無病息災のシンボルとして、
親しまれている郷土玩具なんだとか

有限会社 アトリエ テン
320-0808 栃木県宇都宮市宮園町2-5
Tel 028-636-5759    Fax 028-636-6079
まめ黄ぶな1

 アトリエ テンさんの近くには、「松が峰教会」という、荘厳で美しいカトリック教会があります  ↓ ↓ ↓
 キャプションによると、この教会は「本格的なロマネスク様式(11~12世紀に西ヨーロッパに広まった美術・建築様式)に
 基づいた教会堂で、現在わが国に残る最大の大谷石建造物である」とあります。
 宇都宮周辺では古くから、様々な建築物などに「大谷石」という石が利用されており、その大谷石で造られたこの教会は
 国の登録有形文化財に指定されているのだとか。
 この記事の初めに紹介させて頂いた、餃子ビーナスの像も大谷石造なんだそうです。
    松が峰教会1松が峰教会5

松が峰教会は、創立者のカディヤック神父さんが教会堂建築のために資金を集め、スイス人建築家Mx.ヒンデルさん
という方が、設計をされ(函館のトラピスチヌ修道院も設計)そして、日本の職人さんたちの施行により、
昭和7年(1932年)に完成したのだそうです。
松が峰教会3
松が峰教会2
聖堂内もステキですね
こういう場所でおごそかに
結婚式を挙げれたら、
一生の思い出になるでしょうね


歴史ある教会ですが、
無料で開放されており、
自由に見学もできます


キリスト教のことを知らない人でも聖堂でお祈りしたりとか、
一般の人でも日曜のミサにも
参加できるんだそうです
松が峰教会4
帰りには、美味しい餃子を頂いて、宇都宮二荒山神社にもお参りしてきました・・・餃子、めっちゃ美味しかったです

 ←ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します


【いつも、訪問してくださる皆様へ】
いつも、有難うございます!今回、テンプレを、記事や写真がたくさん載せれるタイプのものに変えました。
リンクさせて頂いていた方々のブログを、旧テンプレでは、ブログジャンルごとに分けさせて頂いてたのですが、
新テンプレではゴチャついて、かえって見づらい表示になってしまいましたなので、従来のリンク表示に戻させて頂きました。
色々と試行錯誤するブログですが汗 どうかこれからも宜しくお付き合いください・・・

web拍手 by FC2

安藤勇寿「少年の日」美術館

     栃木県佐野市にある、
     安藤勇寿「少年の日」美術館に行ってきました!
     「少年の日」をテーマとして、何気ない季節の
     中での風景や日常を、色鉛筆で描き続けている
     安藤勇寿さんの個人美術館です
     森の中の細い小道を歩いていくと・・・ → → →
     突如現れる、小学校のような外観の美術館です。
    色鉛筆美術館敷地内8
     色鉛筆美術館3    色鉛筆美術館2

     安藤勇寿さんが、過ごしてこられた少年時代の思い出や憧憬、そして「子供の心」を、
     色鉛筆にのせて描かれたお作品の数々が展示されていました。オール色鉛筆画です
     色鉛筆画の技法などを勉強させてもらうつもりで来館した私ですが、ただただ見惚れてしまいました・・・

     「何でもないものを描きたい、何でもないものが大切だと思うから」
     「心の中にある思いを絵に。登場する少年は、私自身」
     という安藤勇寿さんの言葉が館内に掲げられていました。そのメッセージの示すとおり、
     足許にある身近な故に気付かないでいる幸せ、心の中にある少年の日への慕情、
     それらを、色鉛筆の優しい素朴なタッチで描かれた世界が広がっていました

     背中
     <背中>
     かあちゃん
     <かあちゃん>

     安藤勇寿さんの絵には、美しい四季の中で、野や山や川を駆けめぐる子供たちの姿が生き生きと
     描かれ、懐かしい日本の童謡唱歌が聞こえてきそうな感じです

     このブログにはのせてないのですが、働く子供たちの姿を描いた絵が多かったのが印象的でした。
     日が暮れた田んぼの畦道を、火の用心を呼びかけながら、懐中電灯片手に歩く子供たち。
     秋の田んぼで、大人と一緒に、楽しそうに稲穂かけをしている子供たち。
     冬の川で、割烹着姿の母親と一緒に、障子洗いの手伝いをしている子供たち。
     吐く息が白かったり、泥まみれになったりしながらも、子供たちの顔が何と生き生きしてることか

     すいかのお面
     <すいかのお面>
     凍てつく夜
     <凍てつく夜>
館内には、安藤勇寿さんの書かれた詩も絵と一緒に展示されていました。心のうちを言葉でつづられた詩があることによって、
絵画だけでは気付かなかった部分が、明確になってくるのがいいですね

      「つながり」
      私は親を思い、
      親は、その親の親を思い
      親の親は、その親の親の親を思い、
      その親の親の親は、
      その親の親の親の親を思い・・・
      そして、始まりの親
      すなわち、始まりの私にたどりつきます       
      その最初の私から
      今を生きる私までの
      いのちの流れの中で
      一人でも欠けたのなら
      今を生きる私はいません
      今の私が今を生きるということは
      未来の私が
      未来を生きるということなのです

     つながり
     <つながり>

     この<花びらの画用紙>という絵も
     とても好きです。 → → →

     大人は、綺麗な情景をそのまま残して、 
     風情を楽しみたがるけれど、
     子供は、その中で遊びたがったり、
     崩したがる。それは、純粋な遊びとしての
     アートの最も美しい本質を体現している
     ように思います。
     制約を持たない、無償で自由な感性を、
     私は、大事にしていきたいです
     そして、安藤勇寿さんの絵は、
     空が広い・・・
     天井が高い・・・
     木が大きい・・・
     視線がとても低いのです。
     子供の視線で、描かれた絵が多いのが
     とても印象的です
       花びらの画用紙
       <花びらの画用紙>
       この<泣きむし>という絵も、凄かった・・・
       畳5枚分ほどの大きさのパネルに色鉛筆で描かれているのです
       作業工程を想像し、気が遠くなりました 燃えるような夕焼けをバックに泣いている男の子ですが、
       腰には木の棒?がささってる・・・ということは、チャンバラごっこか何かやって負けちゃったんだろうか・・・
       駆け寄って頭をナデナデしてあげたくなるような、ノスタルジックで切なくなる絵です
       泣きむし
       <泣きむし>

     館内の壁に色鉛筆をくっつけてあるのが可愛い        カフェもあり、景色を観ながら寛げます
     色鉛筆壁オブジェ     色鉛筆美術館カフェ

     紅葉しかけてて、綺麗な風景の敷地内です         子供たちが取り合いになりそうなブランコ
     色鉛筆美術館8     色鉛筆美術館6

     子供たちが、お絵かきを楽しめる”ともだちの家”      旗川を見渡せる特等ベンチ。お弁当広げたい
     色鉛筆美術館4     色鉛筆美術館9

     小休止できる、贅沢なスペースが点在してます          色鉛筆の巨大なモニュメント
     色鉛筆美術館敷地内3-3     色鉛筆美術館オブジェ1

     そして、安藤勇寿さんご本人です! → → →
     館内でも、握手をして頂き、その後、
     敷地内のお手入れをなさっていた時にも
     色んなお話を聞かせて頂きました
     この敷地内は、以前は竹林だったそうで、
     美術館設立(平成14年)の時に、
     色々な種類の木を植えられたのだとか。
     長い年月をかけて、美術館と共に成長していった
     たくさんの木を、安藤勇寿さんはとても大事に
     されているようです
      安藤勇寿さん2

     木漏れ日が美しく入るシルエットになるように、ご自分で剪定をされているのだとか・・・
     安藤勇寿さん剪定3     安藤勇寿さん剪定2

     森には、野生の鹿やイノシシ、珍しい野鳥などが姿を現すのだそうです   
     色鉛筆美術館敷地内2     色鉛筆美術館敷地内9

     この美術館は、森も全て含め、安藤勇寿さんそのもの・・・なんだと思う、きっと
     色鉛筆美術館敷地内7     色鉛筆美術館敷地内4

     そして、安藤勇寿さんを描かせて頂きました!
     テーマは、「色鉛筆の森の秋 」
     目の粗いイラストボードに、色鉛筆で
     ザックリと描いてみました!
     安藤勇寿さんが愛用されているという
     色鉛筆が売店に置かれていたのですが、
     うろ覚えだけど、FABER-CASTELL
     油性色鉛筆というものだったような気がする・・・
     そんな色鉛筆があるのも知らなかったです 
     水彩色鉛筆も使いこなしてるとはいえないが汗
     次回買ってみようっ
       安藤勇寿さん完成1

     安藤勇寿先生、お忙しい中、色んなお話を聞かせて頂いて、有難うございました

 ←ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

Bella イザベル・ハセガワ展

   国立に用事があり、立ち寄ったところ国立駅構内に、
   何やら人だかりが・・・。のぞいてみると
   「第一回野外彫刻展 模型作品展示会」
   というもので、来年、国立市で開催される
   「くにたちアートビエンナーレ」という芸術祭に向けて
   全国公募によって選抜された野外彫刻15点の模型(マケット)を
   展示していました。そして紙を渡され、
   好きな作品を一つ書いて投票してください、と・・・
国立野外彫刻展7
       国立野外彫刻展国立野外彫刻展1

       この15点から更に選考されて、大賞や優秀賞、
       市民賞などを受賞した実物作品が、
       国立の大学通りに永年設置されるのだとか。
       中でも市民賞は、道ゆく人々の投票によって
       最も票数を獲得した作品が受賞するのだそうです。
       私も、もちろん投票させていただきました
       皆が参加できるアートイベントっていいですね
国立野外彫刻展5

        いつも歩く道で出会うアートが、一番身近な風景となるような「芸術の散歩道」を創り出す・・・
        というコンセプトに向けて、始動されるコンペティションのようですね。来春の結果発表が楽しみです

       投票した後、駅近くにある「アートスペース88」と
       いうギャラリーに目がとまり、入ってみました。
       この日、開催されていたのは、
       「Bella イザベル・ハセガワ展」という個展です。
       長谷川イザベルさんというフランス人の女性が
       故郷フランスの人や風景を、パステルで描かれた
       お作品がたくさん展示されていました
アートスペース88-4
     アートスペース88-2アートスペース88-1

       イザベルさんの描かれる女性は、ニュアンスがあってシックで素敵 エッフェル塔もゴージャス
       イザベル・ハセガワ展1 イザベル・ハセガワ展16 イザベル・ハセガワ展6

       地下鉄メトロに乗り込む女性達。外国から来られてる女性は、その国の民族衣装で身を包むのが
       常なのだとか。それをイザベルさんがスケッチされたものです。イザベルさんの描かれる女性は、
       瑞々しくて柔らかい印象です  色使いも素敵・・・
       イザベル・ハセガワ展17 イザベル・ハセガワ展18 イザベル・ハセガワ展21

       フランスの田舎の風景を描かれた絵もたくさんありました。どれも情緒があってため息が出そう
       私は、学生の時に、デザイン研修でパリに行ったことがあります。
       以前からフランスの田舎に憧れていたので、自由時間に足を運ぶ計画をたてていたのですが、
       色んな事情でそれが叶わず、本当に残念だったことがあります
       その叶わなかった思いを馳せながら、憧憬の思いでイザベルさんの風景画を胸に刻みつけました。
       イザベル・ハセガワ展24 イザベル・ハセガワ展22 イザベル・ハセガワ展23
       女性が生き生きとして、個性的 → → → →→ 
    
           静物画も繊細で素敵です
       左の絵は、茶筒?と果物ですね。
       組み合わせが面白いと思いました
       右の絵は、貝殻を描かれているのですが、
       ちょっと見えにくいですけど、フランスの海の砂を
       コラージュしてるそうですよ
イザベル・ハセガワ展15
       イザベル・ハセガワ展7イザベル・ハセガワ展19

             そして、絵のタイトルが全てフランス語でつけられているのがとても素敵です・・・
          Après les courses(ショッピングの女たち)           Gros temps(しけ)
       イザベル・ハセガワ展28イザベル・ハセガワ展25

            Tendresse(優しさ)      Automne en Limousin     `Le vase japonais(日本の壷)
                               (リムーザン地方の秋景色) 
       イザベル・ハセガワ展29 イザベル・ハセガワ展27 イザベル・ハセガワ展26

       長谷川イザベルさん2長谷川イザベルさん3
       長谷川イザベルさんご本人です
       イザベルさんは、とても華やかな方で
       絵同様に生き生きとして、かつシックで上品な
       マダムといった印象です
       ご家庭とお仕事と、お忙しい傍ら10年以上に渡り
       ずっと絵を描いてこられたのだとか。
       情熱がないと、できないことですよね・・・!
       パステルの描き方も教えて頂きました
       ポストカードも買っちゃいました、キレイ!→ → 
イザベル・ハセガワ展ポストカード2

       イザベルさんの話では、19世紀フランスの画家で、日本でも人気の高いドガやロートレック等は
       当時、赤色でデッサンを描いていたのだとか。赤色は、フランス語で「Sanguine」(血の色)
       日本でも、血色がいいだとか血が通ってるようなとかいうし、”赤ちゃん”ともいうし
       確かに、生命力を象徴するかのような瑞々しい色なのかもしれない・・・
       イザベルさんの絵も、赤色で描かれたものが多かったのですが、とても女性的で優しい感じ
       イザベル・ハセガワ展2イザベル・ハセガワ展12

       私も、赤色で絵を描きたくなり、早速とりかかり始めました。イザベルさんのように、パステルで描いて
       みたかったのですが、持ってないので、色鉛筆で何とかパステル風に・・・
       モデルはイザベルさん
       お忙しい中、細かい心配りをして頂いたり、
       会話の中でも、とても優しくてあたたかいお人柄を
       感じました。癒しと元気を同時にくれるような・・・
       柔らかい陽射しのような女性、それを表現したいっ。
       かつ、シックで落ち着いた雰囲気も出せれば
       いいな・・・ということで、くるみ色のコットンボード
       という紙を使います
長谷川イザベルさん8

       イザベルさん、完成しました!
       スキャナで取り込んだら、ちょっと全体が暗くなってしまった・・・
       でも、私は、自分の絵にデジタル修正はかけたくないので
       見ずらいですけど、このまま、アップさせて頂きます
       イザベルさんの絵のように、描きたかったのですが
       私が描くと、普通の似顔絵になってしまいました
       線で魅せるには、やはりセンスと技術が必要なのかも・・・
       でも、イザベルさんのお人柄は、ちょっと表現できたかな?

       テーマは「Le soleil doux」 (柔らかな陽射し)
          
       (この訳、間違っていたら、どなたかご指摘くださいっ
       長谷川イザベルさん、お忙しい中、色んなことを教えて頂いて
       本当に有難うございました
長谷川イザベラさん完成Ⅰ
  <コットンボード/水彩色鉛筆>

 ←ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

アート雑記⑤

ここ最近、この水彩色鉛筆を使って似顔絵を何枚か
描かせて頂きました。 → → →
(お相手の関係で、アップはできないのですが・・・)
普通に似顔絵を描くと、ある程度使う色が決まってくるので、あまり使わない色というのが出てきます。
この偏りが、A型の私としてはちょっと落ち着かない
ので 均等化をはかるため、使っていない色鉛筆
で、絵を描いてみたいと思います
色鉛筆1

この右半分の色鉛筆を、なるべく全部使います。→→寒色系の色が、多いですね。
なるべく、鉛筆を消費できるように、デッサンの練習
みたいなつもりで・・・
(ところで、色鉛筆でデッサンってアリなのかな?)
モデルは、勿論、私の好きなレディ・ガガさんです
色鉛筆2

とりあえず、濃ブルー・黒・紫の三色で描いてみました。これで終わりにしたいなとも思ったのですが、
ちょっとシンプルすぎるし、色も三色しか使ってないので、もちょっとイメージを膨らませて手を加えて
いきます
ルナティックガガ様1この絵から連想するのは、月の女神ルナ・神秘的なイメージ・・・
LUNATICっていう言葉、英語では「狂気」「気が狂う」とかあまりいい意味では使われないらしいんですけど、
美しい幻想的な狂気・・・という意味を込めて
テーマは「ルナティック ガガ様」でいっちゃいます
ちょうど、先月、皆既月食という天文イベントもありましたし
       早速、月(みたいなもの)を描いていきます。
      色鉛筆3

ルナティックガガ様3
  <イラストボード/水彩色鉛筆>
← ← 完成しました!何となく月 微妙な感じだけど、
 幻想的な感じはちょっと表現できたかな・・・
 魔力を帯びた月の光に照らされるガガ様

 ところで、上に比べて画像の顔の影が薄くなってるのですが、
 影の部分は、何もいじったりしてないのです。
 むしろ、背景を描く時に手の甲が顔の部分に当たり、影が薄く
 なってしまったので、濃く塗り足しているくらいなのです。
 にも関わらず、薄くなってる・・・というか薄く見えてしまう
 背景を濃くしたのと、月光を帯びている様を表現するために
 顔にちょっと黄色を足しただけなのですが・・・
 不思議だ・・・紙の上で起きたイリュージョン
 (という程のことでもないのかな汗)
 光と影が生み出す視覚効果、というやつなんでしょうか・・?
 

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します


web拍手 by FC2

 | HOME | 

AUTHOR

慧喜

Author:慧喜
広島県出身 関東住みです。
アートに関すること
アーティスティックな世界に触れて
自分が感じたことを
アップしていきます。
些細な足跡ですが
関わった全ての皆さんの
お役にたてますように 
(*≧∀≦*)

【PCでの閲覧を激しく推奨します】

ランキングに参加中です☆


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
どちらかをポチって頂けると、嬉しいです!┏(<:)

COUNT

TRANSLATION

CATEGORYS

TRACKBACKS

画家 榎俊幸さんのHPサイト

画家 安冨 洋貴さんのブログ

Pencil artist Ayumiさんのブログ

LINK


一年以上、アクセスを頂いてない場合は、外させていただくこともあります。ご了承下さい。

MAIL

SEARCH FORM

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 慧喜~Trip of the art All Rights Reserved.