慧喜~Trip of the art

暫くの間、ブログお休みさせて頂きます

いつも、当ブログにお越し頂いて有難うございます
更新頻度の遅い慧喜のブログですが、
いつも訪問してくださる方々に本当に感謝してます
新たに訪問して下さった方も、有難うございます


大変申し訳ないのですが、
しばらくの間、ブログの更新などお休みさせて頂くことにしました。
プライベートなことなのですが、ちょっと今色々なことが重なり、
心身ともに落ち着かない状態です・・・

訪問して下さる皆様のところにもお邪魔出きずに心苦しく思いますが、
色々なことが落ち着くまで、暫くの間お休みさせて頂きます。
ごめんなさい・・・

また再開する時には、こちらの方から皆様のところにお邪魔させて
頂きます。誠に勝手ながら、宜しくお願い致します

慧喜
慧喜フォト 感謝1

web拍手 by FC2

アート雑記15

前回から引き続き、今回もマーブリングで、色んなことをやってみました。(前回の記事はコチラ
何回も失敗を繰り返していく中、何となくですが自分なりのコツを少しつかめたような気がします・・・
色々とやってみた結果、マーブリング液を流す水は、
水1リットルに塩を1カップ(約200cc)加えて、よくかき混ぜた塩水が今のところベストかなぁ~という感じです。
この割合の塩水でやると、遜色なくいい感じのマーブル模様になります
塩マーブル1-2塩マーブル1-1

塩の他にも色々と試してみました。
中でも、ちょっと面白かったのが、片栗粉!
仕上がりがモヤ~とした感じになります。ちょっと幻想的 
水一リットルに片栗粉をだいたい一掴み分くらい入れて
よく混ぜます。片栗粉がすぐに沈殿しちゃうので、
マーブリング液を流す直前にもかき混ぜた方がよいです。
水+ネイル液でもやってみましたが、水の表面で固まって、
まるで飴細工をしているかのように粘り、扱いづらかったです。
そして、何よりも臭いがダメでした・・・部屋中に充満します
とろみマーブル1-1

そして、お湯一リットルに一気に塩を3カップ入れて(約600cc)・・・ということもやってみました。
大量に入れて、しかもお湯だったら一体どうなるんだろうという純粋な好奇心です 
すると、固くてパキっとした模様になりました。マーブル感は殆ど感じられないのですが、これはこれで面白いかも
塩マーブル2-1塩マーブル2-2

それに、マーブリング液が沈まずに水表面で固まるので(ホットミルクにできる膜のような感じ)
割り箸や筆先などでツツツっと動かして、なんとな~くですが何らかの形を作ることができます笑
塩マーブル2-3-1塩マーブル2-3
塩マーブル2-4-1塩マーブル2-4

そして面白いのが、通常であればマーブリング液をかき混ぜると、普通に色が溶け合い濁ってしまうのですが、
水表面で膜を張っているので、どんなに混ぜようが溶けないのです。液がパキっとした形を保ちつつ砕け散る感じになります。
その上に紙を置くと、そのままの模様を吸い取ってくれるので、何ともカラフルで可愛い感じに仕上がります
塩マーブル2-8-1塩マーブル2-8

下画像二つは、数色のマーブリング液を流して形を粉々に崩した上に、更に水溶きしたアクリル絵の具を流しいれて
かき混ぜたものです。もっと応用して複雑にしていけば、一枚の作品として完成するかも・・・
そして、画像では分からないのですが、紙を乾かすと塩の結晶が浮き上がってきて、やたらキラキラしてます笑
手触りはザラつきますが、見た目はラメっぽくてキレイです(塩1カップでは、この塩ラメはあまり出ませんでした)
塩マーブル2-6塩マーブル2-5

そして、せっかく覚えたマーブリングですからもちょっと本格的に・・・ということで、色々な支持体で試してみます
まずは、100均のキャンバス。失敗しても気がラクです・・・笑
ジェッソなどの下地を全く塗らず、そのまま通常の分量の塩水(水1リットルに塩1カップ)で試してみたところ・・・
結構、可愛い仕上がりになりました 目の粗いキャンバスだったので、色模様がくっきりと入ってます
塩マーブル ダイソーキャンバス2塩マーブル ダイソーキャンバス3

次も同じく100均のキャンバスボード。頑丈で固いので、割と気にいってるボードです。
このボードも目が粗いので、かなりしっかりと色模様が入りました。マーブリングを何回も繰り返して汚れた塩水だったのですが、
特にこのボードは汚れた色までしっかりと吸い取ってしまいました でも、くすんだ感じも結構いいかも・・・
塩マーブル ダイソーボード2塩マーブル ダイソーキャンバス4

最後に、普通のキャンバスで試してみました。このキャンバスには、ジェッソを何回も塗った上にやすりがけをして
更にアクリル絵の具で塗るなど、ちょっと手をかけて下地を作りました。
万が一マーブリングが思ったようにいかなくても、また上からジェッソを塗れば大丈夫・・・とは思っててもやはり緊張しました
でも下地をちょっとでも作りこんだ効果はあったようで、仕上がりは、何ともいえず・・・シブいっっ笑 
何となく仏画みたいで、炎や鳳凰などを連想してしてしまいました こういう感じ、カッコよくて大好きです
マーブリングが完成したら何か絵を描こうかな~と思ってたのですが、もはや勿体無くて何も描けなかった・・・
塩マーブル キャンバス3塩マーブル キャンバス1

キャンバスの側面までマーブリングしちゃいます。面積は狭いですが色模様はそのまま入るので気が抜けないです
木枠に水もかかってしまったので、キャンバスでマーブリングする時はドライヤーが必須かも・・・。
そしてキャンバスに限らずマーブリングした後は、すぐにドライヤーで乾かした方が色が鮮やかになるようにも思います・・・
塩マーブル キャンバス4塩まーぶる キャンバス2

とりあえず今回は、こんな感じでしたが、何回も失敗を繰り返すことによって、やはり得られるものはあると思う・・・
ひとつひとつの動作が経験値だし、自分の中にどんどん蓄積していきたいです
これからもまだまだ慧喜のマーブリングは続きます

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します


web拍手 by FC2

アート雑記14

web上で拾ってきたフリー画像を、絵に描いてみました。多分、北欧の女の子だと思うんですけど、
モノクロームの元画像が、フォトジェニックでとても美しく、以前からずっと描いてみたいなと思ってたんです
道具は、まずは例によってエボニーペンシルで。
描き方として、これまでは鉛筆で描いた絵をぼかして雰囲気を出していくというやり方を好んでいたのですが、
今回から、ぼかした上に更に描きこんでいくということを取り入れて描いてみました(描きこんだつもりです・・・汗)

冬の名残りデッサン
<イラストボード/エボニーペンシル>
冬の名残りデッサン2
冬の名残り1

そして、鉛筆で描き終えたら、スタビロ ソフトカラー(油性色鉛筆)の青色で、鉛筆線をたどるように更に描いていきます。
線に線を重ねていくような感じです。氷の女王シヴァ的な冷たいイメージを出しつつ、描きこむことで深みが出るように・・・。

描き終わったら、リキテックスプライムというアクリル絵の具で着色していきます。 初めての使用です
画材屋さんで、ウルトラマリンバイオレット(透明)と、パールホワイト(半不透明)の二色を買ってみました。
(セット買いしたかったのだけど、高くてあきらめました・・・)
透明度の高いアクリル樹脂を使用することによって、今までにない透明感を可能にしたリキテックス・プライム。
色の鮮やかさと高い透明度を持ったアクリル絵具なのだとか。
それは、実際に塗ってみて実感できました アクリル絵の具らしく、乾くのが早いのも扱いやすくていいと思います
冬の名残りデッサン ブルー
<イラストボード/エボニーペンシル・油性色鉛筆>
リキテックスプライム
リキテックスプライム1


冬の名残り 完成
<イラストボード/エボニーペンシル・油性色鉛筆
リキテックスプライム>
リキテックスプライム2
← ← ← ← ← 完成です
ウルトラマリンバイオレットで全体を塗ってみたのですが、
鉛筆線が透けるほどの透明度なので、
鮮やかなグラデーションに仕上がりました

その上に、パールホワイトで雪を描いてみたところ、
この色もすごく良くて、画像で分かりづらいのですけど、
シルバーと白を合わせたような、とても綺麗な色です。
小さな点のような雪を描きはじめた時から、
すでに存在感を放ってました

この絵のタイトルは「冬のなごり」です  もう最近では、何となく春めいた日が続き、あったかくてよいのですが、
冬生まれの冬好きの私としては、ちょっと寂しく思ってしまうのです・・・  そんな気持ちを込めて・・・

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

 | HOME | 

AUTHOR

慧喜

Author:慧喜
広島県出身 関東住みです。
アートに関すること
アーティスティックな世界に触れて
自分が感じたことを
アップしていきます。
些細な足跡ですが
関わった全ての皆さんの
お役にたてますように 
(*≧∀≦*)

【PCでの閲覧を激しく推奨します】

ランキングに参加中です☆


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
どちらかをポチって頂けると、嬉しいです!┏(<:)

COUNT

TRANSLATION

CATEGORYS

TRACKBACKS

画家 榎俊幸さんのHPサイト

画家 安冨 洋貴さんのブログ

Pencil artist Ayumiさんのブログ

LINK


一年以上、アクセスを頂いてない場合は、外させていただくこともあります。ご了承下さい。

MAIL

SEARCH FORM

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 慧喜~Trip of the art All Rights Reserved.