慧喜~Trip of the art

参SAN-ザ・ヒロサワ・シティの作家たち展

つくばの筑波銀行本部ビル2階にあるギャラリーに行ってきました
開催されていたのは、「参SAN-ザ・ヒロサワ・シティの作家たち展ー」です
作家さんを応援し、地域の芸術文化を高めようと開設された、茨城県筑西市にあるザ・ヒロサワ・シティ内アトリエ。
そのアトリエで出会い、それぞれ制作に励む三人の作家さんが、初めて地域に「見参、参加」するということから、
テーマを「参SAN」とし、大小の作品30点ほどを展示。

その三人の作家さんとは、まず榎俊幸さん!
そして、日本画家の川瀬伊人(よしひと)さんと、
銅版画家の西村沙百里さん。
私は、以前から榎俊幸さんの作品のファンだったので、
榎先生のトークショーが開かれる日に、車を飛ばして行ってきました!
お作品を拝見したい!というのはもちろん、
自分のブログに榎先生のブログを勝手にリンクさせて頂いてるので、
もし、お会いできればそのお詫びを一言でも伝えたいと・・・
ギャラリーに入ると、静かで落ち着いた空間が広がっていました。

ザ・ヒロサワ・シティの作家たち展 ギャラリー内
ザ・ヒロサワ・シティの作家たち展 パンフ

まず、いきなり目に飛び込んできたのは、
榎先生の金屏風のお作品。→ → →
「日月四季鳥獣図屏風」
榎先生のもう一つのブログ「絵ノローグ」の方でも、
詳しい解説をされているので、ご興味のある方はクリック。
榎先生の解説がとても分かりやすく面白いのです。

ちょこちょこ「絵ノローグ」も覗かせて頂いてたので、
完成した本物の作品を目の前で拝することができて、
ほんとに感動しました
もう、その場にいるだけで漂うありがたみ感・・・
榎先生 金屏風1
≪「日月四季鳥獣図屏風」四曲一双≫2015年

榎先生 金屏風2
榎先生 金屏風3

私は、榎先生のトークショーが始まる二時間前に
ギャラリーに入ったので(気合が入りすぎて笑)
人がおらず、ゆっくりとお作品を見てまわることができました。
すると、榎先生が話しかけて下さったのですが、
も、もう心臓がバクバクして、汗も噴出しまくるし、
しどろもどろの嚙み嚙みになりながらも、
ブログリンクの非礼をお詫びさせて頂きました
というか、先生は私のブログをご存知だったみたいで、
そっちの方にも感動・・・早く行って良かった
榎先生 油彩画
≪パヴァーヌ≫2015年

そして更に有り難かったのが、榎先生のお作品を前にして、画材のことなどについて、色々とレクチャーをして頂いたこと
以前から先生の画をブログを拝見してて、気になっていたことや知りたかったことを思い切って質問させて頂いたところ、
丁寧に教えて頂けたのがすごく嬉しかったです
榎先生がお好きな猫ちゃんたち タイトルが可愛いですね~~~

榎先生 猫ちゃん1
≪ふりふり≫2015年
榎先生 猫ちゃん2
≪ときめき≫2015年

ブログの方でも拝見していたお猿さんの作品 → → →
初めて間近で見れて感激でした。一つ一つの線が丁寧で、本当に美しいと思う。
そして、先生の描くお猿さんは可愛らしいです
可愛らしいんだけど、何か神秘的でもあるし・・・。
タイトルの「Sanctuary」、改めて意味を調べてみると、
神聖な場所や聖域といった意味みたいですね。
榎先生のfacebookをのぞいてみると、
「龍神と治水。畏怖を忘れた人間たち。
龍が幾重にも取り囲む聖域。」と解説がありました。

村上春樹さんの、「東京奇譚集」という本の装画も
榎先生が手掛けられていて、そこにもお猿さんが描かれてますょ

榎先生 猿3
榎先生 猿2
≪Sanctuary≫2015年

ギャラリー内は結構広くて、別室に移動すると、広い部屋の中に大きな作品の数々がっ。
榎先生が描かれた白馬が、雪を蹴散らしながらこちらに向かって駆けてくるようです。ド迫力なんですけど気品があって素敵
ザ・ヒロサワ・シティの作家たち展 ギャラリー内2榎先生 馬
≪馬 (Horse)≫1989年

そして、川瀬伊人(よしひと)さんの日本画が繊細で美しい・・・と思ったのですが、ただ美しいだけではなく、
キャプションにあった製作者の目指すところの意図に感動してしまいました
たとえば、≪曙光がさす方へ≫という作品に描かれてるのは、月と彼岸花と蝶。とても明るい月夜の景色が描かれています。

月に塗られているのは、変色しない金とプラチナとアルミとスズ。彼岸花と蝶には変色しにくい岩絵の具。
背景には銀箔と銀泥を使われているそうなのですが、この銀箔と銀泥は空気中の硫黄分に反応して、長~~い時間をかけて
ゆっくりと硫化し、黒く変色していくのだとか。つまり500年後には背景は黒く変色し、しかし他のものは色をとどめたまま、
明るい夜から、完全に夜の景色へと変化する・・・その時、この作品は完成するのかもしれない・・・と。

何と粋なんでしょうか・・・ 「素材美を追求した創作」が、川瀬さんの作品コンセプトなのだそうで、
自然の素材に対する、川瀬さんの誠実な姿勢?みたいなものを感じました。
あと、日本文化の根底にある美意識みたいなものも・・・
2013年の岡倉天心をモデルにした映画「天心」では、日本画を描くシーンの演技指導もされたのだそうですょ

川瀬伊人さん 日本画2
≪曙光がさす方へ≫
川瀬伊人さん 日本画1

そして、西村沙百里さんの銅版画の龍がすごい本当にかっこよすぎてため息が出そうでした。
水墨画のようでもあり、3DCGのゲームの世界を彷彿とさせるようでもあり・・・(3Dグラフィックスが好きな私にはたまりません)
画像では分かりにくいかもですが、実際の画面サイズは大きいので迫力がありました
銅版画を専門とする作家さんは、日本では少数派なんだそうです。その上で龍に特化されてるということが凄いですよね

西村沙百里さんという名前をどっかで聞いたことがあるな・・と思ってたんですが、
ちょうど7月に小山(栃木県)にある「たから園 現代工芸」というギャラリーで、個展をされてたことを思い出しました
(このギャラリーについては、次回か次次回くらいにブログで取り上げさせて頂きます)
事前に頂いてたパンフレットに載っていた西村さんの「筑波山」という作品に感動し、絶対に見にいこうと思ってたんですけど、
時間の都合で行けず・・・。なので、今回、偶然にも見ることができて嬉しかったです

展覧会の帰りに、筑波山の前を通りかかった時、頂上に不思議な雲がたなびいていて、それが西村さんの「筑波山」とダブリ、
何やら神秘的な風情を感じました・・・(これまではただ通り過ぎてたんだけど笑)

つくば山
≪筑波山≫2014年
西村沙百里さん 龍2
≪天帰≫2011年

↓↓↓そして、再び、榎先生の鳳凰の画・・・神々しいです・・・
以前から、先生のお描きになった鳳凰をどうしても間近で見たかったので、その夢が叶い嬉しかったです

榎先生 鳳凰1榎先生 鳳凰4

私は、以前、広島に住んでいた時、某お寺に飾るため、鳳凰の画を描いたことがあったのです
お寺に奉納するとかそんなご大層なものではなく、頼まれて「まあ、ちょっと描いてみてよ」的な笑
そこで、ネットで鳳凰のことを調べ、色々なアーティストさんたちの描いた鳳凰を片っ端から見ていったのですが、
その殆どが火の鳥とかフェニックス(不死鳥)といったイメージの作品が多く、何か違うような気がしたのです。
幻の鳥ということだから、イメージが固定されてしまうのは仕方ないにしても、ちょっと伝説的すぎるような気がして・・・
そうしてる内に、榎先生のブログに行き着き、美しい鳳凰画と出会い、その素晴らしさにビックリしてしまいました
榎先生の鳳凰は、当時の私が抱いていたイメージ「仏界を悠々と飛びまわっている鳥」そのままの姿のように思ったのです

で、榎先生の鳳凰を参考にさせて頂いて、頑張って二枚の鳳凰を仕上げたのですが、
榎先生の鳳凰とは似ても似つかず・・・(当たり前なんだけど) 
で、お寺に飾って頂いたところ、色んな人から「・・・ガッチャマン??」と言われ、めっちゃ傷つきました・・・笑
(でも、言われてみると確かに似てるなとも思い・・・汗)

この日、榎先生のトークショーで、別の鳳凰画なのだけども、その作品についてのコンセプトや込められた思いなどの話を
聞かせて頂いたのですが、作品云々以前に、そこからもうまず次元が違う・・・と、打ちのめされてしまいました
私の鳳凰は形だけを描いたものにすぎなかったと・・・。いや、形だけでも描けてるのならいいんだけど何せガッチャマン・・・・

榎先生 鳳凰2
榎先生 鳳凰3

そして、榎先生のトークショーは、私にとって本当に興味深い内容で、ここぞとばかりに必死にメモをとりながら聞きました
過去のお作品についての解説や、実際に使われた画材の話などなど、私には貴重な情報ばかり・・・
ハリウッド女優のデミ・ムーアさんが画廊を訪れた時に、榎先生の作品をとても気に入り、購入されたこともあるのだとか~

トークショーが終わった後は、再び、鳳凰画のところに行き、
細部までパシャパシャ写真を撮らせて頂いて(これは、自分の勉強用に)、
ギャラリーを後にしました
神様のような榎先生を前にして、すごく嬉しかった反面、
本当に緊張しまくりました
ず~と汗ダクダクでハンカチが手放せなかったんですけど、
後で、ハンカチをきゅっと絞ったら汗がポタポタ落ちてきたのには笑った・・・
(汚い話でごめんなさい~)
あと、榎先生にお会いできたら、作品や技法のことで聞きたいことを、
頭の中で準備してたのに、全部とんでしまいました笑
でも、本当に貴重な経験をさせて頂きました
榎先生、有難うございました~~

最後に、次回の展覧会の案内を頂いたので、アップさせて頂きます→ →

不〇空 FU-KU Project in Iwami 「中堀慎治×榎俊幸展」
2015年10月3日(土)~11月8日(日)
浜田市立石正美術館(新館)
(浜田市立石正美術館のFacebook
中堀慎治×榎俊幸展示案内


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します


web拍手 by FC2

アート雑記19

お盆の時に描いてたLADYGAGA様の絵を、すっかり放置してました・・・
愛用しているエボニーペンシルで描いたのですが、ぼかしながら描くやり方をやめて、線を重ねていきながら描きあげました
← ← ←参考までに・・・Author画像のGAGA様は、ほとんどぼかしを使って描いたものです)
途中、芯が折れたんですけど、折れたまま何故か固定されちゃって、描きやすかったです笑  こういう商品ないかな?↓↓↓

ガガ様デッサン 梵字1ガガ様デッサン 梵字2


↓↓↓完成です!線を重ねすぎたみたいで、ほとんど塗りに近いような感じになりました。
でも、ぼかしながら描いたものより、濃くて深みがありますね・・・描いたって感じがします あと、何かやわらかい雰囲気?
コントラストをもっと出すには、エボニーペンシル一本だけではちょっと限界かも・・・ もっと濃ゆい鉛筆が必要です・・・(´・_・`)

レディ・ガガ様デッサン 梵字1


そして、いきなりゴーインに話が変わるんですけど
今、新たな公募展に向けて、
制作の方にかかりっぱなしになってます!
多分、今月は更新ができないかもです
というか、なかなか訪問すらできずにいて
ごめんなさい・・・
無事に公募展への搬入を終えることができたら、
またゆっくりブログ記事作りにとりかかりたいと思います。
いつも訪問して下さる皆様、本当に有難うございます
F80パネル板


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します


web拍手 by FC2

松岡学展 ~光を飼う~

以前、お邪魔した吉祥寺の「ギャラリーフェイストゥフェイス」のオーナー山本清氏に案内の葉書を頂いたので、
西荻窪にあるギャラリー「ガレリア青猫」さんに
お邪魔しました
開催中の個展は、「松岡 学展 ~光を飼う~」です。
お邪魔すると、松岡学さんは外でカフェ休憩中とのことで、
彼の帰りを待ちながら、山本氏と色々なお話をすることに。
前回、フェイストゥフェイスさんで開催された、
スペインの画家 ラファエル・ロドリゲスさんの油彩画展に
ついて、私が作ったブログ記事に触れて頂いて、
山本氏にお褒めの言葉を頂きました
(ラファエル・ロドリゲスさんの油彩画展記事はコチラ
ガレリア青猫1

そして、松岡学さんが戻られた後、
絵を鑑賞しながら色々なお話を聞かせて頂きました。
松岡学(がく)さん、27歳。まだお若い新人作家さんです
そして、彼の作品、頂いた案内葉書の画像では
油彩画だと思ってたのですが、何と日本画
予備校時代の先生だった舘 寿弥(たち ひさや)さんの影響を
受けられて、大学では日本画を学ばれたとのこと。
(現在、ギャラリーフェイストゥフェイスさんの方で、
9月13日まで舘 寿弥さんの個展を開催中です。
舘さんとオーナーの山本氏は、学生時代から付き合いがあり、
山本氏曰く”腐れ縁”の如く、旧知の間柄なのだとか~)
対岸へ
≪対岸へ≫2015年


松岡学さんの世界・・・独特な印象なんですが、モティーフは古い建物や船や海であることが分かります
彼は、富山県の新港という港町のご出身なのだそう。
海に囲まれ、潮風にさらされた古い建物が並ぶ、そんな港町で育ったのだとか
彼が子供の頃に暮らしていた家もまた、海沿いだったため塩害の影響を多大に受けていたのそうです。
確かに海沿いにあるガードレールとか、潮風を受けて錆びつき、ボロボロになってるの見るけどあんな感じだったのかな?
(何となく、つげ義春さんの「ねじ式」の世界を想像してしまう・・・)

「松岡学展~光を飼う~」では、松岡さんが昔見ていた懐かしい風景、潮風にさらされて、錆び朽ちている風景を、
「光」をテーマにして表現されています。
記憶の奥深くに眠っている何かを呼び覚ます喚起力になるのが、彼にとっては「光」という存在なのかもしれません

二つの煙突
≪二つの煙突≫2015年
方船
≪方船≫2015年


油彩画だと思っていた松岡さんの日本画ですが、近くで見るとマットな絵肌から、日本画としての素材感を感じます
日本画の伝統的な手法で下地を作った上に、使われてる画材も、岩絵具や水干(すいひ)絵具といった日本画画材。

浮島
≪浮島≫2015年
つなぐ場所
≪つなぐ場所≫2015年


日本画には色々な特徴があって、その中でも陰影をつけないということがあるのだそうです。
遠近法、明暗法などの西洋画法は、日本画のフラットな空間には馴染みにくいので、積極的に空間を作っていかないのだとか。
そして、岩絵具の艶のないマットな質感も、遠近感を出すときには障害にもなるのだそう

しかし、松岡さんの作品の場合、どの画面の中でもテーマとなる「光」を取り入れて、陰影をつけているのです。
この「光」の表現として、表面に使われている鮮やかなブルーグリーン
これは、緑青(ろくしょう)といって、、銅が酸化されることでできる青緑色の錆(サビ)なのだとか
放置した古い10円玉にできる緑色のサビといえば分かりやすいかと思います。
(アメリカの自由の女神像の色も、この緑青(ろくしょう)によるものなのだそうです。)
松岡さんは、この緑青を使い、まるで暗闇の中で発光しているかのような、美しく幻想的な世界を表現しているのです

光を飼う
≪光を飼う≫2015年
光に登る2
≪光に登る≫2015年


個人的に、この二つの作品≪光をはこぶ≫≪道≫が、素敵だなと思いました。童話のような一つの物語が生まれてきそう。
≪道≫からは、タイトルも相俟ってフェデリコ・フェリーニの映画、「道~La strada~」を思い出し、
頭の中を、ニーノ・ロータの切ない音楽が駆け巡りました。日本画なんだけど、感じるのは西洋的なノスタルジー・・・

             光をはこぶ
             ≪光をはこぶ≫2015年
道
≪道≫2015年


下画像の≪海岸線≫という作品もいいなと思いました。夜の海に引きずり込まれそうな心細さを感じるのですが、
なまぬるい潮風や夜の波音に心が凪いでいくような・・・そんな気持ちにもなるのです。五感識をちょっとノックされるかのよう。
あと、全体の作品を通して背景に海を感じるのですが、海といえば瀬戸内海の海しか知らない私にとって、
北陸の海の澄んだ深さ、日本海の暗さ(あくまで私のイメージで)みたいなものも感じます

海岸線
≪海岸線≫2015年
住処
≪住処≫2015年


そして、以前に作られた作品(2013~2015年)の画像をファイリングしたものも見せて頂きました
下画像≪光の塔≫は、VOCA展2015で佳作をとられた作品なのだそう
(VOCA展とは、選考委員が選んだ推薦人の推薦によって出品作家が選ばれるので、誰もが出品できる公募ではないのです。
賞をとられたのも凄いんですけど、推薦されるというだけで凄いことだと思います~)
サイズを見てみると・・・332.0×243.0cmと、デカい 松岡さんにお話を聞いてみると脚立仕事だったのだそうです
この作品にかけられた膨大な時間と労力を思うと・・・凄!!

光の塔
≪光の塔≫2015年
廃墟
≪廃墟≫2013年


松岡さんの作品には、一貫して廃墟や錆びれた工場、漁船といったモティーフが登場します。
山本氏曰く、そういったものを好んで使う若い作家さんたちは多いのだけど、
松岡さんの場合は、自分の体験や幼い頃から見てきたものの蓄積から描いてるものだから説得力がある、作品にズレがない
と仰ってたのが印象的でした
確かに、サビを描けと言われたら、練習すればサビのようなものを描けるかもしれない、
だけどサビがもたらす空間や雰囲気を表現するのは、これは付け焼刃のテクニックなどでは難しいと思う・・・

松岡さんにとって廃墟や錆びれた風景とは、郷愁を誘われるものであり、思い出や愛着がたくさんあるんだろうな、と感じました。
その思い入れの強さが、表現(オリジナリティ)の強さにもなっているように思います

漁船
≪漁船≫2014年
廃墟2
≪廃墟≫2012年


そして、松岡学さんご本人です → → →
優しげな外見そのままに、とても優しい方でした
でも、作品は骨太でワイルド笑
たくさんの質問に根気強く答えて頂いたり、
製作のお話をたくさん聞かせて下さって、本当に有難うございました。
そんな彼の経歴をご紹介・・・
松岡 学(まつおか がく)
1988年 富山県生まれ
2012年 武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業
2014年 同大学大学院造形研究科日本画コース修了
2015年 第41回春季創画展2015春季展賞
2015年 VOCA 展2015佳作賞
松岡学さん

↓↓↓もっと詳しい画歴は下記になります↓↓↓

2006年 越中アートフェスタ(富山県民会館)
2009年 1/4展(富山県市民会館)
       ビエンナーレ青梅(青梅市美術館)
       りんごと出会った頃から・・・(画廊喫茶ルーエ)
2010年 1/4展(富山県市民プラザ) 
       「LIVE」展 (日本橋ユーメリア)
2011年 春季創画展(日本橋高島屋)
       Young Impression vol.14 日本画考(武蔵野美術大学)
       1/4展(富山県市民プラザ) 
2012年 武蔵野美術大学卒業制作展(武蔵野美術大学)
       東京五美術大学連合卒業・修了制作展(国立新美術館)    
       春季創画展(日本橋高島屋)
       臥龍桜日本画大賞展(岐阜)奨励賞
       グループゆう展(富山県市民プラザ)
       Art Program Ome2012(青梅市センタービル)
       創画展(東京都美術館・京都市美術館)
       CAF, ネヴュラ展(埼玉県立近代美術館)
       CONTRAST-東京を見る-(ガレリア青猫/西荻窪)
光の依代
≪光の依代≫2015年
2013年 目の正月展(FACE TO FACE/吉祥寺)
       春季創画展(日本橋高島屋)
       ゆう展(富山県市民プラザ)
       武蔵野美術大学日本画学科修士課程展-間をひらく-
       (三鷹市美術ギャラリー)
       松岡学日本画展(FACE TO FACE/吉祥寺)
       BANG-BANG!みよう×つくろう2014(富山県立近代美術館)
2014年 アートのおせち(FACE TO FACE/吉祥寺)
       武蔵野美術大学卒業・修了制作展(武蔵野美術大学)
       武蔵野美術大学卒業制作・修了制作優秀作品展(武蔵野美術大学)
       GRAFFITI|グラフィティ杉田明彦/松岡学(Pragmata/八丁堀)
       Selections(FACE TO FACE/吉祥寺)
       臥龍桜日本画大賞展(岐阜)奨励賞
       ゆう展(富山県市民プラザ)
2015年 Whole Art Catalog(FACE TO FACE/吉祥寺)
       春季創画展(高島屋/日本橋)春季展賞
       VOCA2015 現代美術の展望-新しい平面の作家たち
       (上野の森美術館)佳作賞
海と十字
≪海と十字≫2015年

個展や公募展に出品など、幅広く活動をされていますよね
松岡さんにお話を聞いてみると、公募展には、実際にはもっともっと出品されているのだそう。
多い時には、月に一回のペースで出品されていたのだとか す、すごい・・・見習わなければ・・・汗。
私などがこの先、頑張りすぎても決して頑張りすぎってことはないわ・・・と、かなり反省

最後に、「ガレリア青猫」さんのことを紹介させて頂きます。
元々のオーナーさんが、若手や中堅作家を応援したい・・・
ということで始められたギャラリーなのだそう
しかし、ご高齢になられたために、
今年から、「ギャラリーフェイストゥフェイス」のオーナー、
山本清氏に任されているとのことです。
ギャラリーの場所がすごく良く、西荻窪駅から徒歩約3分
人や車が行き交うメイン通りの商店街に面する、
一階のギャラリーです。
通りがかりの方も来廊されることが多いのだそう
ガレリア青猫4

この通りの商店街、めっちゃお店があって、
歩いてるだけでも楽しいと思います
山本氏に、西荻窪マップを頂いたので、今度攻略してみよ
ギャラリー内は、奥行きがあって、天井も高いです。→ →
画面ではあまりそう見えないかもですが、
多分、写ってる松岡学さんの身長が高いから笑
大作も含めた個展や、4人~10人程度のグループ展も
できるそうですよ
自分の個展を開いてみたいな・・・と思われる方はぜひ
(ガレリア青猫さんのHPはコチラ。ブログはコチラ
ガレリア青猫2


松岡学さん、山本清さん、たくさんお話を聞かせて頂いて、また、私のグダグダ話も聞いて頂いて本当に有難うございました

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

 | HOME | 

AUTHOR

慧喜

Author:慧喜
広島県出身 関東住みです。
アートに関すること
アーティスティックな世界に触れて
自分が感じたことを
アップしていきます。
些細な足跡ですが
関わった全ての皆さんの
お役にたてますように 
(*≧∀≦*)

【PCでの閲覧を激しく推奨します】

ランキングに参加中です☆


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
どちらかをポチって頂けると、嬉しいです!┏(<:)

COUNT

TRANSLATION

CATEGORYS

TRACKBACKS

画家 榎俊幸さんのHPサイト

画家 安冨 洋貴さんのブログ

Pencil artist Ayumiさんのブログ

LINK


一年以上、アクセスを頂いてない場合は、外させていただくこともあります。ご了承下さい。

MAIL

SEARCH FORM

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 慧喜~Trip of the art All Rights Reserved.