慧喜~Trip of the art

「青いハート」と「優しい日々」

西荻窪にあるガレリア青猫さんにお邪魔しました
開催されていた個展は、
・アウスマ・シュミット展 “The Blue Heart”(青いハート)
・ナタリー・サルキシャン展 “Days of Kindness”(優しい日々)
と、外国の女性作家2名によるW個展でした

アウスマ・シュミットさんは、ラトビアのリガ出身。
ナタリー・サルキシャンさんは、ブルガリアのソフィア出身。
お二人とも、日本では初個展なのだそうです
20160521ガレリア青猫

↓↓↓まずは、Ausma Šmite(アウスマ・シュミット)さんの石版画です。
作家自身が想像する生命の形、それは、現実を隔てた境界線の向こう側に生きている架空の生物たち・・・。
アウスマさんは、そんな生物の存在をリアルに感じ、その肖像を描いているのだとか

「全てが可能だと思う。どこかにちょうど私が想像したような生命の形がある。
それが“The Blue Heart”。それらは生命で満たされ、脈打っている。」
(アウスマ・シュミット)


≪Satellite≫2013年
アウスマ・シュミット展案内ハガキ
この「The Blue Heart」という作品、繊細で素敵だなと思いました。→ → →
何やら化石にも見える不思議な生命体ですが、
体?の真ん中に、青いハートが息づいています
それは、時を刻むかのようにトクントクンと脈打ち、
架空の生物とはいえ、生命の光が静かに放たれているかのようです

他にもたくさんの石版画作品が展示されていて、
それらは、アウスマさんのHPサイトに載っています。
もっと詳しくご覧になりたい方はどうぞ!→ AUSMA ŠMITEさんHP
The Blue Heart
≪The Blue Heart≫2016年
そして、アウスマさんご本人の画像です。→ → →
頂いた資料からお借りしました。
手に持ってるのは、石版画に使うローラーなのだそうですょ

Ausma Šmite(アウスマ・シュミット)さんの経歴は下記になります。
1987年  ラトビア・リガ出身
2007年  カーン美術大学(フランス)交換留学
2009年  ラトビア美術大学美術学部版画専攻卒業
2011年  ラトビア美術大学大学院版画コース修了

ちなみに、“Ausma”はラトビア語で「日の出」という意味で、
暁や夜明けといった、東からちょうど太陽が昇る瞬間を意味するのだとか。
素敵ですね
アウスマ・シュミットさん


そして、次はNatali Sarkisyan(ナタリー・サルキシャン)さんの、紙を使用したドローイング作品です。
ヨーロッパでのテロ事件における世界情勢、メディアの情報操作による苛立ち、日々の個人的な出来事など、
ナタリーさんが日常を通して感じたことをテーマに制作されているのだそう

「展示作品は、私が「今日」という概念から着想を得、
ドローイングによって視覚化した詩のようなものです。」
(ナタリー・サルキシャン)

Face of peace
≪Face of peace≫2016年
ナタリー・サルキシャン展案内ハガキ

たくさん展示されていたのですが、その中でも目を引いた「Reflective thoughts」という作品。↓ ↓ ↓
タイトルがちょっと分かりづらいのだけど、「自分自身の内証をかえりみて深く考える」・・・といったような意味かな?と思います。
絵の中の二人の人間はお互いに向かい合っていますが、何か噛み合ってないように見えます。
それは、社会や他者と接していく中で生まれる、ナタリーさん自身の意識の世界を表しているかのよう。

更に、画面では見えづらいのですが、
紙の端々ににたくさんの言葉が
英語で書き連ねてありました。
メッセージのような詩のような・・・。
英語だということを差し引いても、
なぐり書きというか走り書きすぎて、
もはや何て書いてあるのか読めません
ただ、かろうじて一文だけ判読できたのが
「The world is ungrounded」
意味としては・・・「根拠のない世界」
といった感じかと思います

絵では表現しきれなかった感情が、
言葉となってこぼれ落ちてしまったかのよう。
満タンのコップから水が溢れ出るみたいに。
Reflective  thoughts
≪Reflective thoughts≫2016年

そして、ナタリー・サルキシャンさんご本人の画像です。→ → →
この画像も、頂いた資料からお借りししました。
ブルガリア出身のナタリーさんですが、
現在はベルギーのアントワープにて活動されています。
ご両親が画家だったとかで、幼い頃からアートに触れながら育ったのだそう

Natali Sarkisyan(ナタリー・サルキシャン)さんさんの経歴は下記になります。

1987年  ブルガリア、ソフィア出身(現在ベルギー、アントワープ在住)
2001-2006年  ソフィア国立美術学校“Ilia Petrov”版画専攻(ブルガリア)
2006-2007年  ソフィア美術大学(ブルガリア)
2008-2011年  アントワープ王立芸術アカデミー版画専攻、学部、大学院修了
ナタリー・サルキシャンさん

外国人作家さんの作品って、自由度が高いというか・・・見ていてとても興味深いです
作品の内容だけでなく、特にナタリーさんなどは自分の作品が額におさめられるのを好まないらしく、
展示作品も、紙そのままを貼ってあるか、透明のアクリルフレームなどで額装されていました。
何故なら、ナタリーさんにとって作品とは、日常を通して感じたことをテーマに制作をしたもの、
いわば、アーカイブ的な個人史のようなものだから。
一つの作品として小綺麗にまとめるでなく、あくまで日常の沿線上にアートがあり生活の一部、というその感覚が面白いなと。
きっと、日常生活そのものが常に「思惟する時間」なのだろうなと・・・思ったのでした

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します


web拍手 by FC2

マツコの知らないなつかしオムライスの世界

訪問頂いて有難うございます  しばらく、この告知記事をトップに貼らせて頂きます

ブログにリンクさせて頂いてる、FC2ブログ「オムライスのある風景」の管理人Omunaoさんが、
TBS番組「マツコの知らない世界」に出演されます
ブログ名からお察しの通り、オムライス大大大好きな方で、ブログ内容もオムライスのことに特化されています
番組では、あのマツコさん相手にオムライスへの愛を堂々プレゼンされるそう
お時間のある方、ご興味のある方、ぜひご覧になってください

放送は、2016年5月24日(火)よる8時57分からです
詳しい予告は、TBSサイト「マツコの知らない世界」で見ることができます→ → →コチラ

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

西荻ギャラリー

訪問頂いて有難うございます
しばらく、更新が止まっててごめんなさい
にも関わらず、たくさんの方に訪問して頂き、
本当に感謝しております、有難うございます
さて、先月のことになりますが・・・
西荻窪にあるガレリア青猫さんにお邪魔しました。
開催されていたのは、ラファエル・ロドリゲス展「変容」。
スペイン出身のアーティスト、ラファエル・ロドリゲスさんの
日本で二回目となる個展です。
(一回目の時の個展記事はコチラ
(ラファエル・ロドリゲスさんのHPサイトはコチラ
20160410ラファエル・ロドリゲス展1

前回のラファエルさんの個展では油彩画が主だったのですが、今回は新作油彩画の他、リトグラフ作品も展示されていました。
リトグラフという版画は、版に直接描いた絵をほぼそのまま紙に刷り取れるのが特徴なのだとかで、
ラファエルさん独特のタッチが力強く表現されています。↓↓↓

Head VIIⅡ
≪Head VIIⅡ≫2014年
Figure I
≪Figure I≫2014年
Head XXI
≪Head XXI≫2014年

↓↓↓新作油彩画の方も何やら面白く、画面に潜む謎らしきものをつい追ってしまうかのように見入ってしまいます


≪Hands≫2016年

≪Mask≫2016年
Crucified man
≪Crucified man≫2016年

↓↓↓ガレリア青猫さんを後にし、向かったのは同じく西荻窪にあるアトリエすゞ途(すずと)さん。
和風建築のモダンな建物で、お庭もステキ・・・ アトリエの中に入ると、ギャラリー用展示スペースが設けられていました。
この時開催されていたのは、志村観行(のりゆき)さんという陶芸家の方の「セラミック スペースオペラ」展。
ちょうど、志村さんが在廊されていたので、陶芸のお作品を拝見しながら色々なお話を聞かせて頂きました

20160410アトリエすゞ途アトリエすゞ途 ギャラリー内

↓↓↓たくさんのお作品が展示されていたのですが、中でもこのマッチ箱のようなBOXが可愛かった・・・
本当にマッチ箱を収めたりできるみたいですが、画像のように普通に飾ってもいいですね。マッチというのもまたレトロで・・・
小さくて軽そうですが、そこは陶芸作品ですからやはり重みが感じられます。そして、陶器のあたたかさも伝わってくるよう

Match Box plate CATMatch Box plate COFFEE

↓↓↓そして、 志村観行さんといえばスカル・・・(と、私が勝手に思ってるだけなんですが~笑)
以前、スカルをモティーフにした志村さんの作品を拝見したことがあり、どうもその時の印象が強く残っているみたいです
(その時の記事はコチラ)  今回もスカル作品がズラリ↓↓↓
ドクロとか骸骨とかって暗くてディープな印象があるけども、志村さんの作品は優しげで夢を感じます

スカルの小皿
≪豆皿≫
DECO Oasis Skull
≪DECO Oasis Skull≫
DECO 燭台 ドクロ
≪DECO 燭台 ドクロ≫

DECO 燭台 骸骨
≪DECO 燭台 骸骨≫
豆皿
≪豆皿≫

↓↓↓他にも色々なお作品が展示されていました。陶芸作品って、ちょっと敷居が高く感じられたり馴染みにくかったりするけど、
志村さんのお作品は、普通に見てて楽しいですし、気持ちが和みます

スープマグ
≪スープマグ≫
貯金豚
≪貯金豚≫
豚蚊遣り
≪豚蚊遣り≫
招き猫
≪招き猫≫

最後に 志村観行(のりゆき)さんご本人です。→ → → →
物腰が柔らかく、本当にお優しい方でした
陶芸について全く初心者の私にも
とても分かりやすく教えて頂いて、有難うございました
現在は、伊豆高原にある「海座工房」というアトリエで
制作活動をされているのだとか
個展なども数多く開催されていらっしゃるので、
その情報も併せて、HPサイトでチェックできますょ。
ご興味のある方はクリック→ → →海座工房HPサイト
志村観行さん

【一言】
訪問して下さった方々有難うございます ひき続き、7月まで記事更新がかなり遅くなってしまうと思います
本当にごめんなさい・・・ よろしくお願いします

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します


web拍手 by FC2

 | HOME | 

AUTHOR

慧喜

Author:慧喜
広島県出身 関東住みです。
アートに関すること
アーティスティックな世界に触れて
自分が感じたことを
アップしていきます。
些細な足跡ですが
関わった全ての皆さんの
お役にたてますように 
(*≧∀≦*)

【PCでの閲覧を激しく推奨します】

ランキングに参加中です☆


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
どちらかをポチって頂けると、嬉しいです!┏(<:)

COUNT

TRANSLATION

CATEGORYS

TRACKBACKS

画家 榎俊幸さんのHPサイト

画家 安冨 洋貴さんのブログ

Pencil artist Ayumiさんのブログ

LINK


一年以上、アクセスを頂いてない場合は、外させていただくこともあります。ご了承下さい。

MAIL

SEARCH FORM

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 慧喜~Trip of the art All Rights Reserved.