慧喜~Trip of the art

鴨居玲  死を見つめる男

笠間(茨城県)にある笠間日動美術館に行ってきました
もう会期は終了してしまいましたが、「鴨居玲  死を見つめる男」 展を鑑賞してきました。

昨年、東京ステーションギャラリーという美術館で、
初めて見た鴨居玲さんの絵は、
まるで死の淵を覗いているかのように暗く、
後々までひきずられるように心に残るものでした
その時のことをブログの記事にさせて頂いたのですが、
記事を作るにあたり、色々と調べていく中、
笠間日動美術館は、東京・銀座にある日動画廊さんが、
母体となっている美術館だということを知りました。
鴨居玲さんは生前、この日動画廊さんと
公私共に長く深いお付き合いがあったのだとか
なので、ぜひ行ってみたいと思っていた美術館だったのです。
ちょうど展覧会が開催されていたのでラッキーでした

前回記事は 鴨居玲展(1)(2)(3)(三部に分けています)

笠間日動美術館入り口
鴨居玲 死を見つめる男パンフ

受付をすませて美術館の敷地内に入ると、まず目に入ったのは、フランス館という展示館。↓↓↓

日本の近代絵画に影響を与えた印象派から
エコール・ド・パリの巨匠たちの名画の常設館です。
中に入ってビックリ。モネ、ドガ、ルノワール、ゴッホ、
セザンヌ、マティス、ピカソ、シャガールなどなど
平日の朝早い時間だったので、館内には私しかおらず、
巨匠たちの名画に囲まれ、もはや息苦しいほど・・・汗。
でも、すごく贅沢な時間を過ごすことができました
レオナール・フジタさんの自画像も展示されていて、
机に向かうフジタさんの手には面相筆が。
その横には硯(すずり)が置かれてあるのを見て、
ちょっと嬉しくなってしまいました
笠間日動美術館入り口2
フランス館の中でひときわ目立っていたアンディ・ウォーホルの「C夫人像」→ → →
(美術館パンフレットの画像からお借りしました。)

妖艶で美しい女性が描かれていますが、この「C夫人」とは、
日動画廊副社長、笠間日動美術館副館長でいらっしゃる
長谷川智恵子氏のことなのだとか
他にも、巨匠の方たちによって制作された「C夫人」の作品が、
館内あちこちに展示されていました。(肖像画や彫刻作品など)
巨匠たちと長谷川智恵子氏との交流の思い出が、
形になって残されているのが凄いですね
アンディ・ウォーホル C夫人
アンディ・ウォーホル≪C夫人像≫1975年

↓↓↓フランス館を出て、上のほうに歩いていくと「野外彫刻庭園」というエリアが広がっていました
ここには、日本の具象彫刻界を代表する作家さんの彫刻作品が展示されていました。
周りは竹林で、風で笹が鳴る音が心地よく、時折、頭上で竹が割れるような音がして、風情たっぷり・・・

ずっと、眼を閉じて佇んでいると、ふと不思議な感覚を受けました。彫刻の像たちからの視線を強く感じるのです。
でも、決して嫌な感じではなく、来館者に対しての興味津々の視線・・・。ここの像たちは生きてるのかな
像の作者の方々はもう亡くなられているのだけど、作家さんの魂が像と一緒にいるのかもしれない・・・なんて思ったり
私には、スピリチュアルなものを感じる力はないのだけど、本当にそんな風に思えてくるような不思議な空間でした。

野外彫刻庭園2野外彫刻庭園4

↓↓↓野外彫刻庭園を抜けて、鴨居玲さんの展示が行われている企画展示館へ。すごく大きな橋を渡るのですが、
渡っていると、いきなり頭上や真横からウグイスの鳴き声が。姿が見えそうなくらいの至近距離からなのが凄いですよね
他にも、これまで聞いたことのないような鳥の鳴き声がして、双眼鏡を持ってくればよかったと思いました・・・

笠間日動美術館 企画展示室へ1笠間日動美術館 企画展示室へ2

↓↓↓橋の周りは、竹林と木に囲まれて鬱蒼としています。ひんやり涼しく、まるでオゾンのシャワーを浴びているかのよう
途中に、オープンテラスのカフェもありました。この時は営業してなくて、入れなかったのが残念・・・!
外のメニュー表を見ると、ドリンクはもちろん、ピザやパスタ、ケーキなど頂けるみたいです

笠間日動美術館 企画展示室へ3カフェ・ド・ローブ

そして、鴨居玲さんの展示室へ。
展示は、デッサン画と油彩画に分かれていました。
朝の時間帯だったので、人もそんなにおらず、
一つ一つの作品をじっくり見てまわることができました!
前回の東京ステーションギャラリーでは展示されてなかった作品が
見られたのもラッキーでした

改めて思ったことは、
鴨居玲さんのデッサンって本当に素晴らしいなということ・・・
玲さんにとって、デッサンは作品ではなく
作品へ昇華させるための日々の鍛錬に過ぎなかった・・・
と思うのだけど、
私は、鴨居玲さんのデッサン画がすごく好きなのです
上手く説明できないのだけど、対象から受ける印象の
一番鮮やかな瞬間をそのまま画面に止めてしまったみたいな?
だから、とても瑞々しい印象を受けるのです

鴨居玲さんは、画家として画壇で認められた後も、
生涯、デッサンの修行を欠かさなかったといいます。
ひじが変形し、腱鞘炎になるほど打ち込まれていたのだそう
踊り候え
≪踊り候え≫1974-75年

鴨居玲さんの展示を見た後は、パレット館に
このパレット館には、著名な画家の方たちが愛用していた
パレットが展示されていて、その数、常時230点!
このコレクションは、笠間日動美術館にしかないのだそう。

展示室に入ると、色鮮やかなパレットが壁にびっしり
(ピカソやダリなどのパレットが展示されてたのもビックリ!)
絵具を盛っているのもあれば、絵を描いてるものもあり、
油壷や軍手をコラージュみたいにくっつけちゃったり
それぞれの作家さんの個性が、ギュッと凝縮されてる感じ。
笠間日動美術館 パレット館

このパレット画コレクションは、長谷川仁氏(日動美術館及び日動画廊創立者)が、
親交を深めた画家の方たちに願い出て、多年に渡り収集されてこられたものなのだそうです

その他、画家本人や遺族などからの寄贈なども続き、
今では世界に例のない一大コレクションとなっています。
収集のきっかけは、長谷川仁氏が、
生前のユトリロが画商に贈ったパレット(絵を描いたもの)を
見たことだったのだそう。
そのパレットには、ユトリロ画の色彩だけでなく、
筆触の癖や作品の秘密などがはからずも表れており、
それを見た長谷川仁氏は、
「画家の手の跡や息づかいがしみ込んだパレットを
集めておけば、それはそのまま日本の近代洋画史の
側面を語る重要参考品となる」
と、考えられたのだとか
ユトリロ パレット
≪ユトリロのパレット≫1933年頃 28×37cm

そして、鴨居玲さんのパレット!→ → →
実物はすごく大きくてビックリしました
もはや、手に持てるサイズじゃなかったです・・・笑
蓄積された油絵具からは、積年の苦悩が偲ばれ、
鴨居玲さんの「生きた証」が鮮やかな形となって
胸に迫ってきました
その他、たくさんのパレット画について、私の勉強不足で、
お名前を知らない作家さんが多かったのだけど汗
それでも、本当に楽しめました!
写実絵画界を代表される森本草介先生や、
諏訪敦(すわあつし)先生のパレット画も展示されていて、
どちらも、涼やかな美女が描かれていたことに感動
鴨居玲 パレット
≪鴨居玲さんのパレット≫1984年 55×89cm


そして、美術館ショップで本を二冊購入
まず、パレット館に展示されているパレット画選集。
そして、「鴨居玲 死を見つめる男」。
生前の鴨居玲さんと深い親交のあった日動画廊さん。
その副社長でいらっしゃる、C夫人こと長谷川智恵子氏が、
玲さんとの思い出話を中心に、書された本です
前回、鴨居玲さんの記事を作らせて頂いた時、
ちょっと疑問に思ったことが何点かあって、
ネットで探しても情報が見つからないでいたのだけど、
この本に、ほぼ書かれてあってスッキリしました笑
更に、長谷川智恵子氏のお写真も何点か掲載されていて、
神がかった美貌にビックリ・・・美しすぎる~
笠間日動美術館 本

そして、鴨居玲さんと生活を共にしていた、カメラマンの富山栄美子さんという女性について。
現在まで残されている鴨居玲さんの写真は、ほとんどが富山栄美子さんよって撮られたものらしいのだけど、
この富山栄美子さんについて、画像はおろか情報とかもほとんどネットに出回ってなくて、ちょっと謎の女性だったのですが・・・
この本で、やっとお会いできました
男っぽくてパサっとした感じの女性をイメージしてたのだけど、写真の富山栄美子さんは意外にも超ファニーフェイス 
そして、意外だったのは、鴨居玲さんが子供好きだったということ。子供たちと戯れている写真とか、とてもキュートです
鴨居玲さんの素顔がギュッとつまっている「鴨居玲 死を見つめる男」、オススメの一冊です!

美術館を出た後は、「春風萬里荘」(しゅん ぷうばんりそう)に向かいました
陶芸や料理など、多方面で才能を発揮した芸術家・北大路 魯山人(きたおおじ ろさんじん)。
そんな魯山人が住んでいた鎌倉の生家を、昭和40年に笠間に移築 し、日動美術館の分館として公開している施設です。
建物内部は、住んでいた当時そのままで遺作の名品が展示されていることから、魯山人の美術館といってもいいかも
それはまた、次回に・・・

長~い記事を読んで頂いて、有難うございます

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します


web拍手 by FC2

公募展示作品1

訪問して頂いて有難うございます 更新が遅くて本当にごめんなさい。今回記事は、展示の告知となります
まず、「第17回日美絵画展」に出品した作品が、国立新美術館に展示されることが決定しました

受賞が決まる最終審査では、「秀作」という賞を頂きました。
去年より、ちょっと後退してしまった感じなんだけど、
自分でも、これは納得できる結果だと思ってます
やっぱり、制作は、早い時期から余裕を持って
じっくりと取り組んでいかなければ・・・と、
かなり反省の残る作品になってしまいました
でも、何かしらの賞を頂けたのは有り難いと思います
【展示会期】
■平成28年8月4日(木)~13日(土)
午前10時~午後6時  9日(火)は休館日
■国立新美術館 2階展示室
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
The Secret Gardenアート雑記27 1
≪The Secret Garden≫厚口ワトソン紙(F30)/エボニーペンシル


そして次に・・・・・「第17回日本・フランス現代美術世界展」に
出品した作品も無事に入選させて頂き、
こちらの方も、国立新美術館で展示されます
初めての公募展なので、詳しく把握できてないのだけど
公募作品の他、フランスの重鎮作家さんの作品や、
オランダ、中国、アメリカの作家さんの作品も
迎えた、グローバルな展示みたいです 面白そう!!
【展示会期】
■平成28年8月3日(水)~14日(日)
午前10時~午後6時  9日(火)は休館日
■国立新美術館 3A展示室
The pilgrimage制作1
≪The pilgrimage≫パネル(F40)/ミクストメディア


最後に・・・「第48回欧美国際公募コルシカ美術賞展」に、
昨年出品した作品も入選させて頂き、
現在、フランスのバスティア市を初めとした各地で
展示されているみたいです
会期は、6月17日~26日となっているので、
もうすでに始まっちゃってるし、
簡単に見に行けれる展示ではありませんが・・・
(現地まで行ってみたかったな・・・)
パンフレットもフランス語だし、状況が分かりづらいのだけど、
ともかくも、多くの現地の方々に見て頂ければ嬉しいな
One Heart1
≪OneHeart≫パネル(F40)/ミクストメディア)


そして、また次の公募展に向けて制作中です 頑張ります  いつも訪問して下さる方々、本当に有難うございます

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

「銀ノ雫 -序-」 展

東銀座にある靖山画廊さんにお邪魔しました。
場所は、歌舞伎座正面の路地を少し入ったところ、
賑やかな通りから少し離れて、静かな場所にある
落ち着いた雰囲気の画廊さんです。
お邪魔した時、営業時間終了間際ぽかったんですけど、
何とか間に合いました
開催されていたのは、「銀ノ雫 -序-」 展
画廊さんのサイトによれば、
超絶技巧の作家と評される各ジャンルの
錚々たるメンバーが集い、初めてとなる小品のグループ展

といった展示会なのだそう
靖山画廊1

中に入ると、色々な分野の作品が展示されていました
再び、画廊さんのサイトによれば、
作家互選もあり、その緊張感がもたらす、
肌にぴりりとくるような刺激をぜひ、
この機会に感じていただければ幸いです
」とありました。
この「作家互選」という言葉が気になり、調べてみると、
この「銀ノ雫 -序-」 展は、
作家が選んだ作家さんによるグループ展、ということらしい。
画廊さんの意向とかでなく、作家が作家を推薦して、
そこから更に出品作家を選考していく・・・といったような、
非常にシビアで緊張感をはらんだ展示なのでした
銀の雫展1

↓↓↓・・・といった趣旨を知らず、榎俊幸先生のお作品が展示されてるということで観にきたのだけど・・・
全体のレベルの高さにビックリ!これだけのお作品を一度に拝見できる機会ってなかなかないかも・・・

(画像は、画廊さんに許可を頂いてアップさせて頂きました。反射して背景が写りこんでしまった画像があります、ゴメンナサイ!)
(作家さんの名前をクリックすると、作家さんのサイトか関連サイトなどに飛びます。)

小川泰弘 イデアの使徒
≪イデアの使徒≫小川泰弘
榎俊幸 おぼろび
≪おぼろび≫榎俊幸
後藤温子  雫
≪雫≫後藤温子

一番右の今井清香さんの切り絵作品、タイトルをメモるの忘れてました  細かい手仕事が凄いです・・・↓↓↓

秋濱克大  ひかりをみつけるそのときまで
≪ひかりをみつけるそのときまで≫
秋濱克大
小尾修  うつろう(オイルスケッチ)
≪うつろう(オイルスケッチ)≫小尾修
今井清香 切り絵
今井清香

大熊弘樹 code
≪code≫大熊弘樹
大畑稔浩 気配
≪気配≫大畑稔浩
島村信之 蝶三種
≪蝶三種≫島村信之

↓↓↓篠田教夫さんの「 夢のなきがらⅢ」、お客さんが写りこんでしまいました・・・
篠田教夫さんのお作品、ネットとかでよく見てたんですけど、実物を拝見したのは初めてだったから嬉しかったです

篠田教夫  夢のなきがらⅢ
≪夢のなきがらⅢ≫篠田教夫
中堀慎治 うつしみの季
≪うつしみの季≫中堀慎治

右画像、祝迫芳郎さんの立体作品、とても可愛くてカッコいいです
様々な動物をモチーフに、金属・箔・樹脂・木などを使い制作されている作家さんなのだそう。↓↓↓

勝田えみ recollection
≪recollection≫勝田えみ
祝迫芳朗 KYO-KEN~フレブルモンキー~No001
≪KYO-KEN~フレブルモンキー~No.001≫祝迫芳朗

右画像、河野甲さんの「風を読む」というお作品は、とてもファンタジックで素敵だと思いました。↓↓↓
革で、昆虫や動物をモチーフに造形作品を制作されている作家さんなのだそう
像の骨格?とか羽も美しく、何とかそこを綺麗に撮りたいと思い、下からパチリ

満田 晴穂 自在白扇潮招
≪自在白扇潮招≫満田 晴穂
河野甲 風を読む
≪風を読む≫河野甲


そして最後に、前原冬樹さんの「一刻 杯に花札 菖蒲 五月」 ↓↓↓
一目見た時、お作品に乾いた魅力を感じ、「お、男っぽい・・・」と思ってしまいました 色っぽすぎてドキドキするくらい・・・笑   
そして、価格が高額なことにビックリ
恥ずかしながら、前原冬樹さんのこと存じ上げなくて
帰宅後、調べてみたんですけど、
このお作品、全部、木から作られたものであるらしいです!?
花札もかな???価格にビックリしてる場合じゃなかった笑
(前原冬樹さんのことを紹介しているサイトを見つけたので、
貼らせて頂きます、ご興味のある方はコチラ
※画廊の方にお聞きするのを忘れていたので、
断定はできないのだけど<木で作られた
もし違っていたら申し訳ないので、
どなたかご指摘頂けましたら助かります

前原冬樹 一刻 杯に花札 菖蒲 五月
≪一刻 杯に花札 菖蒲 五月≫前原冬樹


「銀ノ雫 -序-」 展、とても贅沢な内容で見応えあるものでしたし、
作家の方々が年月をかけて取り組み制作されてきたこと・・・といった蓄積や時間の重みみたいなものを、作品に感じました。
タイトルにある雫(しずく)という言葉どおり、ギュッと濃縮された一滴の雫が、観る方にも広がりを与えてくれるような・・・
そんな展示会だったように思います

再び、画廊さんのサイトを見てみると、
構想から5年、「序 破 急」の第一弾となる-序-編が満を持しての開催となります。
この場限りの贅沢な空間は作家たちの戦場でもあります
」とありました。
ということは、また今後2回3回と続く展示であると。
そのたびに出品作家さんも再び選ばれて入れ替えされる・・・ということみたいです。
厳しい状況の中で選ばれていくわけだから、観る方も真剣に向き合わなければ・・・と思います  また次も絶対行こっと笑

今回の「銀ノ雫 -序-」展は、6月11日で会期が終了します。(いつも更新が遅くなって本当にゴメンナサイ汗)
続く2回め3回目の日程とか、詳しいことはまだ分からないのだけど、
ご興味のある方は、靖山(せいざん)画廊さんのHPサイトで、これからチェックされていって下さいな→ → →コチラ


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

アート雑記27

訪問頂いて有難うございます 今回もまた買ったものアレコレ記事です
↓↓↓まずは小説です。宮部みゆきさんの「ペテロの葬列」と「桜ほうさら」。
「ペテロの葬列」は、このシリーズを以前から読んできた私にとって、心が痛くなる内容でした・・・
宮部さんの優しい眼差しが溢れつつも、時に残酷・・・ (←でも、それが宮部さん小説のミリョク・・・?)
「桜ほうさら」の方は、知らなかったのだけど、以前にNHKのお正月時代劇ドラマにもなった小説なのだとか。
それでなくとも、宮部さんの時代小説は昔から好きなので即購入しました。今、読みふけっているところです

ペテロの葬列桜ほうさら

↓↓↓次に、画像左が村上春樹さんの「村上ラヂオ3―サラダ好きのライオン―」
挿絵に使われてる、大橋歩さんという方の銅版画がすごく可愛いいです

画像右が、篠田桃紅(しのだ とうこう)さんという美術家の方が書かれた「百歳の力」という自伝書です。↓↓↓
女性の方ですが、なんと御年103歳!(現在は104歳なのかな?)現役最高齢のアーティストさんでいらっしゃいます
戦後、42歳の時に渡米され「水墨の抽象画」というジャンルを確立、世界的にも高い評価を受けておられてる方です
本の内容は、一生宝物として持っておこうと思えるくらい励まされるものでした・・・!落ち込んだ時に何度も読み返したい
FC2ブログ「アラフォーからの自己メンテ」の管理人、文伽さんがもっと詳しく内容のことを紹介されていて、
この記事に触発され購入に至った訳ですが、本当に買ってよかったと思います ご興味のある方はコチラ

村上ラジオ3百歳の力

↓↓↓そして、よく行く大型画材店で買ったものたち。
この時、なんと90%オフセールをやってて、ブラっと立ち寄ったつもりがついつい長居するはめに・・・
左画像が、ルフランというフランス製の油絵具です
高価な絵具なんですけど、これが90%オフで売られてたので、片っ端からカゴに放り込んでいきました笑。
チューブパケがかなり変色してて古ぼけてるのだけど、中身は大丈夫なはず・・・?大事に使っていこうと思います
右画像が顔彩です。こちらはセールじゃなく定価で購入。とても気に入ってて毎回買ってしまう画材です。色もほんとに素敵

ルフラン油絵具顔彩オーロラ&パール

↓↓↓次は左画像の仮額。F80とF100号サイズの仮額も90%オフ
キャンバスにビス止めするタイプのものなのだけど、F80号で千円をきっている安さに負けて購入しました
右画像のよく分からない木箱も90%オフ。セールじゃなかったら絶対買ってないだろうなってくらい、定価の高さにビックリ!!
これに何か描いてみたいなと思い購入。可愛くできたら来年の展示に出そうかな

仮額F80F100特ライスボックス


そして最後に・・・
第17回日美絵画展に出品した絵が、入選との通知を頂き、
国立新美術館に展示されることが決定しました
去年も展示して頂いて、そして今年もと、
本当にありがたく嬉しく思います
展示日程は、また後日に詳しくアップさせて頂きます。
取り急ぎご報告まで
画像は、製作途中のものでゴメンナサイ!! → → →
今回は超慌しい制作だったので、完成画像はおろか、
写真をほとんど撮ってないんです・・・
The Secret Gardenアート雑記27 1
≪The Secret Garden≫厚口ワトソン紙(F30)/エボニーペンシル


ちょっとついでに・・・。こちらは、別の作品です。→ → →
上の日美絵画展の絵も、こちらの絵も、
描いたのはエボニーペンシル一本のみです
が、描いてる下地が違うため、
雰囲気が違ってくるのが面白いと思い、比較の意味でUP
絵の女性は、どちらも同じ人で、
昨年からモデルになって頂いてる
某アパレルのショップ店員N・Yちゃんです
彼女がいなかったら、多分作品が作れてないと思うので、
改めて、N・Yちゃんに感謝・・・!!
The pilgrimage制作1
≪The pilgrimage≫パネル(F40)/ミクストメディア

【5日に追記】
こちらの絵も、入選との通知が届きました!(第17回日本・フランス現代美術世界展) 良かった・・・

また今日からしばらくの間、公募展に出品する作品作り頑張っていきます。またまた更新が遅くなってしまうかもしれません
よろしくお願いします いつも訪問して下さる方々、本当に有難うございます


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します


web拍手 by FC2

 | HOME | 

AUTHOR

慧喜

Author:慧喜
広島県出身 関東住みです。
アートに関すること
アーティスティックな世界に触れて
自分が感じたことを
アップしていきます。
些細な足跡ですが
関わった全ての皆さんの
お役にたてますように 
(*≧∀≦*)

【PCでの閲覧を激しく推奨します】

ランキングに参加中です☆


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
どちらかをポチって頂けると、嬉しいです!┏(<:)

COUNT

TRANSLATION

CATEGORYS

TRACKBACKS

画家 榎俊幸さんのHPサイト

画家 安冨 洋貴さんのブログ

Pencil artist Ayumiさんのブログ

LINK


一年以上、アクセスを頂いてない場合は、外させていただくこともあります。ご了承下さい。

MAIL

SEARCH FORM

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 慧喜~Trip of the art All Rights Reserved.