慧喜~Trip of the art

国立新美術館にて 

ご訪問有難うございます 今回は、作品作りの合間の、ちょっと小休止的な記事になります
国立新美術館に行ってきました。まず入ったのは、「第62回 一陽展」という公募展覧会です。↓↓↓
一陽会(昭和30年に創立)という大きい団体が主催の展覧会ということです
↓↓↓一陽展の会期↓↓↓
■2016年9月28日(水)~10月10日(月・祝)まで(10月4日(火)は休館日)
■10時~18時(入館は17:30まで) 最終日10時~15時(入館は14:30まで)

20160928国立新美術館1一陽展入り口

↓↓↓会場内に入ると・・・凄い作品数  しかも作品のサイズが大きい (ほとんど100号以上かな?)
作品が大きいから、これだけ広い空間の中でもすごく見栄えがします・・・

一陽展会場2一陽展会場1

↓↓↓会場内、とにかく広いので歩きまわりまくり笑  
連なっている展示でも、一つ一つの作品が周りに影響されてないというか埋もれてなくて、燦然と個を放っているかのよう・・・

一陽展会場4
一陽展会場3

↓↓↓展示されているジャンルは、絵画・版画・彫刻みたいで、彫刻作品も広いスペースに展示されてました。
右画像、画面が小さいので分かりづらいですが、凄くレベルの高い鉛筆画で、作品の前に絶えず人が集まってました
作者は、福山歩由美さんという方で、調べてみたところブログを発見!このブログに掲載されている鉛筆画が凄すぎる
勝手にリンクさせて頂いても大丈夫かな?スイマセン ご興味のある方はクリック → → →福山歩由美さんのブログ
リンクの件、福山歩由美さんにご了承頂きました

一陽展会場5一陽展会場7

そして、こちらの彫刻作品のご紹介・・・。
リンクさせて頂いているFC2ブログ「ひだまりの花々」さんの、
管理人hiougiさんのお作品です
私は、彫刻のことはよく分からないのだけど、
ただ、顔を描くのよりはるかに難しそう・・・(当たり前か汗)
骨格や顔の造作によってできる影とか、とてもリアル・・・
そして、何か表情に感情が表れてるように思います。
今回、hiougiさんに一陽展のことを教えて頂いたことが、
足を運ぶきっかけになったので、本当に感謝感謝です
これまで知らずにきた世界に触れることができて
嬉しく思います。有難うございました
一陽展会場8

一陽展会場9
一陽展会場10

↓↓↓そして、現在、国立新美術館で開催されている企画展、
「アカデミア美術館所蔵  ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」を鑑賞してきました
本来なら一つの企画展について、じっくりと記事を作らせて頂きたいところなのだけど、忙しいので今回は記事作りは断念・・・
■会期は10月10日(月・祝)まで(10月4日(火)は休館日)

日本とイタリアの国交樹立150周年を契機とした、
アカデミア美術館所蔵品による本邦初の展覧会とのこと。
大きな見どころは、ヴェネツィア盛期ルネサンス最大の巨匠、
ティツィアーノが晩年に手掛けた祭壇画の大作
「受胎告知」(サン・サルヴァドール聖堂)→ → →
何よりも、絵の大きさにビックリしてしまいました

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たちパンフ
受胎告知
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ≪受胎告知≫
油彩/カンヴァス 410cm×240cm サン・サルヴァドール聖堂

↓↓↓そして、もう一つの企画展は「ダリ展」。 こちらの方も見たかったのだけど、時間の都合で断念・・・
スペインが生んだ奇才サルバドール・ダリ。
世界各国、そして国内から重要作品が集められ、日本では過去最大規模のダリ展になるのだそうです また来なくちゃ

↓↓↓ダリ展の会期↓↓↓
■2016年9月14日(水)~12月12日(月)まで(休館日は毎週火曜日)
■10時~18時(入館は17:30まで)毎週金曜は20時まで。10/21(金)、22(土)は22時まで。(入場は閉館の30分前まで)

ダリ展パンフ2ダリ展パンフ1

↓↓↓気がついたら、館内には閉館を告げるアナウンスが・・・。
外に出て美術館を見上げると、ライトが綺麗で思わず撮ってしましまいました。他の来館者の方々もいっせいにパシャパシャ
皆さん、うっとりしながら美術館を眺めてました。私も、夜までいたのは初めてだったのでちょっと感動しちゃった・・・
閉館後の美術館というのも、なかなかいいものですね

20160928国立新美術館220160928国立新美術館3

さぁ、作品作り頑張るぞ

【追記】
記事中でご紹介させて頂いた福山歩由美さんのブログで、私のブログを紹介して頂きました
めっちゃ嬉しい・・・歩由美さんありがとうございます ご興味のある方はクリック→ → → ペンシルアート@Ayumi.F

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

展示用作品2

訪問頂いて有難うございます
これから年末までブログにアップする記事は、ほとんどが展示用作品画像になってしまうと思いますがよろしくお願いします
さて、展示用作品、記念すべき第一作目はホタテの殻をモチーフにしましたが、二作目も同じものを描きました笑
一作目がちょっと納得いってないせいもあって、リベンジ的に・・・というのもあるのだけど、
それよりも、殻の色模様によほど魅せられてしまったのか、また描いてみたかったのです。(これからもまた描くかも・・・汗)

↓↓↓二作目に選んだのは、前回とは違う色模様の殻です。使う画材は同じアクリルガッシュです

ホタテ アクリル1-120160907人魚の忘れ物2

↓↓↓完成しました 今回は制作途中画像をほとんど撮ってないので・・・スイマセン
二作目は背景にピンク色を入れてみました 一作目と比べてちょっとロマンティックな感じになったかな・・・
タイトルに沿って、人魚が忘れていったもの(正確に言えばポロっとはずれちゃったもの笑)をイメージして仕上げました。

人魚の忘れ物Ⅱ
≪人魚の忘れ物Ⅱ≫(Lost item of the little mermaidⅡ)
パネル(F0)/アクリルガッシュ
人魚の忘れ物Ⅱ-1

人魚の忘れ物Ⅱ-2

しかし、ホタテの殻は相変わらず難しい・・・。
殻を上から見た時にふっくらと盛り上がってる、あのラインが今回もとうとう描けなかったです
固い殻と柔らかいフォルムの両立・・・そして複雑でいて美しい自然界の色・・・本当に描けるまではまだ時間がかかりそう・・・


でも、ともかくも二つの作品が並んで完成
年内までに作らないといけない作品は、
最低でも30点以上なので、
二作品ができたからといって
息をついてる暇なんかないのだけど、
ちょっとホッとしてます
まだまだ始まったばかり、頑張るぞ~~
焦る気持ちもあるのだけど、
絶対に手は抜かず頑張ります
(でも、小作品ばかりになるかも~汗)
来年の展示案内については、
下記にリンクを貼らせて頂きます。
よろしくお願いします↓↓↓
人魚の忘れ物ⅠとⅡ


■展示場所  たから園 現代工芸(栃木県小山市)
■会期     平成29年(2017年)の1月7日~15日 
延期になりました。会期は、また今後お知らせさせて頂きます。
ご迷惑おかけして申し訳ありません、よろしくお願いします!

(たから園さんについての前記事はコチラ、HPサイトはコチラ

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

展示用作品1

ご訪問有難うございます
これから年内まで、ブログにアップする記事は、
来年の展示に向けての作品画像ばかりになってしまうと
思いますが、お付き合い頂ければ嬉しいです
よろしくお願いします~
さてさて、少し前の話ですが、おつまみ用に買ったホタテ 
中身を頂いた後、殻を捨てようとしたら、
殻の色模様の美しさにクギヅケに・・・
これを絵に描きたい!と思い、
展示用作品、記念すべき第一作目のモデルは、
ホタテの殻にしようと決めました笑
ホタテ1

用意したのは、下地を作ったパネル板と、少し前に購入したターナーのアクリルガッシュ、ジャパネスクカラー「和」。
細かい粉を配合してる絵具らしく、ざらっとした質感に仕上がるのだそうで、殻を描くのにちょうどよかったかも・・・と思いきや、
いざ描き始めてみると、現物の殻と同じ色が作れず、しょっぱなから苦戦しました。
それもそのはず、買っておいた「和」の絵具はわずか数本。もっとたくさんの色を買っとけばよかったぁ・・・と後悔しました
仕方ないので、手持ちのアクリルガッシュを混ぜながら描いていったのだけど、それでも思ったような色が作れず
自然界が作り出す色は何と複雑なんだろうと、半ば感心しながらの制作スタートとなりました汗

ホタテ アクリル2
ホタテ アクリル3

それでも何とか殻を描いて(全然納得いってないんだけど)、次は真珠にとりかかりました
また、この真珠が難しかった・・・描いても描いても真珠のようにならないのです
イメージで何となくグレーがかった白なんだろうと簡単に思ってたのだけど、よっく見ると実に複雑な色をしてて、
角度を変えると、ベージュ色に見えたり黄色っぽく見えたり紫がかってたりと・・・。
だから、どちらかというと殻よりも真珠の方に手間取ってしまいました。

ホタテ アクリル4
ホタテ アクリル5

でも、何とか頭の中にあるイメージに近づけたい~~と、試行錯誤しながら完成させました
タイトルは「人魚の忘れ物」です
下地や画材の使い方を含め、ほとんど未知の世界を手探りで進め、何かを探し当ててていくような制作なので、
どうなることかと思ったけど、とりあえず第一作目完成~~
正直、自分の中では納得できる仕上がりじゃないのだけど汗、作品を数多く作っていかないといけないので、
これはこれでよしとして先に進むことにします。(でも、初めて作った小作品だからちょっと愛着も沸きます・・笑)
引き続き、頑張るぞ~~~

人魚の忘れ物Ⅰ
≪人魚の忘れ物Ⅰ≫(Lost item of the little mermaidⅠ)
パネル(F0)/アクリルガッシュ
人魚の忘れ物Ⅰ-1

人魚の忘れ物Ⅰ-2


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

下北沢でまったりと&カープ、リーグ優勝おめでとう!

ご訪問、有難うございます
来年一月の展示に向けて、制作した作品画像を
これからどんどんアップしていく予定・・・ですが、
まだできてないので、行った先アレコレ記事で

下北沢に行ってきました!日曜日だったのと、
何やらお祭りが開催されてたのもあってか、
駅前からとても賑わってました
人混みの中を歩いてると、某番組の撮影ロケにも遭遇!
TVでよく見るタレントさんを間近で見られてラッキーでした
20160904_下北沢駅

早速腹ごしらえに・・・と連れていってもらったのは、海鮮浜焼きのお店 呑み助さんたちらしいセレクトのお店です笑
看板を見ただけでお酒が進んでしまいそうなのがのが分かります・・・ 

20160904_海鮮浜焼き520160904_海鮮浜焼き1

新鮮な魚介類を網で焼き焼き、ビールをグイグイ、美味しい 貝の酒蒸しも最高・・・この出汁で雑炊を食べたかったかも。
お刺身は生でもちろん頂くのだけど、網でサッと焼いて食べると旨みが増して、これまた美味しい・・・

20160904_海鮮浜焼き320160904_海鮮浜焼き4

満腹になって向かった先は、「Reading Cafe ピカイチ」というお店。
俳優の赤星 昇一郎(あかぼし しょういちろう)さんが店長をされているのだそう。
ある時はバーやカフェになったり、演劇や音楽などのライブも行われたり、アートギャラリーにもなったりするのだとか
(ご興味のある方はクリック→ → → Reading Cafe ピカイチ
この日、「めのん!最高の夏にしようねノイローゼ2」というお芝居を観るために来たわけですが、
ステージと観客席の距離感が近すぎることにビックリ・・・(ちょうど照明が当たってる場所がステージです↓↓↓
この日の劇は、若手の女優さん3人による、それぞれの1人芝居でした。(オムニバス的な)
かなり至近距離での堂々とした演技に感心しながらも、酔って満腹になってた私はついウトウトする時も・・・(スイマセン)

20160904_Reading Cafe ピカイチ120160904_Reading Cafe ピカイチ2

劇が終わった後は、外に出てきてくれた女優さんたちをパチリ(皆、顔がちっちゃい・・・羨ましい
女子高生をテーマにした内容の劇だったので、制服の衣装を着ている皆さんなのだけど、すごく可愛くて似合ってました
左の女優さんが石井理紗さん、真ん中がイマハシミハルさん、右が真代さんです

20160904_女優さんたち120160904_女優さんたち2

お店を後にして歩き始めると、目の前をはっぴを着た人がたくさん!どうやら祭りに参加する人の休憩場所だったみたい。
後で分かったのだけど、この日は「北澤八幡神社 例大祭」というお祭りが開催されてたみたいです
下北沢エリアの鎮守である、北沢八幡神社の恒例のお祭りなのだとか。御神輿も活気があり、地元の人たちも楽しそうでした

20160904_下北沢お祭り120160904_下北沢お祭り2

・・・というわけで久々に充電できた感じで楽しい一日でした
さあ、制作頑張るぞ~~  次回記事から、作品をどんどんアップしていきたいと思ってます
もしかしたら、今年いっぱいほんとに作品だけの記事になっちゃうかもだけど・・・
でも沢山の方々にご訪問頂けると嬉しいです。 よろしくお願いします

【追記】
昨日(10日)、広島カープがセ・リーグ優勝しました
東京ドームまでは観にいけれなかったのだけど、テレビにかじりついてひたすら応援してました
(観客席がビッシリと赤に染まってたのが嬉しかった・・・カープファンやカープ女子の皆さんにもほんとに感謝・・・
優勝が決まった時、本当に嬉しかったです 特に黒田投手や新井選手の涙ぐむ姿に、私もついもらい泣き・・・
これから、クライマックスシリーズ、そして日本シリーズと続くけど、また緒方監督や黒田投手の胴上げを見たい!と願ってます
カープ頑張れ~~~~!

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

アート雑記28

ご訪問、有難うございます。またまた更新が止まってました
前回の公募展記事で、たくさんの方々にコメント頂いて
ランキングボタン&拍手ボタンも押して頂いて感謝です・・・
相変わらずバタバタしててどこにも行けてないので、
例によってアート雑記で・・・。(アート雑記助かる・・・笑)
まず、買ったものアレコレから・・・最初は本のご紹介です

島田荘司さんの「リベルタスの寓話」と「UFO大通り」の二冊。
島田さんの本は、内容もさることながら長編が多いのも好き。
読み応えあるし、繰り返し読んでも楽しめるんです
リベルタスの寓話&UFO大通り

そして、宮部みゆきさんの最新刊「希望荘」。
新刊が出ると文庫化されるまで待つのが常なのだけど、早く読みたくてハードカバーで買っちゃいました
左画像は、桐野夏生さんの「ハピネス」と「緑の毒」。桐野さんの本も昔から大好きで、文庫本が出るとすぐに買ってしまいます

宮部みゆきさん希望荘桐野夏生さんハピネス&緑の毒

そして、画材屋さんで買ったものたち。
右画像が、吉祥のチューブ絵具。水で溶くだけで手軽に使える・・・ということなので試しに購入
左画像が、ターナーのアクリルガッシュ、ジャパネスクカラー「和」。マットで微妙な色合いに魅かれて、何本か購入
細かい粉を配合してる絵具らしく、ざらっとした質感に仕上がるのだそうです。
色のネーミングも面白くて、「千歳緑」(せんざいみどり)、「猩々緋」(しょうじょうひ)、「香色」(こういろ)、「鉄紺」(てつこん)、
「苔色」(こけいろ)、「煙草色」(たばこいろ)、「憲法色」(けんぽういろ)などなど、素敵です・・・

20160725吉祥顔彩チューブ20160725アクリル絵具和

そして、今まで見たことなかったグレーのジェッソ。これは絶対に便利だと思い、即購入
あと、40号のパネル板。来年の公募展用に今から少しずつ買いだめ?しておいて、じっくりと下地を作っていこうと思ってます

グレージェッソ20160725F40パネル

そして唐突ですが、私の絵の先生、増山芳弘先生の新作2点をアップ。といっても、まだ制作途中らしいのですが・・・
自分の先生だから言うんじゃないのだけど、増山先生の作品、本当にいいとと思う
色々な色やアイテムが複雑に層を成して、厚みと深みを与えています(でも横から見たらペッタンコなのが不思議・・・)
お若い頃にグラフィック・デザイナーとして独立され、30年以上制作に携わってこられた増山芳弘先生。
長年の経験や蓄積、培われてきたセンスといったものが作品に滲み出ているかのよう。真似したくても、そう簡単には・・・汗

増山先生新作作品1増山先生新作作品2

そんな増山先生が、地元の宇都宮で経営をされてるお店、「アトリエテン」(アンティーク雑貨&ステンドグラス)でも、
たくさんの作品が展示されています。共同経営者の高崎洋子さんのステンドグラス作品も素敵です
(アトリエテンさんについての前記事はコチラ

そして先日、増山先生に美術に関する本をたくさん頂いたのだけど、その中にあったルドゥーテのバラ図録
バラの銅版画で有名なルドゥーテの図録で、ドイツのTASCHEN(タッシェン)社から出版されたものです。
ボタニカルアートの頂点を極め、「花のラファエロ」「バラのレンブラント」とも賞賛されたピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ
マリーアントワネットやナポレオン皇后のジョゼフィーヌからも愛され、宮廷画家としても活躍していたのだとか。
図録に載ってるバラはそのような古い時代に描かれたものらしく、現代のバラとは少し違う姿をしており、
交配に交配を重ねる前の一番古い原型ともいえるオールドローズ(古代バラ)の姿がたくさん残されています

ルドゥーテ バラ図録1ルドゥーテ バラ図録2

そしてそして最後に・・・
今年前半は、公募展に向けての制作がメインでしたが、後半からは来年の展示に向けて小作品をたくさん作っていく予定です。

■展示場所  たから園 現代工芸(栃木県小山市)
■会期     平成29年(2017年)の1月7日~15日 (たから園さんについての前記事はコチラ、HPサイトはコチラ

なので、今とりかかってるとこです焦。 画像は、さっそく購入したグレーのジェッソを使い、パネルに下地を作ったものです
下地がほんとに試行錯誤の連続で、なかなか思うようにいかないのだけど、何とか展示できるレベルになれたらいいな・・・
間に合うかな・・・って感じなんだけど、でももうやるしかない・・・頑張ります

グレージェッソで下地作りパネルFO下地完成20160811


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

 | HOME | 

AUTHOR

慧喜

Author:慧喜
広島県出身 関東住みです。
アートに関すること
アーティスティックな世界に触れて
自分が感じたことを
アップしていきます。
些細な足跡ですが
関わった全ての皆さんの
お役にたてますように 
(*≧∀≦*)

【PCでの閲覧を激しく推奨します】

ランキングに参加中です☆


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
どちらかをポチって頂けると、嬉しいです!┏(<:)

COUNT

TRANSLATION

CATEGORYS

TRACKBACKS

画家 榎俊幸さんのHPサイト

画家 安冨 洋貴さんのブログ

Pencil artist Ayumiさんのブログ

LINK


一年以上、アクセスを頂いてない場合は、外させていただくこともあります。ご了承下さい。

MAIL

SEARCH FORM

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 慧喜~Trip of the art All Rights Reserved.