慧喜~Trip of the art

山内 康嗣展~見える日常/見えない日常

西荻窪にあるガレリア青猫さんにお邪魔しました。開催中の個展は「山内 康嗣展~見える日常/見えない日常」
ちょうど、最終日で、山内さんご本人が在廊されていたので、色々なお話を聞かせて頂きました

プラスとマイナス、穏やかさと毒など、
相反する要素が混在する日常の中で、
我々の脳は常に混乱し模索しながら生きている。
その対比があらわになった時に
ふっと沸く気持ちが私は好きである。
その時の予想外の感覚にニヤリとするのである。
見方を変えれば「日常の中の見えなかったもの」は
違った角度から見えてくる。
今回の展示で、あなただけの視覚体験をして頂ければ幸いである。
山内 康嗣(やまうち やすし)

(案内ハガキから抜粋)


ガレリア青猫20160328
山内康嗣展 見える日常見えない日常 案内ポストカード

↓↓↓展示されていたのは、何やら不思議な絵・・・
虫が飛んでるの?ポップアート?みたいな感じかと思いきや、タイトルを見てちょっと意表をつかれてしまいました
手前に浮かんでいるような物体は、空気の中をとんでいる大気汚染物質の分子構造の模式図なのだとか。

春の散歩道#12 水分子
≪春の散歩道#12 水分子≫2016年
春の散歩道#11 三酸化硫黄分子
≪春の散歩道#11  三酸化硫黄分子≫2015年

山内さんは、四季折々の美しい風景を描きながら、その中に存在する見えない現実を描かれているのです。
色のついた分子マークは、赤は酸素、黒は炭素、白は水素、青は窒素、緑はフッ素、黄色は硫黄ということなのだそう。

夏の散歩道#10 アルカン分子
≪夏の散歩道#10 アルカン分子≫2016年
夏の散歩道#8 ホルムアルデヒド分子
≪夏の散歩道#8 ホルムアルデヒド分子≫2016年

更に、背景の景色は遠近法で描かれ、フィルタをかけたようにぼかされています。
それはあたかも、汚染されてよどんだ空気越しに美しい風景を見ているような視覚効果を生み出しています・・・
背景の景色は、山内さんのご自宅周辺の日常的な町並みや季節の移り変わりなどが描かれています。
そんな穏やかな世界の中に、不気味に浮かびあがる汚染分子たち・・・視覚的には意表をつかれます
ですが、私達の周りに空気が満ちあふれているように、当たり前のように混在している汚染分子・・・。
そのような中に生きている自分だということを考えさせられます。

秋の散歩道#6 ホルムアルデヒド分子
≪秋の散歩道#6 ホルムアルデヒド分子≫2015年
秋の散歩道#9 アルカン分子
≪秋の散歩道#9 アルカン分子≫2016年

そして、作品は全てアクリルガッシュで着色されています。鮮やかで強い色味ですが、
背景には柔らかくて穏やかな四季を感じ、大気汚染物質の方には毒々しさを感じてしまうのが不思議です

冬の散歩道#5 フッ化水素分子
≪冬の散歩道#5 フッ化水素分子≫2015年
冬の散歩道#3ホルムアルデヒド分子
≪冬の散歩道#3ホルムアルデヒド分子≫2014年

↓↓↓そして、展示作品を鑑賞した後、過去の作品をまとめたファイルも見せて頂いたところ・・・凄すぎてビックリ
まず、デッサンの凄さに目を奪われて、徐々に画面から発散する不思議な迫力に飲み込まれてしまいそうに
実際は、かなり大きなキャンバスに描かれてるとのこと、
ファイルのビニールごしに撮った画像なんですけど、この超緻密な描写と濃厚なボリューム感伝わりますでしょうか・・・

一億総ロケット出勤図
≪一億総ロケット出勤図≫
大東京漂流伝
≪大東京漂流伝≫

企業戦士尽死散 其之弐
≪企業戦士尽死散 其之弐≫
企業戦士尽死散 其之参
≪企業戦士尽死散 其之参≫

武斬魔スモッグビジョン1
≪武斬魔スモッグビジョン≫
武斬魔スモッグビジョン2

展示作品とはまた違った意味で、過去に制作された作品はかなりストレートに社会派です

右の「大溶解日本列島史」という作品は、
自給力の低い日本が経済大国として発展してこれたのは、
「工業力」という国力があったからこそで、
その工業力が、今後は中国やインドに移ろうとしている・・・
その危機的状況を表現されたのだとか。→ → →
江戸時代後期の絵師、鈴木其一(すずき きいつ)の
群鶴図屏風」をベースにされた作品なのだそう。

↓↓↓下の「企業戦士尽死散」という作品。
資本主義のわが国では、利潤の追求に邁進することにより、
日本経済を大きく発展させた。その発展の裏側には、
生きる労働力一人一人の壮絶な闘いがあり、
また社会の大きな波に押し潰され、力尽きる者も数多くいる。
この作品は、過労死をストレートに表現している。
この絵をじっと凝視し、
男の背負い込んだ人生の背景が見えてくる事で
この作品は初めて完結する。
」(キャプションより抜粋)

企業戦士尽死散
≪企業戦士尽死散≫
大溶解日本列島史
≪大溶解日本列島史≫

「核愛守護龍神団」という作品からは、作品に真摯に打ち込む山内さんの姿勢が感じられます。(大きさがF100号二枚分!)

この作品は、2011年3月11日に発生した東日本大震災をテーマにしたものである。多数の作家が取り組んだテーマであり、
私もその1人であるのだが、独りで静かに生きていく覚悟を決めつつある人間の視点は、作品もまたエゴイスティックなのである。
しかし、過去に2度命を落としかけた私は生死の分岐点にあるブランコに乗り、死への恐怖心を失うと同時に、
生への意味を常に追い求めている人間だ。
だから、外界の一般意識を突き破ってしまった今、自身の人生の全責任を負って掛けようとするこの覚悟には、
一切の保身がないのだ・・・それだから、野垂れ死にも厭わない。
そういう覚悟だから、今回震災をテーマにすることを死者たちに許して欲しいのだ。
震災時、生死の暖簾(のれん)に「こんにちは」を繰り返す人々を見た時、
決して他人事ではないあの日の私の映像が鮮明によぎり、そしてうな垂れた。
死者たちよ、私が今こうして生きている証を、描かせて下さい!
」 (キャプションより抜粋)

核愛守護龍神団
≪核愛守護龍神団≫

最後に・・・山内康嗣(やまうち やすし)さんご本人です。
ご出身は、福岡県ということです+.(*'v`*)+
社会派アーティストというと堅苦しく思う人もいるかもですが、
人当たりがソフトで、とても親しみやすくお優しい方でした
知性的で、精神の柔軟な作家さんという印象です。
硬質な作品の中に見え隠れする柔らかな矜持・・・
そんな作品とお人柄で、
これからもファンが増えていかれることと思います
そんな山内康嗣さんのHPはコチラ↓↓↓
山内康嗣さんオフィシャルサイト
山内康嗣さん
もうすでに、各方面で活躍されている作家さんなので、サイトも見応えありますょ
GALLERY TAGBOAT(タグボート)というアート販売サイトでも、作品を販売されています。ご興味のある方はコチラ

色々とお話をさせて頂いて本当に有難うございました  ガレリア青猫さんのオーナー山本氏にも感謝です・・・

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

コメント

すごい世界感

お久しぶりです、この絵はすごい世界感ですね。想像絶します^^;画家さんにんも様々な画風の方がいらっしゃいますから、楽しみの一つですね。
ところで、今年の日美展は応募しますか?自分は、先日、応募届けしました。今回は自分の画風で描きましたので、上位賞を狙っています^^

藤田さん

コメント有難うございます!

お久しぶりですね~!

<この絵はすごい世界感ですね
<ですよね!
発想や色使いとかは大胆で、描写など細かいところとても繊細で。
本当に色々なタイプの作家さんがいて、
それぞれ、独自性を持ってて・・・それが面白いですね。

<今年の日美展は応募しますか
<実は、明日から描き始めるんです^^;
藤田さんはもう出されたのですね、凄い!
日美展は、今年も絶対に出したいな~と思ってはいたものの、
先月から別に作品を描くことが増え、
それが思ったより時間がかかりそうなので、
日美展の方を諦めようかと思ってたんです:;
でも、思い直し(というか、自分に鞭打つような感じで笑)
明日から描いて、何とか間に合わせたいと思います><

<今回は自分の画風
<お~~♪それは楽しみです!
藤田さんの絵でしたら、必ず上位にいかれると思います^^v

:*:・'゜ (〃ゝ∇・)ゞアリガトン♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

こちらの方に有難うございました!

またお邪魔させて頂きますね!

ヾ(❀╹◡╹)ノ゙❀アリガトン❀

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eki12.blog.fc2.com/tb.php/103-2031c0c9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

AUTHOR

慧喜

Author:慧喜
広島県出身 関東住みです。
アートに関すること
アーティスティックな世界に触れて
自分が感じたことを
アップしていきます。
些細な足跡ですが
関わった全ての皆さんの
お役にたてますように 
(*≧∀≦*)

【PCでの閲覧を激しく推奨します】

ランキングに参加中です☆


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
どちらかをポチって頂けると、嬉しいです!┏(<:)

COUNT

TRANSLATION

CATEGORYS

TRACKBACKS

画家 榎俊幸さんのHPサイト

画家 安冨 洋貴さんのブログ

Pencil artist Ayumiさんのブログ

LINK


一年以上、アクセスを頂いてない場合は、外させていただくこともあります。ご了承下さい。

MAIL

SEARCH FORM

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 慧喜~Trip of the art All Rights Reserved.