慧喜~Trip of the art

アート雑記28

ご訪問、有難うございます。またまた更新が止まってました
前回の公募展記事で、たくさんの方々にコメント頂いて
ランキングボタン&拍手ボタンも押して頂いて感謝です・・・
相変わらずバタバタしててどこにも行けてないので、
例によってアート雑記で・・・。(アート雑記助かる・・・笑)
まず、買ったものアレコレから・・・最初は本のご紹介です

島田荘司さんの「リベルタスの寓話」と「UFO大通り」の二冊。
島田さんの本は、内容もさることながら長編が多いのも好き。
読み応えあるし、繰り返し読んでも楽しめるんです
リベルタスの寓話&UFO大通り

そして、宮部みゆきさんの最新刊「希望荘」。
新刊が出ると文庫化されるまで待つのが常なのだけど、早く読みたくてハードカバーで買っちゃいました
左画像は、桐野夏生さんの「ハピネス」と「緑の毒」。桐野さんの本も昔から大好きで、文庫本が出るとすぐに買ってしまいます

宮部みゆきさん希望荘桐野夏生さんハピネス&緑の毒

そして、画材屋さんで買ったものたち。
右画像が、吉祥のチューブ絵具。水で溶くだけで手軽に使える・・・ということなので試しに購入
左画像が、ターナーのアクリルガッシュ、ジャパネスクカラー「和」。マットで微妙な色合いに魅かれて、何本か購入
細かい粉を配合してる絵具らしく、ざらっとした質感に仕上がるのだそうです。
色のネーミングも面白くて、「千歳緑」(せんざいみどり)、「猩々緋」(しょうじょうひ)、「香色」(こういろ)、「鉄紺」(てつこん)、
「苔色」(こけいろ)、「煙草色」(たばこいろ)、「憲法色」(けんぽういろ)などなど、素敵です・・・

20160725吉祥顔彩チューブ20160725アクリル絵具和

そして、今まで見たことなかったグレーのジェッソ。これは絶対に便利だと思い、即購入
あと、40号のパネル板。来年の公募展用に今から少しずつ買いだめ?しておいて、じっくりと下地を作っていこうと思ってます

グレージェッソ20160725F40パネル

そして唐突ですが、私の絵の先生、増山芳弘先生の新作2点をアップ。といっても、まだ制作途中らしいのですが・・・
自分の先生だから言うんじゃないのだけど、増山先生の作品、本当にいいとと思う
色々な色やアイテムが複雑に層を成して、厚みと深みを与えています(でも横から見たらペッタンコなのが不思議・・・)
お若い頃にグラフィック・デザイナーとして独立され、30年以上制作に携わってこられた増山芳弘先生。
長年の経験や蓄積、培われてきたセンスといったものが作品に滲み出ているかのよう。真似したくても、そう簡単には・・・汗

増山先生新作作品1増山先生新作作品2

そんな増山先生が、地元の宇都宮で経営をされてるお店、「アトリエテン」(アンティーク雑貨&ステンドグラス)でも、
たくさんの作品が展示されています。共同経営者の高崎洋子さんのステンドグラス作品も素敵です
(アトリエテンさんについての前記事はコチラ

そして先日、増山先生に美術に関する本をたくさん頂いたのだけど、その中にあったルドゥーテのバラ図録
バラの銅版画で有名なルドゥーテの図録で、ドイツのTASCHEN(タッシェン)社から出版されたものです。
ボタニカルアートの頂点を極め、「花のラファエロ」「バラのレンブラント」とも賞賛されたピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ
マリーアントワネットやナポレオン皇后のジョゼフィーヌからも愛され、宮廷画家としても活躍していたのだとか。
図録に載ってるバラはそのような古い時代に描かれたものらしく、現代のバラとは少し違う姿をしており、
交配に交配を重ねる前の一番古い原型ともいえるオールドローズ(古代バラ)の姿がたくさん残されています

ルドゥーテ バラ図録1ルドゥーテ バラ図録2

そしてそして最後に・・・
今年前半は、公募展に向けての制作がメインでしたが、後半からは来年の展示に向けて小作品をたくさん作っていく予定です。

■展示場所  たから園 現代工芸(栃木県小山市)
■会期     平成29年(2017年)の1月7日~15日 (たから園さんについての前記事はコチラ、HPサイトはコチラ

なので、今とりかかってるとこです焦。 画像は、さっそく購入したグレーのジェッソを使い、パネルに下地を作ったものです
下地がほんとに試行錯誤の連続で、なかなか思うようにいかないのだけど、何とか展示できるレベルになれたらいいな・・・
間に合うかな・・・って感じなんだけど、でももうやるしかない・・・頑張ります

グレージェッソで下地作りパネルFO下地完成20160811


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

コメント

コメントをありがとうございました。

九月下旬から開催の公募展(国立新美術館)出品作品二点を仕上げました。
石膏の直付けでその上にポスターカラーで着彩して仕上げています。
モデルは使わずアトリエの中での制作です。
日美絵画展のデッサン部門+第17回日本・フランス現代美術世界展」へのご入選、おめでとうございます。加えてイタリア開催の「イタリア美術賞展」での展示にも推薦とのこと、素晴らしいですね。≪The pilgrimage≫、深い表現力に惹かれます。励みとしたいと思います。

目標に向かって

来年の公募展用や個展用にと、着々と計画が進んでいるようですね。
年末年始は忙しくなりそうですが、良い誕生日が迎えられそうですね!!
目標に向かって、あと4ヶ月頑張って下さい。遠くから応援してま~す。

叶うなら?慧喜さんの時の展示案内の立て看板は殺風景にならないよう(笑)
民芸調のお洒落な看板にしたいな~、これも作品の一つ(笑)

hiougiさん

こちらの方に返信を有難うございました!

<九月下旬から開催の公募展
<ググッてみました^^下旬から・・・ということですから、
自由美術展と一陽展・・・ですか?
ちょうど、作品ジャンルの中に彫刻、立体とあったのでそうかなと^^;
面白そうな公募展なので、会期中に行ってみたいと思います♪
他の方々が出品されてる公募展情報などとても参考になります^^

<石膏の直付けでその上にポスターカラーで着彩
<モデルは使わずアトリエの中での制作です。
<ポスターカラーで色をつけられるのですね。
モデルさんを使わずというのが凄いです!
私は、彫刻をやったことがないから見方とか何も分からないのだけど、
画像で拝見したお作品、しっかりした骨格の中に柔らかさを感じました。
あと、目に感情の光?みたいなものも感じ、生きているような瑞々しさを感じました。
(素人の感想で申し訳ないのですが・・・汗)
バラ一輪と写した画像も、素敵でしたね!
あのような構図を参考にさせて頂きたいです^^;

<≪The pilgrimage≫、深い表現力に惹かれます
<私の作品も見て頂いて有難うございます!
深みのある作品になるよう(多分そこだけを目指して)試行錯誤しています。
なかなか思うようにはいっていないので、
そう言って頂けると少しは表現できたのかなと、
ほんとに嬉しく思いますし、こちらの方こそ励みになります!
有難うございます。><。

゚・✿ヾ╲(。◕‿◕。)╱✿・゚:✲:アリガトンデシ♬♫♬

mnsuisaiさん

コメント有難うございます!

mnsuisaiさんの作品から、一足早く秋を感じさせて頂きました^^v
透明水彩だと、なおさら美味しそうにみえますね!<ワイン

<着々と計画が進んでいるようですね
<そうなんです!
特に公募展は、早く準備するのにこしたことはないと思い^^;
下地の土台さえ作っておけば、とりあえず気持ちだけは落ち着くので笑

<年末年始は忙しくなりそうですが、良い誕生日が迎えられそうですね
<ですね!だから帰省は多分できないと思います^^;
私のことだからギリギリまで焦りまくってるような気がするし・・・汗
誕生日、覚えてくださってて有難うございます♪
ちょうど展示中に誕生日を迎えるので、
色々な意味で記念となる展示になるかも・・・^^;
4ヶ月しかないので焦りますが、決して手は抜かず頑張っていきます。
応援、ほんとに有難うございます><

<慧喜さんの時の展示案内の立て看板は殺風景にならないよう(笑)
<民芸調のお洒落な看板にしたいな~、これも作品の一つ(笑)
<立て看板、オーナーさんが作って下さるみたいなのでお任せで・・・^^;
すごく目立つように作って下さるみたいなので、結構楽しみです笑

このような感じで・・・^^;
↓↓↓
http://eki12.blog.fc2.com/blog-entry-82.html

ヾ(❀╹◡╹)ノ゙❀~~~アリガトントンー♪♪♪

慧喜さん
こんばんは
ルドウーテの植物画、いいですよね。
自分は、塗り絵でルドウーテのバラを描いたことがあり、凄く色の勉強になったと思います。
慧喜さんは、本当に精力的に次の公募展や個展に向けて取り組んでいて、感心させられます。
また、素晴らしい作品をブログで拝見するのを楽しみにしています。

Y画伯さん

コメント有難うございます!

<塗り絵でルドウーテのバラを描いたことがあり
<ルドウーテいいですよね~~><
図録を見てると花も勿論、葉っぱなどの細かい描写も凄いと思いました@@
お描きになられたことがあるんですね!
ルドウーテの塗り絵って、何だかとてもオサレな・・・^^;
確かに色の勉強になるかもですね^^
花弁の一枚一枚に美しいグラデーションが広がってて、
透き通るような色がほんとに綺麗だと思いました。
今のバラのようにカラフルなバリエーションとかはないのだけど、
あの野生的でクラシックな感じがとても好きです^^v

<本当に精力的に次の公募展や個展に向けて取り組んでいて
<有難うございます~><
自分ではまだまだ足らない・・・と思ってるのだけど^^;
とにかく時間を無駄にしないように・・・と焦りながらやってる感じです笑

ところで、Y画伯さんの海の絵は凄かったですね・・・!!
ちょうど、ブログで拝見してコメントさせて頂こうと思った矢先に、
ちょっとバタバタすることがあって、タイミングを失ってしまいました汗
あの絵も水彩画ですか?海の色がとても鮮やかでしたね!
継続して描き続けることの大切さを改めて実感しました><
ほんとに素晴らしい絵を有難うございます!
私も頑張らねば・・・!

゚・:,。(✿ฺ❂ฺ◡ฺ❂ฺ)゚・:,。アリガトントン✿ฺ✿ฺ✿ฺ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eki12.blog.fc2.com/tb.php/116-c8e209b4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

AUTHOR

慧喜

Author:慧喜
広島県出身 関東住みです。
アートに関すること
アーティスティックな世界に触れて
自分が感じたことを
アップしていきます。
些細な足跡ですが
関わった全ての皆さんの
お役にたてますように 
(*≧∀≦*)

【PCでの閲覧を激しく推奨します】

ランキングに参加中です☆


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
どちらかをポチって頂けると、嬉しいです!┏(<:)

COUNT

TRANSLATION

CATEGORYS

TRACKBACKS

画家 榎俊幸さんのHPサイト

画家 安冨 洋貴さんのブログ

Pencil artist Ayumiさんのブログ

LINK


一年以上、アクセスを頂いてない場合は、外させていただくこともあります。ご了承下さい。

MAIL

SEARCH FORM

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 慧喜~Trip of the art All Rights Reserved.