慧喜~Trip of the art

アート雑記29

ご訪問、有難うございますまだ次の作品ができてないので、ツナギっぽいですが、今回はアート雑記で・・・笑


まず、買ったものアレコレですが、
ホルベインのアクアオイルカラー、
「デュオ」という商品です。
水で溶ける油絵具なのだとかで、筆も水で洗えるそう
前からすごく気になってて、
つい先日油彩アレルギーが出てしまったこともあり、
試しに、好きな色ばかりだけど何本か買ってみました
使ってみてよい感じだったら、
色を揃えていきたいと思います。

そして、ダーウェントのグラフィックペンシル。
鉛筆はハイユニが人気だとかで、
はじめはそちらを買うつもりでいたのだけど、
横にあったダーウェントが気になってしまい笑。
手持ちのダーウェントの色鉛筆が描きやすいので、
鉛筆もそうなのかな?と・・・
一本一本のバラ売りだったのだけど、
9Hから9Bまで全部買ってしまいました
まともに鉛筆を持ったのは、これが初めてかも笑
ダーウェントグラフィックペンシル


そしていきなりですが、私の絵の先生、増山芳弘先生のNEW作品
左画像の女性の絵は、まだ制作途中とのこと 
板に油彩でサラッと描かれてるのだけど、深みがあって素敵ですよね
右画像の二作品も、独特なマチエールによる効果もさることながら、色の組み合わせなど本当に美しい・・・
(増山芳弘先生についての前記事はコチラコチラでも作品画像をアップさせて頂いてます)

20160908_増山先生作品420160929_増山先生作品1
20160908_増山先生作品2


その増山先生に、先日頂いたのが、「ゼンタングル」という本 (株式会社ブティック社発行)


ゼンタングルとは何ぞや?という感じなのですが、
基本的に紙にペンのみで、
簡単なパターンを繰り返し描いて、
美しいアート作品を完成させるというものらしいです。
「精神を集中して無我の境地に入る」=禅(Zen)と、
Tangle(絡まる)を合わせた造語だとかで、
心と体を緊張とストレスから解き放ち、
日常生活で取り入れるリラクゼーションの方法として、
アメリカで考案されたのだそう
ゼンタングル1

芸術的素質など全く必要なく、決め事もない、考えなくともよい、そして結果も求めなくてもいい・・・
むしろ結果を考えないことで描く工程そのものを楽しんでいく、
それが精神をリラックスさせ、心を穏やかに安定させていく・・・
といった、心の癒しと解放を目的としたアートメソッドなのだとか
失敗という概念もないので、消しゴムや修正ペンなども全く使わなくていいのだそう
人生の過去が消せないのと同様、描いた跡も消さずともよく、
継ぎ足すようにそこから何かを描いていけばいい、ということです。

描いていくことで、あるがままの自分を自覚し、受け入れていくことが目的なのだとしたら、
このゼンタングルメソッドは、ヒーリング効果とかそれ以上に、
生きていく上でプラス効果になるような、大きな価値をもたらしてくれそうな気がします

ゼンタングル2ゼンタングル3

ちなみに、欧米には禅センターというものがあるくらい、今や世界中で知られている禅(Zen)。
メディテーション(瞑想)による精神の安定や充足感などを、求めている人が多いと聞きます。
そんな禅の思想を世界に広めた日本人の方が二人いらっしゃいます

鈴木大拙(だいせつ)さん=1870~1966  仏教学者、著書は「Zen and Japanese Culture」、
鈴木俊隆(しゅんりゅう)さん=1905~1971 曹洞宗僧侶、著書は「Zen Mind、Biginner’s Mind」

鈴木大拙氏の方は、主にアメリカやヨーロッパに禅を紹介し、
鈴木俊隆師の方は、その著書がアップル社創業者、故スティーブ・ジョブズ氏に影響力を与えたことで有名です
この俊隆師が亡くなられて何十年たった今でも、多くの外国人よって禅の思想は受け継がれていっているとか。
こういうのって不思議ですよね、自国の宗教(キリスト教など)では得られないものが、禅にはあるのかな
何か手ごたえを感じるものがあるから、ここまで受け継がれていってるのだろうし、
「ゼンタングル」のように、積極的に取り入れられて、脈々と生き続けていく・・・。
というか、そもそも禅って何なんだろう・・・?日本人なのによく知らなかったりして・・・
仏教の教えなのか、それとも思想的なものなのか、イマイチ分からない感じです。
私もW鈴木さんの本を買ってみようかな

と、またまた長くなってしまいました 引き続き、制作頑張ります

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

コメント

おはようございます。

レリ-フは型どり法を採っていますので、楽しんで簡単に作ることが出来ます。
掲載の増山芳弘先生の作品、素敵ですね。他にも検索して見ることにします。
『鈴木大拙  現代日本思想体系8 筑摩書房 1969年 初版第十刷』がまだ手元にあります。学生時代に購入したものです。読書の秋、今ひとたび開いてみることにします。
「ゼンタングル」初めて知りました。

無我の境地

慧喜さん、こんにちは。

デュオでアレルギーの解消が出来ると良いですね!!
強い匂いも無く、水で滲みも出来るので表現にも幅が広がりますよ。

鉛筆9H~9Bまで揃えると“描くぞ~”って意欲が湧きそ~(笑)

禅(Zen)と、Tangle(絡まる)を合わせた造語「ゼンタングル」って
完成品はパターンアートやヒーリングアート作品なのでしょうね?
ただし、完成は求めず夢中になって描き進めていくことで無心になり
その一瞬でも心が癒される・・・その瞬間が「無我の境地」なのかな?

あと2ヶ月・・・迫ってきましたね!!頑張って下さい。

hiougiさん

コメント有難うございます!

<レリ-フは型どり法を採っていますので
<そうなんですね^^
私は手順とかよく分からないのだけど、型を作るのも結構難しそうに思います^^;
レリーフにすることによって、花の生命感がより鮮やかに際立って見えました。

<掲載の増山芳弘先生の作品、素敵ですね。他にも検索して見ることにします。
<有難うございます!増山先生もきっとお喜びになると思います^^v
記事中に、増山先生の前記事のリンクを貼らせて頂いたので、
またご覧になって頂ければ嬉しいです♪

<『鈴木大拙  現代日本思想体系8 筑摩書房 1969年 初版第十刷』
<難しそうな本ですね@@
初版第十刷というのは、初版から数えて10冊め・・・?という意味なのでしょうか?
何かとても貴重な本のように思います。
そういう本をずっとお持ちになられているのもまた凄い・・><
W鈴木氏の著書は、ほんとに面白そうで、ネットで買ってみようと思ってます^^
読書の秋ですから、通常よりも殊更に本が面白く感じられそうですね^^;

<「ゼンタングル」初めて知りました。
<私も知りませんでした笑 調べてみると結構前からあるみたいです^^;
記事の一番上にあげたアクアオイルカラー「デュオ」も、アメリカで開発されたもので、
アレルギー体質の人や環境に向けて配慮した油絵具なのだそうです。
ゼンタングルもそうだけど、アメリカという国の起動力というか、
時代に即応した発想を、すぐに形にしてしまうパワーって凄いなと思います^^

✿ฺ(pq◕ฺ∀◕ฺ*)アリガトントン♬♬♬

mnsuisaiさん

コメント有難うございます!

<デュオでアレルギーの解消が出来ると良いですね!!
強い匂いも無く、水で滲みも出来るので表現にも幅が広がりますよ。
<滲みもできるんですよね^^これもすごく楽しみです。
色々な画家の方の絵を見てきて(主に外国の)、いいな~!と思う絵って、
必ず水彩絵具を使った(または取り入れた)ものばかりなのが、
実は自分でも気になってたんですーー;だから、油彩と水彩の両方を
実現できるっぽいDUO、まだ使ってないのだけど、すごく期待してるんです笑

<鉛筆9H~9Bまで揃えると“描くぞ~”って意欲が湧きそ~(笑)
<やっと、揃えられた・・・という感じで^^;
鉛筆も好きな画材だから、これも色々使っていきたいです・・・><

<禅(Zen)と、Tangle(絡まる)を合わせた造語「ゼンタングル」って
完成品はパターンアートやヒーリングアート作品なのでしょうね?
<そうみたいですね^^私も詳しくは分からないのだけど、
自分がいいと感じるパターンで描いていくことがポイントみたいです。
失敗と同様、成功という概念もないみたいで、
ほんとに「あるがまま」ということなんでしょうね^^;
どのように展開していくか考えずに、自分の描く線に委ねればいいのだから
これはとても深い意味を持つアートセラピーのように思います。
日本でも、もっと広がればいいな~って思いました^^;

あと2ヶ月・・・迫ってきましたね!!頑張って下さい。
<そうなんですよ:;気持ちがほんとに焦ります。
30点以上は無理かもしれません笑
しかし、やはり数よりもクオリティを大事にしたいです・・・汗

ヾ(✿❛◡❛ฺฺ)ノアリガトントン~♥♥♥

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eki12.blog.fc2.com/tb.php/124-5f995176

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

AUTHOR

慧喜

Author:慧喜
広島県出身 関東住みです。
アートに関すること
アーティスティックな世界に触れて
自分が感じたことを
アップしていきます。
些細な足跡ですが
関わった全ての皆さんの
お役にたてますように 
(*≧∀≦*)

【PCでの閲覧を激しく推奨します】

ランキングに参加中です☆


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
どちらかをポチって頂けると、嬉しいです!┏(<:)

COUNT

TRANSLATION

CATEGORYS

画家 榎俊幸さんのHPサイト

LINK


一年以上、アクセスを頂いてない場合は、外させていただくこともあります。ご了承下さい。

MAIL

SEARCH FORM

俵屋工房さんの技法DVDビデオ


技法DVDビデオの内容については コチラ

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 慧喜~Trip of the art All Rights Reserved.