慧喜~Trip of the art

こうごみつる個展(DORADO GALLERY)

早稲田のDORADO GALLERY (ドラードギャラリー)
さんにお邪魔しました。
開催されていた展示は、「こうごみつる個展」です
オーナーの小原聖史(おはら きよし)さんは、
ドラードPARIS展開催(←スゴイ!)で、
パリに出向かれてるため、お会いできなかったのだけど、
こうごみつるさんご本人にお会いできました

20161108ドラードギャラリー
こうごみつる個展1
こうごみつる個展DM

左画像の一番左の方がこうごみつるさん、真ん中は娘さん 
娘さんにはよく絵のモデルになってもらってるのだそう
みつるさんとはフェイスブックでお友達になって頂いてて、そちらの方でいつも作品を拝見し、
コメントとかでやりとりをさせてもらっていたので、何か初めて会った気がしませんでした

こうごみつる個展2こうごみつる個展3

そして、みつるさんのお作品を一挙にご紹介
といっても、お話するのに夢中になって、パシパシ写真を撮ったつもりが実はあまり撮ってなかったという・・・汗
もっとご覧になりたい方は、こうごみつるさんのHPサイトへGO → → →コチラ

夢
≪夢≫
ぼくの空
≪ぼくの空≫

下画像の作品2つは、下地に銀箔を使い、油彩で描いていらっしゃいます。
尖った角から花が咲いている鹿やジャッカロープ。幻想の森へいざなってくれるかのようなイメージです

ヒイラギ(Holy Tree)
≪ヒイラギ(Holy Tree)≫
ジャッカロープ
≪ジャッカロープ≫

そして、森の精のような美しい女性画 みつるさんの絵って、とにかく緑の色が深みがあって美しい・・・
フェイスブックの中で、私は勝手に「みつるグリーン」と呼ばせて頂いてます笑

ゆきむし
≪ゆきむし≫
InnocenceⅡ
≪InnocenceⅡ≫
ここが入り口
≪ここが入り口≫

どの作品も素敵なのだけど、私が一番好きなのは真ん中の「にんぎょ姫」
やがて消えていってしまう泡沫の夢・・・そんな儚い物語のイメージです。
両手で掻き抱くようなポーズも切なげで素敵・・・

Night ForestⅡ
≪Night ForestⅡ≫
にんぎょ姫
≪にんぎょ姫≫
虹
≪虹≫

そして最後に、左画像がこうごみつるさん、右画像がみつるさんの娘さんです
みつるさんは、フェイスブックで感じてた大らかなイメージそのままのお優しい方でした
(ちょっと、アネゴも入ってる感じ笑)
娘さんは、モデルさんみたいにスラッとして美しく華やかで、それでいて性格もキュート(みつるさん譲りかな?)
娘さんの後ろに写ってる絵の女性、娘さんが着ている服と同じ服装なの分かりますでしょうか・・・?

こうごみつるさんこうごみつるさん娘さん

フェイスブックを始めて思ったのだけど、割と自分の性格やキャパシティーがモロに反映されるな・・・と
私は、積極的に人と関わっていきたいというタイプではなく、マイペースでやっていきたいと思う人間だから、
「広がる、繋がる」がコンセプトのフェイスブックは、自分には荷が重いのかな?って正直感じることも
だからこそ、フェイスブックにて感じるみつるさんの大らかなキャパシティー能力?には、
日ごろから感服しているわけです

「受け入れ、取り込み、広げていく」

私にはハードルが高いことなのだけど笑
せっかくご縁があって出会ったのだから、みつるさんのいいところは自分にとって必要なことと思い、
取り込んでいきたいです
そしてこの日は、個人的なことなのだけども、展示を通してとてもいい出会いにも恵まれました
それはみつるさんを通して、またフェイスブックを通しての出会いだったと思うので、
みつるさんに感謝、私にフェイスブックを始めるきっかけを作って下さった方にも、心から感謝感謝です 
本当に有難うございました

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

コメント

自分の哲学

慧喜さん、こんにちは。
このドラードギャラリーは、以前記事にされていませんでしたか?
華やかで中を覗きたくなる外観で見覚えが有ります。

こうごみつるさん、素敵な絵を描かれHPも見せて頂きました。
「五感を通して感じるものを・・・生きとし生けるものの気配を・・・」
「擬人化」って考えた事が無かったですが、単に人間の姿形を模す
ということではなく、モチーフが作者に変わり語りかける?そんな作品!!

動物が喋り、語りかけてくる、森が喋り、語りかけてくる・・・
作者の擬人化を目指した作品は素敵でした。
自分の哲学が有るのでしょうね。慧喜さんも頑張って下さい。

mnsuisaiさん

コメント有難うございます!

<このドラードギャラリーは、以前記事にされていませんでしたか?
華やかで中を覗きたくなる外観で見覚えが有ります。
<わ~♪覚えててくださって有難うございます!
前回にも一度アップさせて頂きました^^<榎塾展
ドラードギャラリーさんの外観、ほんとに素敵ですよね!
ちょっとお菓子の家みたいで^^;

<こうごみつるさん、素敵な絵を描かれHPも見せて頂きました。
<サイトのほうも見てくださって有難うございます!
みつるさんのサイト、すごく綺麗に作られてましたね!
いつも、コメント欄でmnsuisaiさんが作家さんのことについて
触れてくださるのも、ほんとに有り難いことと思ってます^^v
自分の絵が載せられる立場だったとしたら、
やはり、作品に触れて感想を頂けるのはほんとに嬉しいことだと思います^^v

<動物が喋り、語りかけてくる、森が喋り、語りかけてくる・・・
作者の擬人化を目指した作品は素敵でした。
<ですね^^
深い森の中に佇んでいる・・・といったイメージですね!
こうごみつるさんの絵は、フェイスブックでもとても人気があるのです^^
一つ一つの絵に、神聖なキーが隠されている・・・といったような印象を受けます^^v


♥♡♬☺(✿ฺ´∀`✿ฺ) アリガトントン♥♥♥

こんばんは~♪

ドラードギャラリー!私も覚えています。(^^)
いつかまた東京へ行ったら、ぜひ訪ねてみたい所のひとつですね。

こうごみつるさんの絵、とっても瑞々しいですね。
HPも拝見しましたが、蝶を右腕にとまらせている女性の絵が好きですね~。
慧喜さんの仰る通り、緑色がとても深くて綺麗です。

ところで私もSNSには慎重な立場で、
FBやTwitterどころか、LINEすらやっていません。
Twitterにはちょっと興味あるんですが、
今のところまだ始めるまで決心がつきません。(^^ゞ
元々そんなに社交的なタイプではなく、
大勢の人と繋がるのはどうも苦手みたいですね。
私ももっと自分のキャパを広げたいとは思うのですが…
まだまだ器がちっちゃいなぁ私、と思う今日この頃です(笑)。

こんな私には、やはりブログという媒体が一番合っているみたいですね。(^^ゞ





文伽さん

コメント有難うございます!

<ドラードギャラリー!私も覚えています。(^^)
いつかまた東京へ行ったら、ぜひ訪ねてみたい所のひとつですね。
<わ~♪覚えててくださって嬉しいです!
ドラードギャラリーのオーナー小原さんが、とても器の広い方というか、
フェイスブックでも、小原さんを慕う方がとても多いんですよ^^;
幅広く、色々な作家さんにチャンスを与えて下さる方だと思ってます^^
外国からのお客様も多いのも、ひとえに小原さんのご人徳というか
人望の厚さなんだろうな~って思います^^;
いつか、私もドラードさんで個展をさせて頂くのが夢です><(←図々しいけど汗)

<こうごみつるさんの絵、とっても瑞々しいですね。
HPも拝見しましたが、蝶を右腕にとまらせている女性の絵が好きですね~。
<文伽さんも?! 蝶を右腕に・・・の作品、私もすごくいいなと思います^^
みつるさんのお話では、見ると幸せになれる蝶なのだそうです♪
写真を撮ったつもりが撮ってなくて、アップできなかったのが残念でしたーー;

<ところで私もSNSには慎重な立場で、FBやTwitterどころか、LINEすらやっていません。
Twitterにはちょっと興味あるんですが、 今のところまだ始めるまで決心がつきません。
元々そんなに社交的なタイプではなく、 大勢の人と繋がるのはどうも苦手みたいですね。
私ももっと自分のキャパを広げたいとは思うのですが…
まだまだ器がちっちゃいなぁ私、と思う今日この頃です(笑)。
<すっごく分かります^^;
私は、Twitterは若い頃からやってはやめ・・・の繰り返しです笑
FBは流行り出した頃に、会社の人つながりで始めたのだけど、やっぱ続かなくてーー;
リアルで気を遣ってるのに、何でSNSでも気を遣わなきゃいけないんだって笑
LINEも、仕事上での便利なツールとして使い始めたのがきっかけです笑
性格的なものなのかな?私も文伽さんと同様、プライベートで数多の人と繋がるのニガテです汗
だからこそ、FB上で積極的につながりを求めていく人の存在が新鮮だったりして、
見習っていくべき、だと思ってるところです^^

<こんな私には、やはりブログという媒体が一番合っているみたいですね。
<分かります!ブログは自分発信で、自分の大事にしてる部屋に遊びにきてもらうようなものですよね^^
淡々とマイペースにやりたい私にとっても、一番合っている形態だと思ってます^^;

・・・と返信が長くなってごめんなさい^^;


✿ฺ(pq◕ฺ∀◕ฺ*)アリガトントン♬♬♬

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eki12.blog.fc2.com/tb.php/126-b6b70547

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

AUTHOR

慧喜

Author:慧喜
広島県出身 関東住みです。
アートに関すること
アーティスティックな世界に触れて
自分が感じたことを
アップしていきます。
些細な足跡ですが
関わった全ての皆さんの
お役にたてますように 
(*≧∀≦*)

【PCでの閲覧を激しく推奨します】

ランキングに参加中です☆


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
どちらかをポチって頂けると、嬉しいです!┏(<:)

COUNT

TRANSLATION

CATEGORYS

TRACKBACKS

画家 榎俊幸さんのHPサイト

画家 安冨 洋貴さんのブログ

Pencil artist Ayumiさんのブログ

LINK


一年以上、アクセスを頂いてない場合は、外させていただくこともあります。ご了承下さい。

MAIL

SEARCH FORM

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 慧喜~Trip of the art All Rights Reserved.