慧喜~Trip of the art

観○光 ART EXPO 2016 鎌倉展「 ○ (円相) 」~前編~

北鎌倉に行ってきました
「第11回鎌倉芸術祭」というイベントの応援企画展である、
観○光 ART EXPO 2016 鎌倉展「 ○ (円相) 」という展示を鑑賞してきました。(会期は終了しています)
展示会場は、北鎌倉駅周辺にある 「建長寺」 「浄智寺」 「円覚寺(龍隠庵)」という3つの禅寺でした

そもそも、何故この展示に来たのかというと・・・
私の憧れの画家、榎俊幸先生のお作品が展示されてるから・・・というのがきっかけでした  (榎先生のHPサイトはコチラ
他にも気鋭のアーティストの方々がたくさん参加されているということで、
興味はあったのだけど、何となく敷居が高そうな展示に感じてて、最初は躊躇してたんです
でも、やっぱり榎先生の作品が見たいのと、自分を追い込みたい(←イミフw)というのもあって行ってきました笑
更に、鎌倉の観光名所として有名なこの地に、一度も来たことがなかったので、これを機会にと思って・・・

観○光 ART EXPO 2016 鎌倉展「 ○ (円相) 」とは。
(パンフレットから抜粋させて頂きました、公式サイトはコチラ

観〇光(かんひかり)とは、 古代中国にたずねると、
「観光」とは、国の光を観るという意味であったといいます。
「 観 」と「 光 」の間に円相を入れ、
「 わが国の光を心の中でとらえ、観る 」という想いから、
「 観〇光(かんひかり) 」と名付けました。
歴史的に育まれてきた文化の継承・発展を目的とし、
あらためて日本の文化的・精神的価値観を見つめなおすことで、
「 観〇光 」は新たな文化芸術の創生をめざしています。
展示空間そのものが日本文化を象徴する伝統的建造物であり、
その歴史的時間軸の中で、作家が作品をどう見立てるか・・・
が見どころのひとつです。
 ~抜粋ここまで~

伝統的建造物であるお寺を巡りながら
展示された芸術作品を通し、日本文化の重層性に触れていく、
または、お寺(信仰の対象)という視点から、
芸術作品を捉えていった時に、
作品に込められた重層性にも触れていくことができる・・・
といったような企画展かな?と思います

展示会場は、「建長寺」 「浄智寺」 「円覚寺(龍隠庵)」
と分かれていたので、まずは、「建長寺」から。
今回の、観○光 ART EXPO 2016 鎌倉展「 ○ (円相) 」
の記事は、ちょっと長くなりそうなので、
前編と後編に分けさせて頂きます、スイマセン
観〇光ART EXPO 2016KAMAKURAパンフ


建長寺です。鎌倉五山(鎌倉にある臨済宗の五大寺=建長寺・円覚寺・寿福寺・浄智寺・浄妙寺)のうち、
鎌倉時代に、日本で最初の禅寺として設けられたのが建長寺なのだとか 右画像は、建長寺の入口となる総門です。

建長寺1建長寺2

通路の奥に見えるのが、山門です。拝観受付をすませ、歩き始めると目の前に一直線に迫ってくる巨大な山門!
楼上には釈迦如来像などの他、五百羅漢像が安置されてるそうなのだけど、通常は拝観できないのだそうです
五百羅漢像のことを調べてみると、掲載されてるサイトを発見、スクロールしていくと見られますょ→ → →コチラ

建長寺3建長寺4

山門を抜けると、仏殿です。
仏殿にご安置されているのは、建長寺のご本尊、地蔵菩薩坐像です
何でお地蔵様?と思い、調べてみると、鎌倉時代の建長寺一帯は、「地獄谷」と呼ばれた処刑場だったらしく、
処刑された人々を供養する、お地蔵様をご本尊とするお寺(伽羅陀山心平寺)があったことが関係しているみたいです

右画像、分かりづらいかもですが、欄間?の彫刻(鳳凰かな?)とか天井の絵がカッコよすぎて見惚れてしまいました
こういう伽藍も含め地蔵菩薩像とかも、信仰の対象と同時に芸術作品でもあるんだな~としみじみ思ったりしたのでした

建長寺5
建長寺6

次は、法堂(はっとう)です。
法堂とは、住職が仏に変わって説法するためのお堂です。
建長寺の法堂(はっとう)は、
木造建築では、関東最大級の規模を誇る法堂なのだそう!
仏殿のすぐ裏にあり、このように伽藍が一直線に並ぶのが、
中国の禅宗様式の基本形なのだそう。→ → →
鎌倉時代に、禅宗とともに中国・宋から伝えられた
寺院建築様式、ということみたいです
中に入ると、奥に、ご本尊の千手観音坐像が、
手前には、パキスタンから寄贈されたという釈迦苦行像が
ご安置されていました
建長寺7

そして、法堂(はっとう)の天井に描かれた雲龍図
建長寺の創建750年を記念して、鎌倉出身の日本画家、故小泉淳作画伯によって描かれたのだとか
古来から、法堂の天井には龍が描かれてきたのだそう。
龍が雨を降らせるように、修行僧にも法の雨(仏法の教え)を降らせると考えられていたからだそうです
更に、龍が水を司る神であるため、火災から護るという意味も込められているのだとか

そんな法堂(はっとう)の中で、観○光 ART EXPO 2016 鎌倉展「 ○ (円相) 」の展示が行われていました。↓↓↓
著作権等の問題があるので、特定した画像ではなく、あくまで展示全体をファ~と写したものをアップさせて頂きます
(あまりファ~となってないかもですが・・・汗)

建長寺9建長寺8

法堂(はっとう)を出ると、裏手に方丈(龍王殿)があります。
その方丈の前に立ちはだかる唐門が金ピカでゴージャス 外国人観光客の中から悲鳴が上がってました笑
普段は唐門は閉ざされていますが、横にある拝観入口から、右画像の方丈(龍王殿)に入れました。

建長寺10
建長寺11

方丈(龍王殿)というのは、本来なら住職が居住する場所らしいのだけど、
現在は、法要・座禅・研修の場所として使われているとか。座禅体験もできるようで、時間が合えばやってみたかったです
右画像は、方丈奥に広がる庭園で、禅の心を視覚で体感するために作られたものだそう。
心が解放されていくような美しい景色・・・この庭園もひとつのメディテーション・スポットなのかもしれません

建長寺12建長寺13

建長寺を出る前に、売店で本を購入→ →
「やさしい禅の教え」という禅の入門書です
(著書:建長寺布教師会/発行:㈱ワニマガジン社)
他にも、何冊かあったのだけど、つい表紙につられて・・・
以前、ゼンタングルアートというのを知った時に、
(禅(Zen)と、Tangle(絡まる)を合わせたアート)
禅のことがよく分からずにいたので、ちょうどよかったです。
入門書とはいえ、内容が濃くて深いので読み応えあります。
今回、禅寺に来れたのはもしかして偶然じゃないのかも・・・
(と、ポジティバーな私は考える・・・笑)
建長寺 やさしい禅の教え

「建長寺」を出た後は「円覚寺」へ向かいました。
(建長寺では、他にも色々と行ったのだけど、記事が長くなっちゃうので割愛させて頂きます・・・汗)
鎌倉五山の中で、建長寺に次いで格式の高い禅寺であるそうです
鎌倉時代後半、北条時宗公が、元寇(げんこう)の戦没者追悼のため中国から無学祖元禅師を招き、開山されたのだとか。
総門の紅葉っぷりがスゴく、大勢の人で賑わってました この季節に来ることができて良かったのかも

円覚寺1
円覚寺2

総門から石段を上がると、大きな山門が構えています。
山門は「三門」とも呼ばれ、悟りに至る3つの境地(空・無相・無願)を象徴するもので、煩悩を取り払う門とされているそう。
山門を通り、清浄になった気持ちでご本尊様をお参りしなければならないのだそうです

円覚寺3円覚寺4

山門をくぐり抜け、仏殿へ。
仏殿には、円覚寺のご本尊、宝冠釈迦如来(ほうかんしゃかにょらい)坐像がご安置されています。
画像がなくて申し訳ないのだけど、美しく見事な宝冠をおかむりでいらっしゃいます 天井画の「白龍の図」もスゴいです
故前田青邨(まえだせいそん)画伯の監修のもと、故守屋多々志(もりや ただし)画伯によって描かれたものだそう

円覚寺5
円覚寺6

そして、観○光 ART EXPO 2016 鎌倉展「 ○ (円相) 」の展示が行われている龍隠庵へ。
(他にも円覚寺内の名所をたくさん周ったのだけど、割愛させて頂きます・・・汗)
円覚寺の中には、塔頭(たっちゅう)と呼ばれる小さなお寺がたくさんあるのだけども、龍隠庵もそのひとつ
通路を通り、更に崖に沿った石段を登りきると、高台に到着 見晴らしがよく、円覚寺の伽藍が一望できる場所です

円覚寺14
円覚寺15

その高台にある、龍隠庵・客殿という庵で展示が行われていました。
そこに、日本画家の中堀慎治先生がいらしてて(画像では分かりづらいんですけど・・・汗)
ネットや雑誌などで拝見してたから、ナマ作家さんのお姿を見れたことに、ちょっとテンションが上がってしまいました
中堀先生が帰られた後に、先生の「波濤雲龍図一阿」というお作品を拝見し、おごそかで神々しい龍の画に感動・・・

円覚寺7円覚寺8

龍隠庵での紅葉っぷりもまたスゴくて、これまた感動・・・ キレイでしょう・・・??

円覚寺9円覚寺10

そして、龍隠庵・客殿から更に石段を登り、本堂に。(この本堂は、普段は一般公開されていないそう)
この本堂にも、数々の素敵なお作品が展示されていました 右画像は、全体画像としてアップさせて頂いたものです
奥の部屋に飾られていた、六波羅蜜(大乗仏教における、実践すべき菩薩行)の書にも、ちょっとほっこり・・・

円覚寺 龍隠庵2
円覚寺 龍隠庵1

本堂の紅葉も素晴らしいです・・・ 簡素な佇まいの本堂を彩る優雅な景色・・・ずっと、ここにいたかったくらい

円覚寺12円覚寺13

その本堂の敷地内に、不思議な像が展示されていました。(やっと、ここで作品がっ笑)
すごいインパクト!ですが、周りの風景に自然に溶け込んでるような様子です 展示というよりはもはや鎮座という感じ・・・
本堂にいらしたスタッフさんのお話では、先ほど寄った客殿に、この像を制作した作家さんがいらっしゃるとのこと、
早速、引き返してみることに・・・

円覚寺 Bottchi(ぼっち)1円覚寺 Bottchi(ぼっち)

・・・・・そして!像の作者、武内カズノリ先生にお会いできました ↓↓↓↓↓
陶磁で作られた像は、「Bottchi 」(ぼっち)というシリーズの作品なのだとか。
「震災などで命を失った人々への追悼」の思いから制作されたのだそうです
像でありながらリアルで生々しい表情に、人間一人一人への命や生き様への尊重といった、先生の思いが感じられます
元々「ぼっち」とは、収穫した落花生を、畑で天日干しにするために野積みされた塔・・・の呼称らしく、制作のヒントにされたとか。

「Bottchi 」の他にも、
これまで手掛けてこられた作品ファイルも見せて頂きました。
巨大な白木を使い、主に野外などの空間に大胆に配置して、
調和させたインスタレーションアートの数々
それは、自然とのコミュニティのあり方を体感できるもので、
社会的包摂性を含んだアプローチのようにも思えます。
なので、社会派の造形作家の先生・・・という感じかな
社会派というと、難しげな感じがするかもですが、
実際の武内先生は、快活で爽やかな印象の方です
そして、突き抜けて雄弁でいらっしゃるので、
次々と繰り出されるお話がとても面白かったです
武内カズノリ先生

緊張したけど、思い切って声をかけさせて頂いて良かった・・・ 武内カズノリ先生、本当に有難うございました

円覚寺を出て、帰りの石段で猫ちゃんを発見  → → →
この猫ちゃんの毛並みや体つきがとても美しくて、
どっしりと構えた姿からは気品が溢れ、タダモノじゃない感じ。
今回、記事を作るにあたり、
円覚寺さんのHPを開いてみたところ・・・・・・いた
多分、この猫ちゃんだと思うんだけど・・・
でもよく見たら違うような、でもこのコのような・・・
どうなんだろう (違ってたらほんとにスイマセン・・・恥)
でも、お寺に猫ちゃんがいる風景っていいですよね
円覚寺の猫ちゃん1

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

観○光 ART EXPO 2016 鎌倉展「 ○ (円相) 」~前編~は、ちょっと長い記事になってしまいました(←通常運転w)
いつも、訪問して下さる方々、新規で訪問して下さった方々、ここまで読んで頂いて有難うございます
次回記事の~後編~は、ブログに掲載のお許しを頂いた作家さんの作品をアップさせて頂きます
また、ご訪問頂ければ嬉しいです よろしくお願いします


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

コメント

取り組みが半端でない

慧喜さん、こんにちは。
慧喜さんの芸術への取り組み半端ないですね!!
この記事は私には重すぎてコメの書き様が無い(笑)

自分を追い込みたい・・・芸術(技芸・学術)を志す人のもつ願望かな!!
榎先生のHPのトップに記載された「美」「美術」「美術家」などの
語源も意味も考えた事が無く知りませんでした。

光を心の中でとらえ観て出来る作品に込められた重層性!!
歴史的時間軸の中で生み出された美が禅の世界に結びつく・・・
宗派は違えど心が洗われ生み出された美etc

深いですね~日本の歴史文化と言うと単に「お寺」って思う
そんな凡人は芸術を志さなくて良かったって・・・思ちゃいました(笑)

mnsuisai さん

コメント有難うございます!

<この記事は私には重すぎてコメの書き様が無い(笑)
<ちょっと、難しい内容になっちゃったかな^^;
コメントして下さる方からしてみたら、
確かにどこから触れていいのか分からない内容かもしれません><
記事もちょっと長くなっちゃいましたし汗(かなり短くしたんですけどね^^;)
mnsuisai さんが果敢に挑戦して下さって嬉しいです笑

<自分を追い込みたい・・・
<そうなんですよ:;
自分から求めていかないと何も得られないな・・・とそんな思いに突き動かされて><

<榎先生のHPのトップに記載された「美」「美術」「美術家」などの
語源も意味も考えた事が無く知りませんでした。
<私も考えたことなかったですよ><
榎先生というのは、とても理智的な芸術家の方だと思ってます!
だから、榎先生の仰る一言一言が私にとっては珠玉の言葉です><

<歴史的時間軸の中で生み出された美が禅の世界に結びつく・・・
宗派は違えど心が洗われ生み出された美etc
<今回の展示は「○ (円相)」というタイトルがついてたのだけども、
禅宗で、悟りの形象として描くまるい形、のことを指すのだそうです。
他にも、無限の宇宙とか真理とか、循環する生命とか・・・
幅広く捉え方があると思うのだけども、展示されたお作品を通して、
自分もその世界に少しでも触れられた・・・というのが、よかったと思いました。
後で、私にとって「○ (円相)」とは何だろう?と考えたりして・・・(まだ結論でないけど笑)
mnsuisai さんにとっての「○ (円相)」は、お孫さんの顔かな・・・?^^v

<深いですね~日本の歴史文化と言うと単に「お寺」って思う
そんな凡人は芸術を志さなくて良かったって・・・思ちゃいました(笑)
<お寺は、やっぱりいいですよね^^;
「歴史文化」と考えなくても、自然に魅かれてしまいます。
今回の展示を拝見して、宗教的な場所と芸術ってすごく合うな・・・と感じました><
mnsuisai さんの、人形の絵はほんとに素晴らしかったですょ・・・!
多くの女性の心を掴んでしまいましたね笑(私も掴まれましたけど^^)

♥♡♬☺(✿ฺ´∀`✿ฺ) アリガトントン♥♡♬☺

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eki12.blog.fc2.com/tb.php/129-fe568d84

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

AUTHOR

慧喜

Author:慧喜
広島県出身 関東住みです。
アートに関すること
アーティスティックな世界に触れて
自分が感じたことを
アップしていきます。
些細な足跡ですが
関わった全ての皆さんの
お役にたてますように 
(*≧∀≦*)

【PCでの閲覧を激しく推奨します】

ランキングに参加中です☆


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
どちらかをポチって頂けると、嬉しいです!┏(<:)

COUNT

TRANSLATION

CATEGORYS

TRACKBACKS

画家 榎俊幸さんのHPサイト

画家 安冨 洋貴さんのブログ

Pencil artist Ayumiさんのブログ

LINK


一年以上、アクセスを頂いてない場合は、外させていただくこともあります。ご了承下さい。

MAIL

SEARCH FORM

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 慧喜~Trip of the art All Rights Reserved.