FC2ブログ

慧喜~Trip of the art

古典からのインスピレーション展

ご訪問ありがとうございます!展示のお知らせです

「古典からのインスピレーション展」
【場所】早稲田のドラードギャラリーさん、
【会期】8/31(木)~9/4(月)
12:00~20:00(最終日は18時まで)

ドラードギャラリーMAP
古典からのインスピレーション展DM

今回の展示で出させて頂く作品の製作画像、アップします
左画像、第10回榎塾(画家・榎俊幸先生が講師をされている画塾)、
「フレスコ画風に描く」という授業での製作風景で、フレスコ画風に描くためのザラッとした下地を作っています。
が、私のは上手くいかずツルツルスベスベになってしまったんです・・・
そして右画像、以前から描いてみたかった、榎先生のお作品「永猿図」の模写に挑戦
榎先生の「せっかくだからこの下地を生かそう」というご指導のもと、
モチーフのお猿さんだけでも何とかフレスコ画風に

20170720榎塾120170722模写1

使った絵具は、クサカベさんのアキーラです。
初めて使ってみたけど、細かいところまでよく伸びて?描きやすかったです。
マットな質感もよいし、しっかり描けてしっかり色が入る・・・という感じ
私は、以前からホタテの殻をモチーフに描いてるのだけど、
貝殻のパキッとした感じを出すには、アキーラの方が向いてるかもしれない・・・と思いました

20170722模写2
20170723模写3

今回は、同じ模写を二点描かせて頂きました。
右画像、榎先生のご指導のもと、背景の花を描いていってるところです。これがちょっと手こずってしまい
榎先生のお作品ってテクニカルな要素が色々と入っているので、今回模写させて頂いて(下地作り込みで)、
本当に勉強になりました

20170726模写320170729模写5

そして、完成~ 榎先生の「永猿図」と比較すると、技量の差がありすぎるのが一瞬で分かります(当然w)
(榎俊幸先生の本物の「永猿図」が掲載されている記事はコチラ
しかし、私の記念すべき模写・・・ということで、完成した時は嬉しかったぁ

榎先生 永猿図 模写3

この二点のうち、どちらかを今回の展示で出させて頂きます
もう一点は・・・私の一生の宝物にします笑
どこにいても、絵だけは一生続けていきたい、でも絶対に心が折れそうになることもたくさんあると思うから、
その都度、自分の励みにしたいんです

展示が始まる直前の告知になってしまいスイマセン お近くの方、お時間のある方、ぜひお立ち寄りください

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

また、作品購入の件について。
(前回のマチエール展でお問い合わせを頂いたので、この機会にと書かせて頂きます)、
ドラードギャラリーさんの展示では、会期中、遠方にお住まいの方でも作品を購入することができます。
詳細をお知りになりたい方は、ブログコメント欄やブログ内設置メールなどでお問い合わせ頂ければ、
すぐに返信させて頂きます。万が一、作品が売約済になってしまってたら申し訳ありません・・・
また、「購入は考えてないけど、参考に金額だけ知りたい・どんな風に購入するのか知りたい」と
いったようなお問い合わせでも大丈夫です
気軽にお声がけ頂ければ嬉しいです、よろしくお願いします。



 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります 宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

コメント

すごい!

フレスコ画って、歴史で習った言葉としてしか知らないけれど、現代にも引き継がれてるんですね。
なんか、感動、です。
お猿さん、可愛らしい、という感想しか描けなくてごめんなさい。
いろんな絵を見ることも勉強になりますね。ナカリも今週、こころの絵画展を見に行く予定なので楽しみです。
東京は遠いけれど、こうしてブログで鑑賞できることに感謝!いつもありがとうございます(^^)

オリジナル

慧喜さん、こんにちは。
素敵な作品が出来ましたね!!
慧喜さんのオリジナルな作品になっていると思う。
少しメルヘンな印象を受け女性的な優しさを感じとりました。
画題は、古書の中に出てきそうな「珍獣の森」かな???(笑)
模写って大変でしょうけど、こうして自分のものにしていけば
素敵な慧喜さんの作品に、より一層 巾が出てくるでしょうね!!

ナカリママ様

コメント有り難うございます!

<フレスコ画って~現代にも引き継がれてるんですね。
<あ、多分、本格的なフレスコ画とかではなくて、
今回の画塾では、色々な画材を駆使してフレスコ画風に描いていきましょう的な内容でした^^;
でも、榎先生もギャラリーオーナーさんもプロフェッショナル、
画塾の生徒さんたちもも、それぞれ精力的に作家活動をされていますから、
フレスコ画風といっても、かなりレベルの高い授業内容だったと思います^^v
私自身、ほんとに勉強になりました><

<お猿さん、可愛らしい、という感想しか描けなくてごめんなさい
<とんでもないです><嬉しいです!有り難うございます^^

<ナカリも今週、こころの絵画展を見に行く予定なので楽しみです。
東京は遠いけれど、こうしてブログで鑑賞できることに感謝!いつもありがとうございます(^^)
<ナカリさんも、色々なことを吸収されていってますよね!
よい先生に恵まれていらしゃるみたいだし、本当に良かった・・・遠くから応援してます^^

♥(o→ܫ←o)アリガトン♫

mnsuisai さん

コメント有り難うございます!

<素敵な作品が出来ましたね!!慧喜さんのオリジナルな作品になっていると思う
少しメルヘンな印象を受け女性的な優しさを感じとりました。
<わ~♪有り難うございます!嬉しいです><
ある方に「可愛い模写になりましたね」と言われたりしたので、
メルヘンな感じというのは当たってるかもですね^^;
でも、模写って難しいものですねーー;
榎先生の「永猿図」から滲み出るような、調和した平和で優しい世界、
そういうのって、描こうと思っても描けるものじゃないんだなと思いました。
あと、動物に表情を持たせるのって難しいなと思い、
そこから、動物に対する先生の愛情?を感じたり・・・等々。
作品って、ほんとに作家さんそのものなんだな~と感じました><

<画題は、古書の中に出てきそうな「珍獣の森」かな???(笑)
<「珍獣の森」笑
確かに、画塾の中で、お猿さんを描き始めたときに
榎先生に見て頂いたのだけど「フクロウみたい・・・」と仰ってたような^^;

(๑→ܫ←)b☆アリガトン♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eki12.blog.fc2.com/tb.php/156-f9aafa6b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

AUTHOR

慧喜

Author:慧喜
広島県出身 関東住みです。
アートに関すること
アーティスティックな世界に触れて
自分が感じたことを
アップしていきます。
些細な足跡ですが
関わった全ての皆さんの
お役にたてますように 
(*≧∀≦*)

【PCでの閲覧を激しく推奨します】

ランキングに参加中です☆


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
どちらかをポチって頂けると、嬉しいです!┏(<:)

COUNT

TRANSLATION

CATEGORYS

画家 榎俊幸さんのHPサイト

LINK


一年以上、アクセスを頂いてない場合は、外させていただくこともあります。ご了承下さい。

MAIL

SEARCH FORM

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 慧喜~Trip of the art All Rights Reserved.