FC2ブログ

慧喜~Trip of the art

一陽展2017

ご訪問有り難うございます
先月のことになってしまいますが・・・
国立新美術館(六本木)に行ってきました

色々な会の展示が開催されている中、
「一陽展」という展覧会を観てきました
今年で第63回めとなる、
一陽会という美術団体主催の公募展覧会です。
現在は、会期は終了しています
(昨年、お邪魔させて頂いた時の記事はコチラ
20171014国立新美術館

昨年も感じたのだけど、とにかく大規模です、そして、会場が広い・・・
でも、展示作品の号数が大きいため、これくらい広さがないと逆に観づらいのかも・・・

20171014一陽展1
20171014一陽展2

一点一点の作品のクオリティも高く、技法も様々なので、自分の勉強にもなる鑑賞でした
朝早い時間だったので人があまりいないのをいいことに、気になる作品の前では思いっきり凝視、
近くで舐め回すように見たり遠くから見たりと自由自在・・・笑

20171014一陽展8 20171014一陽展4

これだけすごい作品がたくさんあって、その背景には製作にいそしむ人達がこれまたたくさんいて
こういう中から抜きん出ていくのって、本当に大変なことだと思う・・・
やるならとことんやる覚悟をつけていかねば・・・(心の声)

20171014一陽展320171014一陽展5

絵画の他に、彫刻作品の展示も充実していました。今年は、テラス?の方にもたくさんの面白い作品が

20171014一陽展720171014一陽展6

↓そしてそして、昨年の一陽展で感動した超ド級の鉛筆画、福山歩由美さんの新作に出逢えて感動
タイトルは「春を待つ」。モノトーンの作品だけども、優しく注がれる光に暖かさを感じます
鉛筆画だからこそ、こんなにも光と影が美しいのだと思う。
いや、福山さんだからこそ表現できるんだ、きっと
自分にもきっと絶え間なく注がれている優しい光・・・そういうものを感じさせてくれました

春を待つ1春を待つ2

徹底して描きこまれたディティール部分がまた凄く、人がいないのをいいことにガン見
全く隙がない描きこみだけに密度が濃い画面になってるのだけど、窮屈じゃなくむしろ軽やかな印象さえ受けます。
福山さん、やっぱりタダ者じゃない・・・(この絵をもっと見たい方は福山歩由美さんのブログにGO→コチラ
ちなみに、この「春を待つ」という作品、会友賞という賞を受賞されました

春を待つ3
春を待つ4

そして、FC2ブログ「ひだまりの花」の管理人、
hiougiさんの彫刻作品です
タイトルは「観」 → → →
昨年と引き続き、今年も一陽展に招待して頂き、
本当に有り難いことと思います
hiougiさん、今年は彫刻の部門で
奨励賞という大きな賞をとられました
これだけレベルが高い会で、出品者数が多い中、
大きな賞を受賞されるのって凄いことだと思います
本当におめでとうございます
観2

個性的な彫刻作品が多い中、「観」はオーソドックスな像でありながら、とても味わい深いものを感じました
表情から感じる、胸の奥にある抑えた感情。
それらはどこかもの哀しくも感じ、この像は自分の父親に似ていると思いました
あとで、hiougiさんに伺った話では、石膏の直付け作品なのだそう。専門的な知識は分からないけども、
素朴でありながらひた走るような力強さも感じるのは、それ故なのだろうか?と思います

観1観3

最後に・・・色々な作品が展示してある中、目に付いたのが猫の彫刻です(勝手にUPしちゃってスミマセン)
というか、やっぱり可愛くて目がいってしまう・・・
猫ちゃんて、どうしてこう芸術作品と相性がいいんでしょうかね
ワンちゃんだとあまりそう感じないのに・・・謎です笑

20171014一陽展 猫120171014一陽展 猫2


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります 宜しくお願い致します

web拍手 by FC2

コメント

ありがとうございます

慧喜さん、こんばんはヽ(*´∀`)
今年も私の作品を取り上げて下さり
ありがとうございますm(_ _)m嬉しいです♬
そして、私のブログへも丁寧な感想を頂きまして
重ねてお礼申し上げます!
慧喜さんが、本当に熱心に作品を観て下さった事を
ブログやコメントから感じます!
これが、次作への励みになるんです〜(o^^o)
リンクの件、もちろん宜しくお願いします。

福山歩由美さん

こちらの方に有り難うございます!
昨夜、早速レス頂けて嬉しかったです。私の方は寝オチしてしまいまして:;

画像掲載とリンクの件、お許しいただき有り難うございます!
画像の方、反射しちゃって背景が写ってしまいすみません><

<そして、私のブログへも丁寧な感想を頂きまして重ねてお礼申し上げます!
<とんでもないです、こちらこそ今年も絵を拝見できて嬉しかったですよ!
ブログに掲載された、製作途中の絵も見ました。
完成に至るまで、どれだけの鉛筆の線を重ねたのだろうと、その膨大な作業量に気が遠くなります。
強い気持ちがなくては描けません・・・><

<慧喜さんが、本当に熱心に作品を観て下さった事をブログやコメントから感じます!
<わ~♪有り難うございます!
絵の中の羽、元々の紙の色なのですね。
息を吹きかけたら飛んでいきそうなくらい、繊細で美しい羽でしたね><
絵の中、どこの部分を切り取ってもAyumiさんの絵は素晴らしいと思います!
そして、タイトル含め絵から伝わるテーマやメッセージ性、自分の心にも響いてきました。

今年も本当に有り難うございました^^
これからもよろしくお願いします!

+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚アリガトン☆☆☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

こちらの方に有り難うございます!

鍵コメ様のブログにお邪魔させて頂きます^^

( 〃 ❛ᴗ❛ 〃 )アリガトン♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eki12.blog.fc2.com/tb.php/165-9281fc52

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

AUTHOR

慧喜

Author:慧喜
広島県出身 関東住みです。
アートに関すること
アーティスティックな世界に触れて
自分が感じたことを
アップしていきます。
些細な足跡ですが
関わった全ての皆さんの
お役にたてますように 
(*≧∀≦*)

【PCでの閲覧を激しく推奨します】

ランキングに参加中です☆


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
どちらかをポチって頂けると、嬉しいです!┏(<:)

COUNT

TRANSLATION

CATEGORYS

画家 榎俊幸さんのHPサイト

LINK


一年以上、アクセスを頂いてない場合は、外させていただくこともあります。ご了承下さい。

HY ART STORY at 中目黒通販

空への手紙 完成中目黒通販用 「空への手紙」販売中です

慧喜のFacebook

  

慧喜のInstagram

ブログ用インスタアイコン
Follow me

俵屋工房さんの技法DVDビデオ


技法DVDビデオの内容については コチラ

MAIL

SEARCH FORM

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 慧喜~Trip of the art All Rights Reserved.