慧喜~Trip of the art

村上春樹さんお誕生日おめでとうございます!

ご訪問有り難うございます
今日12日は、以前から訪問して下さる方はお分かりかもしれない、毎年恒例の・・・笑
(2015年記事はコチラ、2016年記事はコチラ、2017年記事はコチラ


村上春樹さんお誕生日おめでとうございます
画像は、昨年購入した「騎士団長殺し」→ → →
画家が主人公なのが、まず嬉しい設定だし、
春樹さんワールド全開っという感じ
絵画に関する細かい表現も、リアルに面白かったです。
春樹さん自身も絵をお描きになるとか。
春樹さんの絵ってどんな感じなのか見てみたい
この本、もしかして春樹さんの集大成・・・?
と感じたのだけど、そうであって欲しくない
騎士団長殺しハードカバー


そして昨年、英国の作家、カズオ・イシグロ氏が、ノーベル文学賞を受賞されました
このニュースを聞いてまず思ったのは、「やっぱり村上春樹さんはすごい!」ということ
何故なら、以前から、著書の中で春樹さんがイシグロ氏の本をとても好きだと仰っていたから

そこで、渋谷のBunkamuraル・シネマで、カズオ・イシグロ氏原作の「日の名残り」を観てきました
本はまだ読んでなかったのだけど、何の先入観もなしで観るのもいいかと。


観た感想、良かったですよ・・・
詳しくは書かないけれど、
一人の老執事の人生を通して、
二つの世界大戦を挟んだ歴史の中でゆらいでいく
「古き良き英国の姿」をえがいた話です

老執事が、自分の輝いていた時代に
思いを馳せながら過去をたどっていくのだけど、
その回想シーンが、ほぼ全編の内容です

執事として尊敬する主君に仕えてきた矜持や、
失ったもの、失った時代に対する、
後悔とも諦めともつかぬような追憶の旅・・・

この老執事を演じたアンソニー・ホプキンスが素晴らしい。
彼を愛していく、女中頭のエマ・トンプソンも。
この二人のやりとりが実に切なく、
心を動かされるシーンがたくさんありました

Bunkamuraル・シネマ
日の名残りパンフ


映画を観終わった後、早速、イシグロ氏の文庫本を3冊購入。
ゆっくり読み進めていってるのだけど、文体とかは思いっきり外国文学のそれみたいで、正直読みにくいです笑
だけど、登場人物の心の機微など、とても繊細で丁寧に書かれてる所々、グッと惹きつけられる・・・
読むのに、忍耐を必要としながらも面白いという感じです

20171215カズオ・イシグロ文庫本3冊村上春樹さん 職業としての小説家

そして、昨年買った村上春樹さんの本「職業としての小説家」
私は、この本を自分のバイブルとしているので、折につけ読み返しています

長くなるので、転載はさけますが、
この本の中に出てくる「とんかち仕事」という言葉が、私はとても好き
「とんかち仕事」とは、作家である春樹さんにとって、
書いた文章をゲラが真っ黒になるまで修正していくことなのだそう
一つの作品を完成させるまでに、じっくり仕込みじっくり寝かせ、更に「とんかち」していく・・・。
机に並べた10本ほどのHBの鉛筆がどんどん短くなっていくことに喜びを感じるのだそうです

これ、すっごく分かります、私。
私の場合は絵画だけど、私なりの「とんかち」をしないと、自分の作品として完成させられないというか
単に好きだからというのもあるのだけど、徹底して仕上げていくことがまた楽しかったりする訳です
(しかし、私の場合は、これ以上やったら失敗するという見極めのつけ方がまだ曖昧なのだけど汗)

更に、本の中で春樹さんが仰ってることは、
プロセスの一つ一つに時間をかけていくこと、
作業の一つ一つにかけられた時間のクオリティは、必ず作品の「納得性」となって現われてくること。
「やるべきことはやった」という確かな実感さえあれば、何も恐れることはない。
世の中には、時間によってしか証明できないものもある。
周りが何といおうと、自分の「実感」を信じること、「実感」にまさる基準はどこにもないのだということ。

何かと方向性に迷ってきた私にとって、春樹さんの言葉はジャンルは違えど、即応的に胸に染みます

迷いながらこれまで色々と製作をやってきて、自分なりに掴んだこともあり、そこに手ごたえも感じてます
今年は、それをもっと形にしていきたいと思います


ところで、今日は、自分自身の誕生日でもあります(毎年恒例のちゃっかり笑)
下画像は、友達からプレゼントしてもらった、L.L.Beanのトートバッグ。よく見ると「Eki」の刺繍が
最近はこういうのもあるんですね、知らなんだ・・・友達の応援、受け止めて頑張っていきたいと思います

誕生日刺繍バッグ1誕生日刺繍バッグ2


長くなってすみません村上春樹さん、お誕生日おめでとうございます


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります 宜しくお願い致します


web拍手 by FC2

コメント

誕生日おめでとう

慧喜さん、こんにちは。
昨日が**回目の誕生日でしたね!!・・・おめでとう。
私が今日UPしたバラの花をプレゼントすれば良かった!!
すっかり忘れていました(笑)

2016年は、親父の夢の詰まった画材を手に
2017年は、「春樹さんの本と共に年を重ねていきたい」
何回重ねたかは教えて貰えなかったけど(笑)
私が訪問してから今年が3回目の誕生日。時が経つのも速いですね
今年のプレゼントはネーム入りのトートバッグ
「小さなキャンバスと鉛筆をバッグにしのばせて何時でも何処でも・・・」
頂いた友達に通じたのかも知れませんね。

おめでとうございます♪

一日遅れちゃいましたが、
お誕生日は大事な日ですもの!
しっかりお祝いしなくちゃ。
1月はナカリも誕生月なんですよ、一緒ですね。
なんだか、嬉しいな。

慧喜さんの「トンカチ仕事」…分かる気がします。
下地作りにものすごく時間をかけて製作された作品を思い出しました。
塗り重ねて、見えなくなってしまう下地にも力を込めて、想いを込めて…。

お友達のプレゼントも素敵ですね!
小さいながら、私も応援しています~~

mnsuisai さん

コメント有り難うございます!


<昨日が**回目の誕生日でしたね!!・・・おめでとう。
<有り難うございます♪**回目の誕生日でした笑
美しいバラのお花、脳内で受け取らせて頂きました^^v

<2016年は、親父の夢の詰まった画材を手に
2017年は、「春樹さんの本と共に年を重ねていきたい」
<わ~過去記事に触れて頂いて有り難うございます!
というか、それらをリンクするのをうっかり忘れてました^^;
思い出させてくれて有り難うございます♪

<何回重ねたかは教えて貰えなかったけど(笑)
<それは、永遠にシークレットで・・・笑

<私が訪問してから今年が3回目の誕生日。時が経つのも速いですね
<もう、それくらいになりますよね^^;
バタバタしながらあっという間の3年・・・本当に早いですーー;
ブログを通して、積み重ねてきたことってたくさんありますよね。
こうして、mnsuisai さんをはじめ、色々な方々との交流もその一つ。
ご縁に感謝して・・・これからもよろしくお願い致します^^

<今年のプレゼントはネーム入りのトートバッグ
<ネーム入りのサービスがあるの知らなかったです^^;
私も、初めは画材の持ち運びに使わせてもらおうと思ったのだけど、
汚れることを考えたら、やっぱりちょっと勿体無い・・・笑
大事に使わせて頂きます^^v

+。:.゚٩(๑>◡<๑)アリガトン۶:.。+゚

ママ様

コメント有り難うございます!

昨日、更新後、バタバタしちゃって訪問ができてなくごめんなさいーー;

<一日遅れちゃいましたが、お誕生日は大事な日ですもの!
<有り難うございます><
もう年々、自分の誕生日っておざなりになってしまうのだけど、
村上春樹さんと一緒の誕生日だと思うと、何か特別な日のように思え・・・笑

<1月はナカリも誕生月なんですよ、一緒ですね。
<そうですよね^^いつかの記事でそのことを拝見したような・・・。
ナカリさんもおめでとうございます!どうかよろしくお伝えください^^
1月誕生日って、何かと気持ちを新たにしていきやすいですよね^^;

<慧喜さんの「トンカチ仕事」…分かる気がします。
塗り重ねて、見えなくなってしまう下地にも力を込めて、想いを込めて…。
<「トンカチ仕事」って、すごく的を得た言葉だなと思うんです^^;
春樹さんて、言葉で説明するのがとても難しい普遍的なことを、
誰にでも分かる簡単な言葉でピタッと表現されるんです。そこが凄いなと以前から思ってたのだけど
その裏には、膨大な「トンカチ仕事」があるんだな・・と^^;
私の作る下地も、完成するまでにとても時間がかかるし、効率でいえば悪いに決まってるのだけど笑
だからこそ、自分の「実感」が一番大事だという言葉が心に染みるのです。
もし作品が評価されなかったとしても、自分が作業に確信を置いて100%やりきったと感じるならば、
何の後悔もないし、落ち込んだりもない。時間をかけて作ったものは必ず時間に愛されるのだと信じてます☆

トートバッグの刺繍、可愛いですよね^^送ってくれた友達も、自分のも作ろうかなと言ってました^^;

♥♡♬☺(✿ฺ´∀`✿ฺ)アリガトン♥♡♬☺

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eki12.blog.fc2.com/tb.php/171-b17703c3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

AUTHOR

慧喜

Author:慧喜
広島県出身 関東住みです。
アートに関すること
アーティスティックな世界に触れて
自分が感じたことを
アップしていきます。
些細な足跡ですが
関わった全ての皆さんの
お役にたてますように 
(*≧∀≦*)

【PCでの閲覧を激しく推奨します】

ランキングに参加中です☆


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
どちらかをポチって頂けると、嬉しいです!┏(<:)

COUNT

TRANSLATION

CATEGORYS

画家 榎俊幸さんのHPサイト

LINK


一年以上、アクセスを頂いてない場合は、外させていただくこともあります。ご了承下さい。

MAIL

SEARCH FORM

俵屋工房さんの技法DVDビデオ


技法DVDビデオの内容については コチラ

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 慧喜~Trip of the art All Rights Reserved.