慧喜~Trip of the art

日美展

日美展(第16回日美絵画展&第20回総合水墨画展)を
観るために、六本木にある国立新美術館に行ってきました。
自分の作品を、こんな大きな美術館で展示して頂けるのは
本当に嬉しく有り難いことです・・・
全国から出品されてる方々の作品も、
時間をかけてゆっくり観てまわりました
しかし、凄い作品数・・・
途中でいったん会場を出て、
美術館1Fにあるカフェで休憩しながらの鑑賞となりました
国立新美術館

初めに会場に入って、目に飛び込んできたのは大賞を受賞された方々の作品です(画像が暗くてごめんなさい)

吉田實さんの油彩画≪山古志村の棚田≫F30     斎藤誠さんの水彩画≪道端のステージ≫F20
    山古志村の棚田1     道端のステージ1

そして、藤井容子さんのパステル画≪時をこえて≫F30  大賞をとるって本当に凄いことですよねおめでとうございます
時をこえて
日美絵画展会場1

左画像は、準大賞を受賞された筒井清彦さんのデッサン画≪徳川園≫F10。ボールペンで描かれたのだとか
 右画像は、油絵部門で優秀賞を受賞された川口政巳さんの≪光る海≫F30。キレイだな~と見惚れてしまいました
徳川園
光る海

色鉛筆画部門で最優秀賞を受賞された畑 志壽子さんの
≪ゆうちゃん、優奈のお話聞いてよ≫F20→

表彰式の時に、畑 志壽子さんと席が隣だったので、
式が始まるまでずっとお話を聞かせてもらってました
畑 志壽子さん、お歳が82歳になられるのだそうですが、
色鉛筆画を始めたのは80を過ぎてからのことだそう。
というか、そもそもそんなお歳に全く見えなかったのが
凄いと思ったけど、絵も凄い・・・
小さい女の子がちょっとグズッてる感じが可愛いいです
ゆうちゃん、優奈のお話聞いてよ


展示は部門別に分かれてて、中でも油絵は作品数が多かったです。色が鮮やかで力強い~!
日美絵画展会場油絵1日美絵画展会場油絵3

右画像の女の子がたたずんでる絵のタイトルは≪風の行方≫  個人的に好きだな~と思いました。 色がキレイ
日美絵画展会場油絵2風の行方


続いて日本画部門の作品です。 お花も風景も美しいです・・・ 暗い色彩が深みがあっていいですね・・・
日美絵画展会場日本画1日美絵画展会場日本画2

日美絵画展会場日本画4日美絵画展会場日本画3


そして、水彩画部門もまた凄い作品の数々。日本画とはまた違う明るさのある風景画が多かったです
右画像の≪友とひととき(アムステルダム)≫というタイトルの作品の、深みのある色が素敵です
石畳?のあたたかい雰囲気が伝わってきて、水彩画ってやっぱりいいなぁ・・・としみじみ思いました
日美絵画展会場水彩画3
日美絵画展会場水彩画2
友とひととき(アムステルダム)


そしてデッサン部門の作品です。左は、高倉健さんですね!お顔の皺まで丁寧に描きこまれてるのが細かい・・・
日美絵画展会場デッサン1日美絵画展会場デッサン2


そして、デッサン部門で優秀賞を受賞された宮田浩さんの≪汚れなき影≫F15 が凄いと思いました
(うまく写真が撮れなかったので、デッサン画だけ作品集から画像をお借りしました)
何というか、この方のデッサン画に比べると、私の作品はデッサンじゃないかも・・・とさえ思ったり
今回、自分の作品と向き合ってみて思ったのですが、自分のデッサン画は他の鮮やかな展示作品の中に埋もれてしまい、
とても地味なような・・・軽い印象を受けました。(自己否定ではなく、客観的にそう思いました)
モノトーンだからということではなく、鉛筆だけで魅せるには、高い技術と表現力が必要なんだなぁ・・・と実感・・・
あと、説明が難しいんだけど、蓄積されたものというか、積み重ねられてきたものがとても大事なんだなぁ・・・という感じ。
おぼろげながら、そういうことが分かったということが自分の大きな収穫でした
ところで、宮田浩さんの水彩画(F8)も発見したのですが、すごく上手い・・・宝石を散りばめたような・・・
(同じ方が描かれた絵だと思うんだけど違ったらどしよ)
何というか、もともと上手な方が更に描きなれてるみたいな。相当、絵を描かれてる方なんじゃないだろうか・・・??

汚れなき影響き渡る2
響き渡る1


そして、色鉛筆画、ちぎり絵、パステル部門ブースに入る前にスマホが電池切れに・・・
この3部門の写真が一枚も撮れず、終わってしまいました(ブログにアップしたい作品があったとゆーのに汗)
会場が広く展示作品が多かったためか、スマホの寿命が近いのか。(多分、どっちも・・・)
なので、せめて会場内の様子をアップさせて頂きます・・・
日美絵画展会場2
日美絵画展会場3

日美絵画展会場4
日美絵画展会場5


そんな訳で、日美絵画展の後に観た総合水墨画展でも一枚の写真も撮れず
この総合水墨画展もすごく面白かったんです
入り口初めに水墨画ナントカ協会とかプロの画家の方々の作品が
展示されてたんですけど、これがシビレるような作品ばかり笑
墨ってカッコイイなあ・・・・と見惚れてしまいました
公募作品も凄いものが多くて、写真におさめたかったものがたくさんありました。
fc2ブログ「龍好き画伯の妻」さんのご主人様の龍画が、
今回「実行委員会賞」を受賞されたのですが、
そちらの方も、写真が撮れなかったのは本当に残念・・・
なので、画伯妻様から画像だけお借りしてアップさせて頂きます。→ → →
素晴らしい龍画ですよね・・・!目に力があって美しいです
月明かりに照らされてるようなコントラストもキレイですね!
ご夫婦で、日美絵画展にて私の作品も観て下さったとのこと、
本当に感謝です有難うございました
龍画伯様「月光に舞う龍」
≪月光に舞う龍≫

今回、色々な経験ができ、刺激をもらい、自分の足りないところを反省もしたりと自分にとってすごくプラスになる日美展でした
公募展を通して、色々な方との出会いがあり、交流を持てたのも嬉しいことでした
また、来年もチャレンジしていきたいと思います 頑張ります~

【追記】
記事の中に、無断で色々な方の作品画像を掲載させて頂いてます。
ご不快に思われる方や画像の著作権などの問題がありましたら、遠慮なくコメント欄や問い合わせフォームなどから
ご連絡頂ければと思います。その際には、記事から画像を削除させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。



【記事の内容とは関係ないんですが】
うっかりしてて、fc2ブログの訪問履歴を「残さない」にず~~~と設定してたみたいです。い、いつからなんだろぅ・・・
訪問して下さった皆様、ほんとにごめんなさい 私が訪問し返しても、分からないはずですよね・・・  
今後は気をつけます いつも訪問して下さる皆様、本当に有難うございます


 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します


web拍手 by FC2

コメント

慧喜さん
こんばんは
すごい作品数ですね。
そして、どれもレベルが高い!
慧喜さんの写メでずいぶん楽しませてもらいました。
ありがとうございます。
来年もぜひチャレンジしてください。

こんばんはー^^

ほんと、凄い数の作品でしたよね(苦笑)

来年もチャレンジ、ファイトー(=゚ω゚)ノオー♪

Y画伯さん☆

Y画伯さん☆

コメント有難うございます!

<すごい作品数
<本当に凄かったんです!途中で自分がどこにいるのか
よく分からなくなったくらい・・・--;

<どれもレベルが高い
<そうなんです@@
私のイメージで、何となく日美展って
初心者向け?の公募展という感じだったので
(だからこそ、私も出品できたわけですが^^;)
実際に作品を目の前にして、ビックリしました><
ブログにアップしてる画像の他にも、
レベルの高い作品がたくさんあったんですけど、
全部はちょっと載せられず残念ですーー;
この中で、よく最優秀賞を頂けたなと思います汗。
初心の強みというか、ビギナーズラックがあったのかな笑

来年も頑張って挑戦してみようと思います^^

(*✪‿✪pღ✿ღ゚+.【☆アリガトデシッ☆】.+゚ღ✿ღq✪‿✪*)

真知子さん☆

真知子さん☆

コメント有難うございます!

<凄い数の作品(苦笑)
<本当に凄かったですよね^^;
以前もこういう感じの公募展を
何度か観に行ったことがあって、
作品数の多さに、最後の方はグッタリだったんですけど、
今回は、そうでもなかったかな・・・
国立新美術館という場所もいいのかも!
広くてゆったりしてるから^^

観に行ってくださって、
真知子さんには本当に感謝してます^^v
龍画伯ご夫妻にとっても、
本当に良かったですよね♪♪
ご夫妻の喜びがこちらにも伝染してくるようで、
嬉しくなります^^
私も、来年にまたお会いできるかな?笑

(❤ฺ→∀←)♫♫♬ オチカレ アリガトン♫♫♬ (→∀←❤ฺ)

すごい

一年ぐらいまえこの美術館にいきましたが、こんな素晴らしい美術館に展示されるなんて、よほど才能がないと叶わないと思います。
すごいなぁ。
  • 2015-08-16 |
  • マウントエレファント #TO/PCoV.
  • URL
  • 編集 ]
  • ▲PageTop

最終日おつかれさまです

最終日に行かれたのですね

暑さも少し落ち着いたようなので、環境的に大丈夫だったでしょうか。
来年もまた挑戦したいと思います。

ところで、絵画展の写真は他の作品について
掲示しても大丈夫でしょうか??
受付の方に、ご自分のは結構ですが、他の人の作品はお控えくださいと言われたのですが・・・^^;

ありがとうございます

こんにちは

素晴らしい作品ばかり、力作揃いの中で
最優秀賞受賞は素晴らしいと思います。
受賞作「届かない場所」は本当に気になる作品で
夫の絵よりも多く観たような気がします。

こんなに大きく取り上げていただいて恐縮です。
来年はコネ(?)無しで、取り上げていただけるように
頑張りたいと申しておりますので、今後とも宜しく
お願い致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アルパカさん☆

アルパカさん☆

コメント有難うございます!

国立新美術館、いい美術館ですよね^^
公募展展示などに特化した美術館ということだけど、
大きい空間の中で、自分の作品を観ることができたのは
とてもいい経験でした!
自宅では、大きいサイズのように思えたのだけど、
美術館ではすごく小さく感じ、この点も反省点になりましたーー;

国立新美術館がある場所って
元は、東京歩兵第三聯隊跡地であり、
二・二六事件の起きた場所でもあるのだとか。
設計した黒川紀章氏は、二・二六事件を念頭において、
この地で処刑された人達の魂を鎮めるために、
「たましいの形」をした建築を目指していたのだそうで、
建設の前には、盛大な慰霊祭が行われたということです。

今後、国立新美術館に出向く機会があれば、
おごそかな気持ちで、足を運びたいと思います。

(✿◕ ‿◕ฺ)ノ))。₀: *゚✲ฺアリガトントン✲゚ฺ*:₀ 

藤田さん☆

藤田さん☆

コメント有難うございます!

最終日ではなく、最終日の前日でした^^;
最終日は、割とどこの展覧会も人が多いのが常なので、
避けました笑

<他の作品について 掲示しても大丈夫でしょうか?
<う~ん@@そうですね・・・
会場内に「関係者以外の方の印刷物への転載はNG云々」
みたいな内容の紙が貼られてたので、
微妙なラインかなぁ・・・とは思ったのですが、
もっと、そこらへんを受付の方々に聞いても良かったですねーー;

ブログ掲載は、自分にとっては営利目的では全くなく、
単に、良い作品をご紹介させて頂きたいという、
その一点のみな訳ですが・・・
どちらにしても他人様の作品なので、勝手に掲載させて頂くのは
マナー違反・・・かな?とも思い直したりーー;
なので、記事の最後にその旨を付け加えました。
ちょっと、しばらく様子見ということで・・・。

ご指摘、感謝します^^v有難うございます!!

(;◔ิд◔ิ)(;◔ิд◔ิ)(;◔ิд◔ิ) ドキドキ・・・

龍画伯妻様☆

龍画伯妻様☆

コメント有難うございます!

<力作揃い
<本当に力作揃いでしたね!
絵画展の方も水墨画展の方も・・・!

<夫の絵よりも多く観たような
<勿体無いお言葉、有難うございます><
私は、自分の作品はあまり見れなかったのですよ。
会場で見ると、稚拙なところにばかり目がいってーー;
(でも、それは次につなげたい反省点にもなりました)
上のコメント返信にも書いたのですが、
やはり、自分の場合はビギナーズラックということが
大きかったと思います^^;

<来年はコネ(?)無し
<コネだなんてとんでもない^^;
今回は、初めて水墨画展でご主人様の龍画を拝見する
機会に恵まれましたが、
普段から、ブログの方でも素晴らしい龍画だなあと
感心しておりました^^v
描きたい世界が、特化して一つある(龍)ということが
まず素晴らしいことと思いますし、羨ましい限りです><
また来年に向けて、共に目指していけれたらと思います。
こちらこそ、宜しくお願いします!

**✿❀ぁりが(。◕ˇ∀ˇ◕人)㌧❀✿**

鍵コメ様☆

鍵コメ様☆

コメント有難うございます!
鍵コメ様のエピソード、ひしひしと
読ませて頂きました・・・><

✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:₀。

これからもチャレンジ

慧喜さま、こんにちは。
展示風景を見て、凄い数ですね。見ごたえありますね!!

中でも80歳超えて始められて2年の方なんて凄い事に思います。
その方の横に年の差のある若き方の絵が写されていませんよ(笑)

遠慮がちに遠くから小さく写された絵に指さす男性の方2名は、
委員の方ですか?自分の作品の前に立たれると気になりますよね!!

これからもチャレンジ!!自分の個性を出して頑張って下さい。
決してビギナーズラックという目新しさで評価されないと思います。

私のような者が言っても説得力は有りませんが、
「届かない場所」の内面に潜む心の中の思いを表現されて、それが、
絵を見て感じられたのだと思います。
「心を込めて描けば万人の心を打つ」と思いました。
82歳の方に元気を貰い負けず私も頑張ろうかな~と思いました(笑)

mnsuisaiさん☆

mnsuisaiさん☆

コメント有難うございます!

82歳の方、すごいですよね!
今回が3度目の挑戦でいらしたそうですよ^^
だから、会場の様子にも
とても慣れておられました笑

私の作品は、会場で見ると
とても小さい作品に思えてしまってーー;
印象が軽いというか、薄さを感じてしまいました:;

絵を指している方々は、
う~ん、定かではないんですが、
会話の内容から察するに、どこかの絵の教室の先生?と
その生徒さんかなぁ~と思いました^^;
一つ一つの作品について、どんな道具や技法を使ってるかなど、
生徒さんらしき方にずっと説明してまわられてたんです☆
私の作品についても説明をされてたので、
ずっとそばで聞いてたところ、全部当たっててビックリしました笑
とてもお詳しくて、私もレクチャーを受けたかったくらい^^;

作品についての励ましの言葉、本当に嬉しいです♪
有難うございます^^
もっと自分の個性を出していくことが目標です^^v

82歳の方は、本当にお若かったんですょ@@
やっぱ、手を動かしてるのもいいんでしょうかね・・・
芸術の世界って、いいですよね^^<年齢が関係ない
生きてる限り、挑戦ですね!

(√*'v`♡♥)⌒。アリガトントン+♬゛

ブログ拝見しました。初出品で最優秀賞はすごいね。僕は13回から出品しています。4年目にして準大賞が取れました。黒のボールペン1本で描いているので、時間が掛かり、大きな作品は描けません。日美展は4号からOKなので出品する事にしました。今回は10号でしたが、これ以上大きな作品は描けません。来年も10号を出品する予定です。

筒井清彦様☆

筒井清彦様☆

コメント有難うございます!
当ブログに訪問して頂いて、嬉しいです^^
祝賀会で、前の方で審査員の方とやり取りをされてましたよね、確か・・・
私は緊張しちゃって、何か上手く話せずだったので
すごいな~と思いながらお話を聞かせて頂いてました^^;
筒井様のボールペン画、凄かったですね!
ボールペンであそこまで細密に描かれるのは、相当に根気がいる作業だと思います@@
展示会場でも、筒井様のお作品に見入っている方が多かったです!

4年目といえども、準大賞をおとりになられたのは凄いことだと思います><
上位の賞をとるのは本当に難しいな、と今になって思ったりしますーー;
私が賞を頂けたのは、まさにビギナーズラックというもので、
初心者だから、何も考えていなかった・・・というのが功を奏したのかもしれません^^;

また来年も10号で出品されるのですね^^
筒井様のお作品、楽しみにしてます!
私も頑張らなければ~^^;

ヾ(*´∪`*)oc<【。゚・+:.・ァリガトゥゴザィマシタ・.:+・゚。】ヽ(*´∪`*)ノ"

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eki12.blog.fc2.com/tb.php/75-a138f156

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

AUTHOR

慧喜

Author:慧喜
広島県出身 関東住みです。
アートに関すること
アーティスティックな世界に触れて
自分が感じたことを
アップしていきます。
些細な足跡ですが
関わった全ての皆さんの
お役にたてますように 
(*≧∀≦*)

【PCでの閲覧を激しく推奨します】

ランキングに参加中です☆


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
どちらかをポチって頂けると、嬉しいです!┏(<:)

COUNT

TRANSLATION

CATEGORYS

TRACKBACKS

画家 榎俊幸さんのHPサイト

画家 安冨 洋貴さんのブログ

Pencil artist Ayumiさんのブログ

LINK


一年以上、アクセスを頂いてない場合は、外させていただくこともあります。ご了承下さい。

MAIL

SEARCH FORM

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 慧喜~Trip of the art All Rights Reserved.