慧喜~Trip of the art

一点豪華主義展

1月のことになるんですけど、
西荻窪のガレリア青猫さんにお邪魔しました
(毎回、記事が遅くなってしまってごめんなさい汗)
開催されていたのは、「一点豪華主義」展
本元であったGallery FACE TO FACE(吉祥寺)さんから、
ガレリア青猫さんに、ギャラリー業務の拠点を移されてからの
第一回目となる企画展なのだそう。
外国人作家を含む、新人さんからベテランさんまで
72名のノンジャンル作品を集結させた豪華な新春展です
20160122ガレリア青猫

ギャラリー内に入ると、小作品が壁一面に  目線をずらすと立体作品もたくさん
一点豪華主義 ギャラリー内1一点豪華主義 ギャラリー内2

以前からガレリア青猫さんにちょこちょこお邪魔して、
色々な作家さんの個展を拝見し、オーナーさんの了承を得て、
ブログの記事にさせて頂いてました
その時お会いした作家さんたちの作品が、
今回も展示されてたので、前記事と併せてご紹介・・・
まず、江藤玲奈さんの作品 → → → → → →
シャインマスカットから、良いとこ育ちの才色兼備で、
ちょっとプライドの高いお嬢様をイメージして
描かれたのだそう。タイトルが面白いですよね

↓ ↓ ↓下画像3点の作品は、
左がRafael Rodriguez(ラファエル・ロドリゲス)さん。
真ん中が、松岡学(がく)さん。
右が、北嶋勇佑さん。
江藤玲奈 光ってて普通
江藤玲奈さん≪光ってて普通≫
(江藤玲奈さんの前記事はコチラ

Rafael Rodriguez  Smoker
Rafael Rodriguezさん≪Smoker≫
(Rafael Rodriguezさんの前記事はコチラ
松岡学 くりかえす跡
松岡学さん≪くりかえす跡≫
(松岡学さんの前記事はコチラ
北嶋勇佑 OKOTA
北嶋勇佑さん≪OKOTA≫
(北嶋勇佑さんの前記事はコチラ

Pablo Iglesias  Indicio-o-Sintesis
Pablo Iglesias≪Indicio/o/Sintesis≫
そして外国人作家さんの作品
Pablo Iglesias
(パブロ・イグレシアス)さんは、
上のRafael Rodriguez
(ラファエル・ロドリゲス)さんの友達です。

作品は、古い洋書を切り取ったものを
使ってるのだそうで、
紙が焼付いて変色していました。
でも、それがまたいい感じ・・・
ペンによるドローイングも細密で、
まるで歴史を刻んだ人体図録のよう。

Pablo Iglesias  Indicio-o-Sintesis2
Natali Sarkisyan  Dreams are lost even poets dont know what to say
Natali Sarkisyan≪Dreams are lost even poets dont know what to say≫

Ausma Smite  Untitled
Ausma Smite ≪Untitled≫
Julie van der Vaart  Untitled
Julie van der Vaart ≪Untitled≫

そして、私自身がほんとに個人的になんですけど、いいな~と思ったお作品をアップ・・・
画像右の長野順子さんの作品には、セミの抜け殻がコラージュされてます
舘寿弥 相
舘寿弥さん≪相≫
林千絵 青空
林千絵さん≪青空≫
長野順子 心の記憶
長野順子さん≪心の記憶≫

極楽堂 覚醒あ・うん
極楽堂さん≪覚醒あ・うん≫
志村観行 縁起図 異国時計
志村観行さん≪縁起図 異国時計≫

そして!目にチラチラ入り気になってたのですが、ヤマダ・マサミさんの「縄文の方へ」という作品  キャプションには、
「仕事も減ってお金もなく、世話する猫が増えて、そして地震やテロが怖くて、神様へ助けてもらいたいと言う
個人・原始信仰のようなニュアンスで八咫の鏡(やたのかがみ)と刻の荒神を作りました。」とありました。

鏡にシカッとすがり付いているソフビの荒神様がなんとも可愛らしい・・・ (自由に取り外せるとのこと)
このヤマダ・マサミさんという方、私は知らなかったのですが、特撮や怪獣ものの世界では神様みたいな存在の方らしいです
(そんなヤマダ・マサミさんの超コアなサイトを見つけたので、ご興味のある方はコチラ

ヤマダ・マサミ 縄文の方へ
ヤマダ・マサミさん≪縄文の方へ≫
ヤマダ・マサミ 縄文の方へ2

そして最後になりますが・・・とても目立っていたのが、山谷梨沙さんの「Kan-ichi」という作品
トイレットペーパーにも驚くけど、そこにビッシリ描きこまれた線も凄い・・・
オーナーの山本氏のお話では、彼女はこれまで絵の勉強などをしてきた訳ではなく、普通に一般職に就いている方なのだそう。
が、日常生活で溜め込まれていくモヤモヤや憂鬱を抱える中、何かをしたい表現したいという思いに突き動かされ、
線を描き始めたのだとか
この「Kan-ichi」というタイトルは、彼女の亡くなったお祖父ちゃんの名前だということで、
亡くなった時の悲しさを線で連ねていった作品ということです
山本氏の解釈をお借りすると・・・線が一本でずっとつながっており、お祖父ちゃんの人生が線で表わされているかのよう。
ゆるやかな軌道を描いていると思いきや、時には大きくはみ出しそうになったり、まさに山あり谷ありと・・・
終盤に向かっている線がまっすぐになっているのも興味深いし、ペーパーを最後まで使い切ってないのも何やら深いような

山谷梨沙 Kan-ichi1
山谷梨沙さん≪Kan-ichi≫
山谷梨沙 Kan-ichi2
山谷梨沙 Kan-ichi3

このトイレットペーパー作品、ぱっと見では、
奇をてらったパフォーマンスのように見えるかもしれません。
が、山谷さんにとって、まず表現したいことがあり、
それに見合う形がたまたまトイレットペーパーだった・・・
ということ。決して奇をてらったわけではなく、
彼女は描きたいものを無心に描いていったのだと思うのです。
それは、アートの最も純粋な本質を表しているかのよう
作品ファイルもきちんと綺麗に作られてて、
このあたりも見習わなければ・・・と思いました→ → →
山谷梨沙 作品ファイル

この日は、遅くまでお邪魔させて頂いて、お客様が途切れない中、オーナーの山本氏にお話をたくさん聞かせて頂きました。
お忙しい中、ほんとに有難うございました~~

 ← ← ← ポチって頂ければ、励みになります  宜しくお願い致します


web拍手 by FC2

コメント

慧喜さん、こんばんは^^

72名の作家さんたちが集まると、ほんと、いろんな作品が集まってきますね!

どれもこれもが個性が際立っているように感じます♪

山谷さんの作品で
『線が一本でずっとつながっており、お祖父ちゃんの人生が線で表わされているかのよう』と書かれていますが、私もそう思います。

一日一日が線で繋がり、それが何年も続き、山となり谷となるような大きなうねりのようになる。

線だけで表現できるって凄いことだなぁと思います^^♪

真知子さん

コメント有難うございます!

<どれもこれもが個性が際立っている
<ですよね!
ほんとにたくさん展示されてて豪華な感じでしたよ^^
今の自分自身にとっても、来年の展示に向けて、
たくさんの小作品を見ることはとても勉強になるのです^^;

<お祖父ちゃんの人生が線で表わされているかのよう
<そうそう!
山本氏の解釈では・・・ということで説明して頂いたんだけど、
私も同じように思いました。タイトルがタイトルだし!
真知子さんもそう思われたということは、
誰が見ても、同じことを感じるということでしょうね^^v
インパクトがありながら普遍性を持った作品だと思いました。

<線だけで表現できるって凄いこと
<ですよね!
それに、全く違う業界にいる人が、何かを表現したくて
パッと飛び込んでみるという・・・それほど自分を押し出した何かが
あったのかもしれないのだけど、その行動力も素晴らしいと思います!
多くの人は、自分も含め、なかなかそれができないんですよねーー;

\(=^O^=)/'`*:;。・★ワーイ!!アリガトーー!!☆・:.;*

慧喜さん、こんにちは。
ご無沙汰しております。

こんな季節に新年のご挨拶なんて恥ずかしいですが、今年もお願い致します。

「一点豪華主義」展
個性的な作品が所狭しと並んでいるようで、飽きずに見ていたいですね。ノンジャンルだそうですが、絵以外にも展示されているので、展示する方のセンスも問われそうですね。

Easy Music Reviewsさん

コメント有難うございます!

お久しぶりです!

<こんな季節に新年のご挨拶なんて恥ずかしいですが
<全く気になさらないでくださいな^^v
ご訪問頂いて、ほんとに有難うございます♪
私も、今、コンスタントな訪問返しが難しい状態で、
皆さんのブログになかなかお邪魔できないでいますーー;
思い出されたときに、ゆる~りご訪問頂ければ嬉しいです^^
こちらこそ今年もよろしくお願いします^^v

<「一点豪華主義」展
<聞くところによると、
毎年、年初めにこういう展示をされる画廊が多いみたいです@@
何かパァ~ッと豪勢な感じがしますよね^^;

<展示する方のセンスも問われそう
<絵以外にも展示
<そうですね^^;展示するのも大変そう^^;
<絵を鑑賞するのも楽しみなんだけど、
立体作品も、私は結構好きなので楽しみながら観ちゃいますね^^
特に、丁寧にしっかりと作りこまれてる感じの作品とか好きです~♪

★-(ゝ∀・` Thank You!´ゝ∀・)-☆

こんばんは(^^)

これ1作家1点ずつ展示されてるんですね。
面白そうですね~。
私も長野順子さんの立体コラージュ、好きです。
舘寿弥さんの作品は間近でじ~っと見てみたいですね。
極楽堂さんの猫ちゃんも面白い!

色んな作品を見ることで、自分の感性に何が刺さってくるか、
改めて再認識することができますね。

文伽さん

コメント有難うございます!

<1作家1点ずつ
<そうですね^^
これだけの色々な作家さんの作品を
見られることってなかなかないかも^^v

<長野順子さんの立体コラージュ
<うんうん♪
近くで見て、とても丁寧に手をかけて作られてるな~と思いました。
セミの抜け殻をくっつけた作品って初めて見たかも^^
≪心の記憶≫というタイトルもいいですね♪

<色んな作品を見ることで、自分の感性に何が刺さってくるか
<そうですね!ほんとにそう・・・
心は、鏡には映すことができず、
絵を見て、自分の心を映し出すというか。
自分でも意識してなかった自分を見出せるのでしょうね^^v

:.゚٩(⑅๑>◡<๑)۶:.。+゚アリガト!オチカレ!۶:.。+゚

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eki12.blog.fc2.com/tb.php/98-f9d793de

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

AUTHOR

慧喜

Author:慧喜
広島県出身 関東住みです。
アートに関すること
アーティスティックな世界に触れて
自分が感じたことを
アップしていきます。
些細な足跡ですが
関わった全ての皆さんの
お役にたてますように 
(*≧∀≦*)

【PCでの閲覧を激しく推奨します】

ランキングに参加中です☆


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
どちらかをポチって頂けると、嬉しいです!┏(<:)

COUNT

TRANSLATION

CATEGORYS

TRACKBACKS

画家 榎俊幸さんのHPサイト

画家 安冨 洋貴さんのブログ

Pencil artist Ayumiさんのブログ

LINK


一年以上、アクセスを頂いてない場合は、外させていただくこともあります。ご了承下さい。

MAIL

SEARCH FORM

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 慧喜~Trip of the art All Rights Reserved.